ケラリーノ・サンドロヴィッチ ピエール瀧 ナゴムレコードの思い出

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ケラリーノ・サンドロヴィッチさんがTBSラジオ『赤江珠緒たまむすび』にゲスト出演。ピエール瀧さんとナゴムレコードの思い出などを語っていました。

(赤江珠緒)本日の『おもしろい大人』。ゲストはケラリーノ・サンドロヴィッチさんです。ようこそいらっしゃいました。

(ケラリーノ・サンドロヴィッチ)どうも。面白いケラリーノ・サンドロヴィッチです。

(瀧・赤江)(笑)

(ケラ)あんまり久しぶりじゃないね。瀧とはね。一昨日?先週かな?例の教えてもらった中華料理屋、行ったでしょ?

(瀧)あ、行った行った。

(ケラ)『昨日瀧さん、いらっしゃいましたよ』って言われて(笑)。

(瀧)そう。最近ね、ケラさんとご近所で。よく道端で会うのよ(笑)。

ケラリーノ・サンドロヴィッチとピエール瀧の出会い

(赤江)あ、そうなんですか(笑)。でもお互い・・・瀧さんは10代の頃。ケラさんは、20そこそこ?

(ケラ)22かな?

(赤江)出会われて。どうですか?瀧さん、10代の頃。

(ケラ)あんまり変わってないよね。『畳』って名前だったんだよね。あの頃。

(瀧)だから昔はケラさんは、『畳さー、』って言って。

(赤江)あ、畳時代。

(ケラ)別にあれって卓球がつけたんでしょ?名前。卓球なんて気まぐれだから。たまたまいまピエール瀧だけど、もしかしたら畳だったかもしれないんだよね。『畳のたまむすび』だったかもしれない。

(瀧)畳のたまむすび(笑)。

(赤江)名称が(笑)。改めまして、ケラさんのプロフィールをご紹介させていただきますけども。本日のゲスト、ケラリーノ・サンドロヴィッチさんは1963年、東京都のご出身でいらっしゃいます。アメリカなど海外のコメディ映画が大好きで、喜劇役者に憧れた少年時代を経て、学生時代から音楽活動を開始。『ケラ』名義でバンド、有頂天のボーカルをつとめる傍ら、1983年、インディーズレーベル『ナゴムレコード』を設立。筋肉少女帯や電気グルーヴの前身である『人生』、『たま』など多くの才能を発掘・輩出いたしまして、インディーズ音楽界を牽引されました。また劇作家、演出家としても活動されておりまして、93年に劇団『ナイロン100℃』を旗揚げすると、99年には岸田國士戯曲賞、2002年には読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞されます。その他にも、テレビドラマの脚本家、映画監督、執筆活動などなど、いろんなジャンルで活躍中のケラさん。今年7月にケラさんの生誕50年とナゴムレコードの設立30周年を機に、新生ナゴムレコードの立ち上げを発表。

(瀧)当然ね(笑)。

(赤江)その第一弾として、ムーンライダーズの鈴木慶一さんとのユニット、No Lie-Senseのアルバム『First Suicide Note』がまさに昨日、11月6日に発売されたというケラさんでございます。


(ケラ)すごい人みたいだね。これ聞いてると。

(瀧)結局なにがやりたいんだっていう(笑)。

(ケラ)会いたいよ、俺この人に(笑)。

(赤江)そうですか。すごいですよね、ケラさんね。もう本当に多才なケラさん。

(ケラ)自分がなにやってきたか、あんまり覚えてないんで。今日も昔の話を、とか言われて。昔の話はいいじゃねーか?って思うんだけど。

(瀧)いま、まさかの2人のTシャツのクラフトワークかぶりっていうね。

(ケラ)あっ、本当だ!


(赤江)本当だ!クラフトワークのTシャツ!

(瀧)『コンピューターワールド』と『ツール・ド・フランス』のTシャツっていう(笑)。

(ケラ)仲良しみたいじゃないか。

(瀧)そうだね(笑)。

(赤江)その多才なケラさんに・・・

(ケラ)イヤミですね(笑)。多才なケラさんにって(笑)。

(赤江)このリスナーの方がですね・・・

(瀧)それ、いいって!ケラさんのお話を聞いたほうがいいでしょ?

