サイプレス上野 日本語ラップ解説 LAMP EYE『証言』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 737

サイプレス上野さんがTBSラジオ『ザ・トップ5』の中で、日本語ラップ初心者の熊崎風斗さんに推薦曲を紹介。LAMP EYEの『証言』について解説していました。



(サイプレス上野)さて、このランキングの締めくくり。恒例のコーナーがありまして。風斗は初めてかもしれませんけども。『日本語ラップKILLA☆2015 とはいえまだ(仮)』!

(熊崎風斗)(笑)

(サイプレス上野)このコーナーは毎週、私サイプレス上野が外山惠理さんに無理やり日本語ラップを聞かせ、日本語ラップをちょっとでも好きになってもらおうというチャレンジ企画です。あくまで。

(熊崎風斗)チャレンジ企画ですね。

(サイプレス上野)あくまでチャレンジ企画です。今週は外山の姉貴にかわり、助っ人の風斗に日本語ラップをおすすめしたいと思います。今夜ね、風斗に紹介する日本語ラップは、LAMP EYE feat.雷で、『証言』という曲です。

(熊崎風斗)はい。

(サイプレス上野)これ、アナログレコードが1995年に出まして。その後、1996年にCD化されました。そういうね、曲がありまして。これは本当にLAMP EYEというグループが日本のヒップホップでも新星にように登場して一気にかっさらっていったんだけど。そこにこの、雷っていうクルーがありまして。そこのメンバー、本当にこの当時っていうかいまもすごいみんな活躍されている方たちで。オールスターが全員揃ったっていう曲があって。

(熊崎風斗)へー。はい。

アナログレコードが即完売

(サイプレス上野)で、そん時にアナログレコードが出た時とか、瞬間でもうレコード屋から消えて。その情報もあんまりない時代だから、いつ出るか?っていうのをみんなで探り合っていて。『入ったらしいぞ!』っつったら、『もう売り切れた!』みたいな。で、速攻1万円以上の値がついたりして。

(熊崎風斗)へー。

(サイプレス上野)で、この雷がレコードを、ストックがあったのを放出します!っていう。CISCOっていうレコード屋、もうなくなっちゃったんだけど、昔、あって。そこで放出します!って言った時に、300人ぐらいが列になっていて。買うために。で、そん時、若き上野少年は、そのセールの前日に、もう夜中にレコード屋の前に行って。

(熊崎風斗)上ちょも行ったんだねー。

(サイプレス上野)上ちょ、行ったんだよー。四番目ぐらいで。ずっと、真冬で。

(熊崎風斗)四番目ですか!結構早めに。

(サイプレス上野)四番目ぐらいに並んでいて。『うわっ、すげー寒いな!』っつって。仲間とかとラップしたりとかして。あと、知らないラッパーのやつとかと暖をとって。ラップで(笑)。

(熊崎風斗)(笑)

(サイプレス上野)マッチ売りの少女みたいな感じで。

(熊崎風斗)すごい(笑)。

(サイプレス上野)暖をとりながらやっていたら、店員さんが来て。『あれっ?みんな整理券、持ってんの?』って言われて。『整理券っすか?何の話ですか?』っつったら、『いや、昨日配ったんだよね』って。なんと、全く意味が無いっていう(笑)。

(熊崎風斗)(笑)

(サイプレス上野)ただラップをしに行っただけっていうね。

(熊崎風斗)並んだはいいが(笑)。

(サイプレス上野)並んで、その後マックかなんかに入って。もう仮眠をとり。申し訳ない話ですけどね。まあ、若かったんで許してもらいたいですけども。行って、ちょっと起きて、入ってみたらもう渋谷の町に300人ぐらいBボーイが並んでいて。『はい、最後尾です』って言われて。中に入った時には何もなかった。

DJ YANATAKE CISCO渋谷店『証言』アナログ放出セールを語る
DJ YANATAKEさんがニコニコ生放送『俺たちの一番長い日 タマフル24時間ラジオ』の中で、渋谷のレコード店 CISCOで1997年に開催された『証言』など日本語ラップのアナロ...

(熊崎風斗)(笑)

(サイプレス上野)で、このね、ビデオも本当にすごいストリート感あふれるビデオで。そこに敵対してるんじゃないか?って思われるクルーの人たちとかもカメオとして映ったりとかしてて。それを見て、ドキドキワクワクした記憶があるんでね。ぜひ、これが本当、日本語ラップの時代を作った1曲なんで。いまだにかかります。クラブで。

(熊崎風斗)あ、そうなんですね。

(サイプレス上野)いまだにかかるし、いまだにこれでフリースタイルとかやったりするんでね。ぜひ聞いてもらいたいと思います。それでは、聞いてください。LAMP EYE feat.雷で『証言』。

LAMP EYE『証言』



(サイプレス上野)さあ、お送りしている曲はLAMP EYEで『証言』っすね。どうでした?風斗。

(熊崎風斗)ドリームチームということでね。

(サイプレス上野)ドリームチームなんですよ。もう一番手から言っていきますと、RINO、YOU THE ROCK★、G.K.MARYAN。そしていま聞いてもらったZEEBRA、TWIGY、GAMA、そしてDEV LARGEというね、雷だけじゃなくて、派閥を越えてドリームチームによるこの曲。9分くらいあるんで、ちょっと全部かけられないんですけども。ぜひ今度、聞かせたいんで。持ってくるんで。俺。

(熊崎風斗)これ、フルで聞いたら9分くらいになるんですね。

(サイプレス上野)9分聞き終わった後の感動ったらない。

(熊崎風斗)なるほど。これが感動できるようになりたい風斗がいる。

(サイプレス上野)風斗がいる。まだ間に合う。大丈夫。大丈夫。

(熊崎風斗)間に合いますかね?

(サイプレス上野)ぜんぜん間に合う。

(熊崎風斗)いやー、感動できるようになりたい。

(サイプレス上野)ぜひ。教え込むんでね。

(熊崎風斗)お願いします!

(サイプレス上野)ウイッス!さあ、そんな感じで以上、『サイプレス上野の日本語ラップKILLA☆2015 とはいえまだ(仮)』でした。

<書き起こしおわり>
サイプレス上野『ザ・トップ5』日本語ラップ解説まとめ
サイプレス上野さんがTBSラジオ『ザ・トップ5』の中で、日本語ラップ初心者の外山惠理さんにおすすめ曲を紹介する『日本語ラップKILLA☆2015(仮)』コーナーのまとめです。 ...
YOU THE ROCK★が語る Dev Large『証言』急遽参加の経緯
YOU THE ROCK★さんがDOMMUNE『病める無限のD.Lの世界』に出演。LAMP EYEの名曲『証言』のレコーディングに当初予定のなかったDev Largeさんが急遽参加...