高橋芳朗 R師匠『Black Panties』の海外メディアの扱い方を語る

シェアする

TBSラジオ『タマフル』でR師匠ことR.KELLYの最新アルバム大特集!音楽ライターの高橋芳朗さんが最近の欧米メディアがR師匠をどのように扱っているのか?を話していました。

(宇多丸)さあ、じゃあ行ってみましょうか。今夜紹介するのは今週水曜、日本盤が発売されたばかりのR師匠・R.KELLY最新アルバム、その名もブラックパンティーズということなんですが。なんかこのアルバムが発売される前後でですね、我々R師匠!R師匠!なんて言ってますけど、アメリカでもR.KELLYさんを取り巻く状況、ここに来て変化が訪れている。25年間ね、トップを走っているR.KELLYさん。

(高橋芳朗)番組で名づけたR師匠という呼び方がですね、名づけの発端となった我々のR.KELLY観がですね、世界的に共有されつつある。

(宇多丸)R.KELLY観(笑)。

(高橋芳朗)なんて言うんですかね?世界がタマフルに追いついた。まあ、我々はR師匠評論の最先端を行っていたと言ってもいいんじゃないかと。

(古川耕)どういうことなんですか?

(高橋芳朗)順を追って説明しますと、前回。2011年2月5日の馬鹿リリック特集では、R師匠の全キャリアを総括したんですね。その時、まさかの事態が起こりました。みなさん、覚えてらっしゃいますでしょうか?あの、R師匠サイドにですね、馬鹿リリック特集をやることがバレたんです。

(一同)(爆笑)

(高橋芳朗)R師匠がtwitterで橋本名誉Pをフォローして。

(宇多丸)フォローしたんですよね!

R Kelly(R師匠)が橋本吉史タマフル名誉Pとtwitterで交流w[ついにバレた!]
よっ、シモネタ!R師匠! ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフルで、KING OF R&B、R KELLYの楽曲を特集する2月5日に事件はおきました。 札幌出張中(KO...

(高橋芳朗)で、直接、『今夜、俺の特集やるんだろ?楽しみにしてるぜ!』とツイートする異常事態が発生しました。

(宇多丸)ヤバいぜ!これは起こりましたね。たしかに。

(高橋芳朗)その後、twitterのフォローはすぐに外された模様なんですけど(笑)。

(一同)(爆笑)

(高橋芳朗)でね、これはマズい!ということで、急遽馬鹿リリック特集からですね、馬鹿に良いリリック特集という体に変更して放送した、非常にスリリングな。

(宇多丸)そん時はそうだった!

(高橋芳朗)『英語でツイートするな!』とか、『ニコ動に上げるな!』とか。

(宇多丸)さっきのR師匠のね、俺たちのさ、『プッシーぐらいわかるよ、バカヤロウ!』じゃないけど。『馬鹿ぐらいわかるよ、バカヤロウ!』ってことになりかねない。

(古川耕)ゲラゲラ笑ってるからね。

(高橋芳朗)スリリングな放送だったんですけど。ところがですね、あれから約3年経過した現在、欧米メディアの今回のブラックパンティーズの扱い方。完全に、我々がやってきたのをなぞった感じになっているんです。ちょっと順を追って説明しましょう。たとえばRolling Stone誌。天下のRolling Stone誌ですよ。Rolling Stone誌のWEBサイトがですね、11月19日にアップしたR師匠のインタビュー動画。これ、見出しがですね、いいですか?『R. Kelly Sing Ridiculous Sex Songs』。これ、直訳すると『R師匠、バカげたセックスソングを歌う』。

[リンク]R. Kelly Sing Ridiculous Sex Songs

(一同)(爆笑)

(宇多丸)Ridiculousですからね。

(高橋芳朗)で、その動画を見てみると、完全にインタビュアーの方がですね、R師匠を面白がっていて。師匠にですね、ドルフィンとかですね、イルカですね。あと、イタリアンサンドイッチとか。アイスホッケーとかお題を与えて、即興でセックスソングを作らせてるんです。