(赤江)このお店の名前を考えなきゃいけないっていうね。こういうの・・・

(ケラ)このお店の名前?

(瀧)デコレーションをする職人さんのお母さんがいて、職業としてやっていくんで、屋号を考えてくれって言われたんです。

(ケラ)『畳屋』!

(瀧・赤江)(爆笑)

(瀧)ほら!聞くだけ無駄だったでしょ!?いいんだって、振らなくて(笑)。でもケラさんね、その戯曲賞とかもらってますけど。僕が最初会った頃は・・・

(ケラ)(笑)。瀧、声でけーな!

(瀧)仕切りなおすっていう意味もこめてね(笑)。それで、僕らが『人生』ってインディーズバンドを静岡でやってた時に、ケラさんが『有頂天』で静岡に来て、対バンをやらしてもらって。それでナゴムレコードから人生がリリースされるようになるんですけど。僕らにとっては、ナゴムやっているケラさんとか有頂天のケラさんとか、ミュージシャンの側面でほぼ最初知り合って。その後、ナゴムをやめて、お芝居というか舞台の方にっていうところで。『あ、ケラさん舞台やったんだ。賞もらってる!』って。みんな、エーッ!?って話になって。

(ケラ)(笑)。

(瀧)『ケラさんが!?』っていう。

(ケラ)お互い様だよ(笑)。

(瀧)それがずーっと続けてて、いまやなかなかの重鎮ぶりに。

(ケラ)いやいや、年月が経つとね、みんなそれなりになるもんだよね。『あ、瀧がバットマンの格好して、ビルから飛び降りてる!』って。



(赤江)コマーシャルもね。

(ケラ)ビルから飛び降りれるような男じゃなかったよ!畳は。

(瀧)まあね。頑丈だな、アイツ!って。

(赤江)へー。でもケラさんも変わってらっしゃらないんですか?

(瀧)ケラさんももう、基本この感じの。でもケラさん、さっき言ったけど僕は18才で静岡で知り合っているから。有頂天、ナゴムレコードやってる時って、22才ぐらいだもんね。

(ケラ)お互い、ただの子供ですよ。

(赤江)でもね、人生もそうですけど、筋肉少女帯とか、たまとか、非常に個性的な人が集まってるじゃないですか。その人たちを、『こっちだこっちだ』みたいに?

(ケラ)当時はただの面白い人たちだったけど、こんな何十年も後にまだみんなやってるとも思わなかったし。卓球とは、初めて会った時、まだ高校生だったから。『卒業したら東京出ようと思うんですよ』みたいな話までして。人生相談的なことまでして。それがある時、ドイツで100万人の前でレコードをかけてるって聞いて。なんかお父さんみたいな気分になるよね。

(瀧)そうかもね。ケラさんは。ウチらだから、静岡から出てきて、東京に来たはいいんだけど知り合いがいないじゃん。誰も。東京の大人の人たちが。それが最初ケラさんとかだったから良かったようなものの・・・おかしな人だったら、おかしな方に。十分おかしな人だけど(笑)。

(赤江)(笑)

(ケラ)腹立つけどね。卓球もね!本当に。まあいいや、そのことは。

(瀧)まあね(笑)。

(赤江)バンドの先輩として、アドバイスとかあったんですか?

(ケラ)アドバイスなんてないよね?アドバイスしてたら、もうちょっとなんかやりようがあったと思うんですよ。カラオケで歌って踊ってたわけだから。

(瀧)でも、言っても22才とかそんぐらいの時にレーベルを運営してたわけですから。ちゃんと宝島とかにね、広告のページも1ページ出したりとかしてたから。で、毎回そこに出るのが、また『出ないお知らせ』っていう(笑)。

(ケラ)そうそう。出ないことを毎月告知して。

(瀧)出ませんよってことを、毎回お金払って告知してたっていう(笑)。なんだそれ?っていう話で。

(ケラ)それで広告費滞納してるんだから。世話ないよね(笑)。

(赤江)そんなケラさん。昨日発売の『First Suicide Note』から1曲、まずみなさんに聞いていただこうと思うんですが。ケラさん、曲紹介をいいですか?

(ケラ)では、『大通りはメインストリート』っていう当たり前のタイトルの曲を。

(曲おわり)

(赤江)『大通りはメインストリート』、お聞きいただきました。しかしケラさん、本当に個性的な集団をナゴムレコードでまとめる時に、こんなことあったよ!っていうような。大変じゃなかったですか?

