菊地成孔 『PERFECT HUMAN』はPSYとBIG BANGのミックス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 729

菊地成孔さんがTBSラジオ『粋な夜電波』の中でオリエンタルラジオの『PERFECT HUMAN』がPSY『江南スタイル』とBIG BANG『FANTASTIC BABY』のミックスであることについて話していました。


(菊地成孔)あれ、知ってますか? オリエンタルラジオがやっている『PERFECT HUMAN』。

(韓東賢)知ってます、知ってます。

(菊地成孔)あれ、「オッパー カンナムスタイル♪」と……(笑)。

PSY『江南スタイル』



(韓東賢)そう。ここでその話をどうしていいのかわからないんですけど。

(菊地成孔)いや、どんどんしていいんですよ。

(韓東賢)私、菊地さんに聞いてみたかったのは、このタイムラグは何なのだ?っていう……あれ、世界中で流行っていたのに、なぜ日本でこのタイムラグであれが出てきたのかっていう。

(菊地成孔)あれは、ちなみにフックが『江南スタイル』で。「I AM PERFECT HUMAN」のところが「オッパー カンナムスタイル」で、ビートはBIG BANGのいちばん売れた曲ですよ。に、近いという。

(韓東賢)はいはいはい。『FANTASTIC BABY』。

(菊地成孔)『FANTASTIC BABY』。

BIG BANG『FANTASTIC BABY』



(韓東賢)ですよね。

(菊地成孔)だから、マッシュアップですよね。言ってみれば(笑)。BIG BANGとPSYのマッシュアップって相当すげえと思う(笑)。

(ヴィヴィアン)YGマッシュアップ(笑)。

(韓東賢)いや、だから直後は逆にバレバレだからできないってことなんですかね?っていうか、流行りとしては遅いじゃないですか。なんて言うのかな、そのタイムラグがすごく気になっていて。

(菊地成孔)いや、エレクトロでやると、もう別に何でも。元ネタとか何とか言うのは野暮ったいっていうか。もう全部EDMまで含めて一緒だから。ただ、あれは私の直感ですけどね。おそらくね、いっぱいいろんなエレクトロを聞いていて。で、特にジャンルレスにいろいろ聞いて。もちろん『江南スタイル』も聞いて。『江南スタイル』にも元ネタあるだろうし。ザザザザザッと聞いていて、特に『江南スタイル』と『FANTASTIC BABY』のつもりはなくて、「なんかこういうの、あったよな」っていうのを作ったらこうなっちゃったっていうがね、起こりやすいジャンルですよね。

(ヴィヴィアン)うんうんうん。

(韓東賢)なんか、でもそれが受け入れられるっていうか、それが出てきている感じが、たとえばEXILEの三代目(J Soul Brothers)とかの最近の曲ってすごいそういう感じの曲じゃないですか。

(菊地成孔)あれは、計画的なものでしょうね。プランニングして。

(韓東賢)だから、時期としてやっぱりああいう音がいま、そのタイムラグはあったのかな?っていう気がしているんですが。

(菊地成孔)ああー。タイムラグっていうのは、あえて時間をおいたっていう? いや、あれもね、あの曲1曲に関してもマニアがいるぐらい。元々、爆笑問題がやっている『検索ちゃん ネタ祭り』っていうのが年に1回やっていて。あれね、だんだんグローイングアップしてあの形になったんですよ。

(韓東賢)うん。

(菊地成孔)途中はEXILEだった時もあるのね。あの曲。ほいで、お互いにボーカルで歌うパートがある時間があったりして。で、だんだん削ぎ取られて、発売したのがあの形に落ち着いたんですよね。だから、なんとなくシンプライズしていったらああなっちゃってったっていう感じだと思うんですよ。



(韓東賢)うんうん。

(菊地成孔)だから全然「韓流が……」って思ってないんじゃないかな?って思うんだけど。私が知る限り……っつったって、全然SNSをやらない人間だから知る限りもへったくれもないんですけど。友達しかいないんですけど(笑)。

(韓東賢)(笑)

(菊地成孔)指摘している人、いないですね。あれがダブル韓流だってことを。

(韓東賢)うん。

(菊地成孔)もしダブル韓流だってことになったら、いまネットなんかこんな世の中なんだから、叩かれる可能性だってゼロじゃないですよね。

(韓東賢)でもね、韓流のファンは歓迎してますよ。

(菊地成孔)まあ、そりゃそうですよね。韓流側はね。あれは歓迎するでしょうね。まあね、あのあっちゃんっていう方。あの人、面白いんだけど。ベッキーさんがいま叩かれていて。で、不倫に関しては別に謝らなくてもいい。不倫は一般的にあることだから、関係者に謝ればいいけど。ただ、「善人だ」っていう好感度を商品にCMにいっぱい出てお金をいっぱいもらって。それで(商品を)買った人がいるんだから、その件に対して、善人じゃなくて悪人だと。その悪人である根拠は、LINEにひどいことを書いたからだって。だから「LINEにああいう悪態・ダーティーワーズが使えるっていうことに関して、申し訳ありませんでしたって消費者に謝るべきだ」っていうのと、「不倫に関して別に公共的に謝らなくていいんじゃないか?」っていう正反対のケースがベッキーさんの中には同居しちゃっているの。

(韓東賢)うん。

(菊地成孔)テレビでそのことを発言すると、かならず紛糾するんですけど。で、あっちゃん。あの人、正確にはなんていうんだっけ?