(宇多丸)おおーっ!!あのR師匠、たとえでね。なんか『ドルフィンたとえで行けますか?』みたいな。

(高橋芳朗)で、イルカの鳴き声とかを交えながら、R師匠即興で歌ってるんです。まあ、『らくごのご』みたいなことをやらせてるんです。まあ、『セックスのス』ですかね。らくごのごになぞらえるとしたら。で、R師匠もまんざらでもないというかですね、動画見ていただければわかると思いますけど。

(宇多丸)キャッキャキャッキャやってんだ。

(高橋芳朗)明らかに楽しんでるんです。あとですね、COMPLEX.comという人気カルチャーサイトがあるんですけど、こちらでもですね、Black Pantiesのリリースに合わせて、こんな記事を上げてます。『The Most Ridiculous Sex Lyrics From R. Kelly’s “Black Panties”』という記事をアップしてる。

[リンク]The Most Ridiculous Sex Lyrics From R. Kelly’s “Black Panties”

(宇多丸)もう、Ridiculousと言われちゃっている。これ、訳せば・・・

(高橋芳朗)いま、言いますよ。これ、訳したらこんな感じですよ。『馬鹿リリック大行進 Black Panties大特集』ですよ。

(一同)(爆笑+拍手)

(古川耕)なんの拍手だ、これ(笑)。

(宇多丸)いやいや、我が意を得たりの拍手ですよ。

(高橋芳朗)パクリですよ、これ!あとね、我々馬鹿リリック特集を通じて、ずっとR師匠、比喩・メタファーの切れ味が最高という評価をしてましたよね?訴え続けてきましたけど。Slate magazineというサイトでですね、R師匠のセクシャルメタファーカタログ。

[リンク]A Comprehensive Catalog of R. Kelly’s Sexual Metaphors

(宇多丸・古川)おー!

(高橋芳朗)まあ、R師匠のエロ比喩辞典(笑)。なる記事を掲載しております。これですね。

(宇多丸)へー!でも、セクシャルメタファー、性的なたとえみたいなところが注目されている。

(高橋芳朗)で、Aの項目に『アナコンダ』とかですね・・・

(宇多丸・古川)(笑)

(高橋芳朗)Bには『ブラックホール』。Gには『ゴリラ』などですね、我々が指摘したところを全部フォローしてるんですよ!

(宇多丸)じゃあ、Uには『ユラーヌス(Uranus)』。

(高橋芳朗)そうですね。そのへんもあります。これね、仕事早くて。ドルフィンとかも入ってます(笑)。

(宇多丸)もう!新作としてカウントされてる!

(古川耕)あ、ウラーヌス、ありますね。

(宇多丸)ウラーヌス!アーヌス!(歌う)

(高橋芳朗)忘れたくても忘れられない。ウラーヌス(笑)。でですね、R師匠もこの状況をやっぱり楽しんでるんですよ。今回もね、本当水を得た魚のようにイキイキしてます。『SEXを得たR』になってます(笑)。

(古川耕)(笑)。なんだそれ。

(宇多丸)まあ、最近セックス足りなかったからね!

(高橋芳朗)この男、ノリノリである!みたいになってるんですけど。

(一同)(爆笑)

(高橋芳朗)あの、11月16日、国民的コメディー番組『Saturday Night Live』にですね、レディー・ガガと出演してます。ガガ様の新作に収録のR.KELLYが参加している『Do What U Want』というのをパフォーマンスしました。これ、動画があるんですけど。ちょっと見てもらえますか?



(宇多丸)まあ、ガガが踊ってますよ。白い服着て。で、後ろから・・・

(高橋芳朗)師匠が。

(宇多丸)後ろから遠巻きに見て、モゾモゾしてますね。と、思ったら!持ち上げて、ガガのケツのところを持ち上げて、持ち上げたまま歌う!

(古川耕)持ち上げて、担いでいる。

(宇多丸)人をさらう時の格好っていうかね。で、ガガが・・・またケツ向けたり、いろいろ・・・

(高橋芳朗)いわゆる、スパンクですね。ケツを叩いたりして。

(古川耕)師匠、歌ってますねー。

(宇多丸)大真面目にやるなー。こいつらも。後ろでガガが腰を抱いて・・・

(高橋芳朗)この後ですかね?