(ケラ)いろいろあったけど、言えないこと多いですよね。悪いこといっぱいやってるよ。瀧たちは。よく生きてられるもんだって感じだよ。なんかね、パンクバンドとかいっぱいいたから、いじめられてたよ。人生は。

(赤江)あ、そうですか。

(ケラ)当時バスツアーで、一緒になっていろんなバンドが日本中を回るっていうのがあって。僕はそれ参加してないんだけど。CDのジャケット書いて逃げちゃったんだけど。そのバスの中でずっといじめられてたんでしょ?『テクノ!テクノ!』って。

(瀧)テクノっていうか、他みんなバンドだから。バンドメンバーでみんな楽器とかやるわけじゃないですか。ウチは当時、カセットとかMTR一発でやってたから。それが気に入らなかったんだろうね。『お前らみたいなのが』みたいな感じで。でもだいたいそういう人は、俺じゃなくて卓球に行くんだよね。

(ケラ)そうそうそう。卓球はね、いじめたくなるのはわかる。

(瀧)反撃しなさそうじゃん。あいつ。言っても俺、180くらい(身長が)あるから(笑)。

(ケラ)卓球が言い返す時っていうのは、楽しんでる時だからね。

(瀧)そうそうそう。火に油を注ぐからね。あいつ。

(赤江)面白いですよね。卓球さんもね。瀧さん、ケラさんの当時のエピソードで覚えてらっしゃるのは・・・?

(瀧)ケラさんもね、結構な怖い人たちに絡まれて。有名な話があって、あるライブハウスでウチら電気も出てて、ケラさんもいて。で、みんなでワイワイ話してたら、こわーい系のバンドのこわーい人がベロンベロンに酔っ払って、『おい、ケラ!』とか言って。胸ぐら掴んで、『オラーッ!』ってなってて。それでヤバい!って思って、その真ん中に仲裁に入って2人をわけて、『ケラさん、逃げて!』って言ったのが、元電気グルーヴのまりん(砂原 良徳)っていう。

(赤江)あ、まりんさん(笑)。

(瀧)『ケラさん、逃げて!』って言ったら、ケラさんがびっくりするぐらいの速さでピューッ!って逃げてって(笑)。漫画か!?っていうぐらいの(笑)。昔はそういうの、ありましたよね。

(ケラ)あったあった。みんなそんなに仲睦まじく楽屋で談笑している感じでもなかったですよ。意味なく派閥みたいなのがあったりとか。

(赤江)学祭みたいなノリじゃないけど、みんな集まって盛り上がる祭りみたいな感じかと思った。

(瀧)ライブハウスっていまほど安全じゃなかったもん。

(ケラ)無駄に危なかったですよ。

(瀧)あと、やってるとバンドをつぶしに来るとかね。

(ケラ)そうそう。俺、小銭を投げつけられたことあるから。痛いですよ。1円玉と言えども。思い切り至近距離で投げつけられると。

(瀧)なるほど。札にしてくれればいいのに。

(ケラ)そうそう。札ならね(笑)。

(瀧)小銭ってところがインディーズっぽくっていいよね(笑)。札束でぶん殴るんじゃなくて。

(赤江)あの、瀧さんが『あまちゃん』に出演してるっていうのもケラさん、ご存知でしたけど・・・

(ケラ)瀧のさ、マネージャーさんから『人生のCDが手元にないから、ケラさん持ってないか?』って連絡が入ったらしくて。俺、なんだろう?って思って瀧に連絡したら、『あまちゃんの能年ちゃんにあげる約束したから・・・』っつって(笑)。『ごめん!そんな大げさにするつもり、なかった!』って言われたんだけど。ウチにも、自分の分しかないんだよ。

あまちゃん能年玲奈 ピエール瀧に『人生』CDをねだる
石野卓球さんがTBSラジオ『赤江珠緒 たまむすび』にゲスト出演。相棒のピエール瀧さんがあまちゃんで共演する能年玲奈さんから、電気グルーヴの前身バンド『人生』のCDをねだられていると...