(ヴィヴィアン)中田さん?

(菊地成孔)中田さんだ。中田さんが、「少なくとも好感度っていうことでお金を儲けた部分は謝罪すべきだ」っていうのと、「不倫っていったって個人的なことなんだから、公共に謝罪するべきじゃないし、なんでも『謝れ! 謝れ!』っていうことは良くない」って言ったりして、ぶつかり合うんだけど。まあ、その前に『PERFECT HUMAN』っていうのが『江南スタイル』と『FANTASTIC BABY』の抱き合わせだっていうことに関して謝らなくてもいいから、まず公言しろ!って思いながらテレビを見ているんですけど(笑)。

(韓・ヴィヴィアン)(笑)

(菊地成孔)「あっちゃん! それは言っておいた方がいいよ」っていう感じはありますけどね。喜ぶ人と喜ばない人といるんでしょうけど。

(韓東賢)吉本の人は割と韓流、好きですからね。イベントとかもやっていたし。

(菊地成孔)やってたやってた。うん。っていうか、いまや昔みたいになってますけど。昔にしちゃいけませんけど、2011年なんて、すごかったですよね。吉本と言わず、なんかお笑いの人でセンスのいい先鋭的な人は韓流のショーケースの最前列にいます、とかっていう動きがありますよね。

(韓東賢)『KARA好き芸人』とか(アメトーク!)でやってましたしね。

(菊地成孔)やってた。ただまあ、日本ではK-POPはさっき言ったように世代交代という感じで。

(韓・ヴィヴィアン)ですね。

(中略)

(菊地成孔)まあ、今日言い残すことがあるとすれば、ベッキーが……(笑)。

(韓・ヴィヴィアン)(笑)

(韓東賢)そこに戻りますか?(笑)。

(菊地成孔)あのね、ベッキーがね、不倫はたしかにもちろんね……不倫と売買春っていうのはまあ、人類学的に言えばですけどね。社会的には許されないことですよ、もちろん。

(韓東賢)いや、そうでもないですよ。

(菊地成孔)いやいやいや(笑)。社会的には許されないですよ。だけどまあ、人類学的にはないと崩壊してしまうようなシステムの中で、まあ不倫したら関係者に謝ればいいとか。あるいは逆にさっき言ったイメージが商品になるっていう問題までしか行かないんだけど。ベッキーの話は。ただね、やっぱりフロイト的に言うと、あんだけ完璧に何でもできる。そして何をやっても褒められ、スタイルもいい、顔もいいって言われたベッキーが唯一失敗したことが、音楽なんですよ。

(韓・ヴィヴィアン)ああー。

(菊地成孔)あの人は、音楽でだけ挫折を味わっている人なの。それと、パブリックイメージがいい子だっていうことがものすごい独走しているってことが結びついて、まあゲスが極まっているけど乙女なんだって言っている現代のロッカーにどうしても移入してしまうっていうところは……そこのところは見てあげようよってこと。その線で言っているコメンテーターが1人もいないので。とりあえず一言、言っておこうかなって。

(韓東賢)一言。やっと。いまごろベッキーの話だけど(笑)。この機に言っておこうと。

(菊地成孔)このタイミングで言うしかないっていうね。それも、なにもかも『PERFECT HUMAN』が『江南スタイル』だっていう現実からしか引き出せない(笑)。そしてあっちゃんがベッキーの問題についてテレビで一生懸命しゃべっているというこのタイミングでしか言えないということで、とんでもない副産物としてですけどね。

(韓・ヴィヴィアン)(笑)

(菊地成孔)まあ、その気持ちはちょっと……恋愛はまあ、陽性転移ですから。転移なのでね。ミュージシャン、あとちょっと悪い感じに行っちゃったっていうのはね。だから、LINEでの言葉がダーティーワーズになっちゃったのも、合わせてなっちゃったのかもしれないですね。

(ヴィヴィアン)ああー。

(菊地成孔)まあ、ベッキーを擁護するつもりも批難するつもりもないですけど。まあ、そんなようなことで。

(韓東賢)LINEぐらい、あんなもんなんじゃねえの?っていう気がしますけどね。

(菊地成孔)まあ、そうですけどね。いや、危険極まりないですよね。本当に。何でも流せちゃう。

(韓東賢)まあ、流されちゃうことが前提な社会が恐ろしいっていうことですけどね。

(菊地成孔)だから、「一般報道」っていう語義矛盾みたいなことが、いまはもう逆に普通のことじゃないですか。マスメディアが一般人のとったニュースソースを普通に流したりする時代ですからね。

(韓・ヴィヴィアン)うんうん。

<書き起こしおわり>