(宇多丸)ん?で、ガガの後ろに回って、腕を回し・・・

(古川耕)ちょっと離れて・・・

(宇多丸)歌ってますよ。ここまではとは言えね・・・まだ常識の範囲。えっ、あっ!?

(高橋芳朗)来てますね。

(宇多丸)ガガが下に這いつくばり・・・

(高橋芳朗)ガガ様、寝そべるんですね。この後。

(宇多丸)うん。っていうかこいつら、音なしだとかっこいいの?っていう状態にすでになってきてますけど。

(古川耕)アメリカのショービズって・・・っていう気がしますけどね。

(宇多丸)あっ!あっ!あっ!ガガが、寝っ転がって・・・R.KELLYが上に乗っかって、要は普通に・・・

(高橋芳朗)あの、セックスです。

(一同)(笑)

(高橋芳朗)サタデー・ナイト・ライブ上でですね、セックスを。

(古川耕)ああー、これは・・・

(高橋芳朗)で、最終的にこれです。

(宇多丸)いわゆる、駅弁。

(古川耕)なにやってんの!?(笑)。

(宇多丸)最近、こういう駅弁から女の人がグーッと後ろに倒れるようなの、ありますよね。

(高橋芳朗)あの、アメリカ全土にガガ様との駅弁フ◯ックを披露したと。

(宇多丸)で、プチャヘンザ!みたいなことを言ってますね。

(高橋芳朗)現在ね、この曲のミュージックビデオを制作中だそうです(笑)。


(宇多丸)じゃあ、ポルノ化必至の。

(高橋芳朗)楽しみですね。あと、さらにですね、Jimmy Kimmel Liveというアメリカで有名なトークショーがあるんですけど、こちらに出演した時は、今回のブラックパンティーズの通常版のジャケット。R師匠が女性を膝に乗せて抱きかかえて。


(宇多丸)バイオリンを弾いている風というか。

(高橋芳朗)チェロに見立てて弓を当てているという図なんですけど。これを生で再現してくれました。



(一同)(爆笑)

(高橋芳朗)これもかなりシュールな画になっていて。

(宇多丸)もうさ、コントですよ、これ!完全に。

(古川耕)これで歌ってるんですよね?

(宇多丸)真顔でよくできるね、これ!すげーな、本当この男。

(高橋芳朗)で、まあまとめますと、もうなにも臆することはないんですよ!僕たち。

(宇多丸)つまり、半笑いでね、馬鹿だなんていうフレーズをつけてますけど。もうRidiculousもついてるし、インタビュアーも半笑いなら、本人がここまで大コントショーをやっているということなので、もう臆することはないと。

(高橋芳朗)そう。堂々と馬鹿リリックを歌っていいし、R師匠もそう扱われることを望んでいるだろ?と。もしかしたらですよ、R師匠が橋本名誉Pのtwitterをリムったのは、前回の我々の腰の引けた態度に失望したからかもしれない。

(一同)(笑)

(宇多丸)なにが『馬鹿いい』だと。

(高橋芳朗)そう!お前ら、ちょっとなにやってんだよ!?と。見損なったってことだと思いますよ。

(宇多丸)なるほどなるほど。そうかそうか。

(古川耕)これは失態ですね。我々のね。

(高橋芳朗)だから今回、バーカ!バーカ!っていう感じでやりましょうよ。

(一同)(爆笑)

(宇多丸)いや、見下げなくていいから!罵らなくていいんだから。わかりました。でも勇気が湧いてきました。といったあたりで、現在の世界的R師匠状況、みなさんお分かりいただいたところで、いよいよ最新アルバム『Black Panties』の中身ですね。パンティーの中身を覗いていきましょう!

<書き起こしおわり>
宇多丸と高橋芳朗 R.KELLY『Black Panties』までのキャリアを語る
TBSラジオ『ウィークエンド・シャッフル』で新作を出したばかりのR師匠ことR.KELLYを特集!高橋芳朗さんと宇多丸さんがその偉大な下ネタ満載キャリアを振り返りました。 (宇...
高橋芳朗 R.KELLY『Black Panties』後の次回作品予定を語る
TBSラジオ『タマフル』でR師匠ことR.KELLYの最新アルバム大特集!アルバムの歌詞をチェックした後、R師匠の次回作の予定について話していました。 (古川耕)ということで、...