(瀧)俺も自分の分しかないから。

(赤江)そうなんですか。みんな、大量に持ってない。自分の分を最後に。

(瀧)ないんだよねー。

(ケラ)話のタネに人生とか、人にサンプルとかあげたくなっちゃうよね。『面白いから、聞いてみ?』って。いいとかじゃない。面白い。

(瀧)びっくり箱と同じ感覚で。

(ケラ)そうそう。1回聞けば、まあ(笑)。

(赤江)ケラさんが音楽の道に入っていくのは、最初に喜劇役者に憧れていたっていうところから、どっからどうして?

(ケラ)ちょっともう、覚えてないですね(笑)。

(瀧)当時、僕ら静岡から来た人間たちから見ると、たとえばケラさんとか、筋肉少女帯の大槻とか、ばちかぶりの田口トモロヲさんとか、そのへんが・・・

(ケラ)大槻、呼び捨てなんだ。先輩だよ?

(瀧)大槻ケンちゃんね。じゃあ、ケンちゃんにしとこう(笑)。そのへんが、ワチャワチャっとやっている感じがすでに出来上がっていたから。それで中野を中心とした集団が出来上がってたんだけど、それはどう構成されたかはわからないんだよね。

(ケラ)僕も覚えてないんですよ。っていうか、本当に覚えてないんですよね。ごちゃごちゃすぎて。誰といつ会ったかとか、もう整理してらんなくて。自分のそういう活動をまとめた本とか、ナゴムの本とか出る。インタビュー、受けるじゃないですか。もうわかんないんですよね。ファンの人たちに聞くんだもん。そういう時に。どうだった?って。いまも鈴木慶一さんとNo Lie-Senseっていうのを・・・ムーンライダーズって日本最長寿のロックバンドだったわけですから。35年やって活動休止して。今年62ですよ。大先輩の鈴木慶一さんとユニットを組むなんて思ってもみなかったし。だからその時その時で。

(赤江)じゃあその時に出会いで自然発生的に、化学反応みたいに。展開が広がっていったりして。

(ケラ)いま、もうほとんど演劇人としか見られてないから、音楽もやってるんだよ!ってちょっと、ちゃんとやろうと。

(瀧)ケラさん、バンドいくつめ?これで。結構やってるよね?

(ケラ)わかんない。今度、12月に新宿ロフトで4日間やって。それに人生も出てもらうんですけど。それではね、8つで歌いますね。1日2つ。歴代のバンドが全部。

(赤江)ああ、そうですか。

(瀧)有頂天、空手バカボン・・・

(ケラ)LONG VACATION、シンセサイザーズ、No Lie-Sense、あとソロとかね。即興バンドみたいなのもあるし。

(赤江)すでに8つは、確実にあるんですね。

(瀧)いま、中年のおっさんたちが小躍りしている感じがね。久しぶりに聞いた!その名前!っつってね。

(赤江)劇作家として、監督としては瀧さんの演技ぶりとか・・・

(ケラ)瀧はね、一本目の映画に出てもらったですよ。

(瀧)1980ね。


(ケラ)でもそん時は、こんなに瀧がいろんな映画とか出て。瀧のバイオグラフィー、すごいじゃないですか。寿司屋やった後、凶悪犯やったわけでしょ?そんなになると思わなかったから、ミュージシャンの瀧としてちょっと出てもらったんですけど。もうちょっとやってもらえばよかったね。

(瀧・赤江)(笑)

(ケラ)次、やってもらう時は大きい役でね。

(瀧)怖っ!なんだろう?すげーハードル高い感じになりそう。

(ケラ)だいたい断定で、こういうところで公表しちゃえばいいってことがわかったから。

(赤江)ケラさん、もう50になられたわけですが。大台に乗られて。どうですか?50代になってみて。

(ケラ)うーん。日々、体が痛い(笑)。どっかが痛いね。体。

(瀧)ケラさんのtwitterとか見てる感じだと、仕事量がハンパなさそう。いつ寝てるのだろうと。またなんか書いてるっていうのと。

(ケラ)そうですね。書くのがいちばんしんどい。

(瀧)たぶんね、ケラさん双子説っていうのが、いま。

(赤江・ケラ)(笑)

(瀧)2人いないと無理だろ?それっていう。

(ケラ)瀧、読んでるんだね。twitter、やってないのに。

(瀧)一応読んでて。そいで、『ケラさん、そんな感じか』って。

(ケラ)よく瀧の話もしますよね。

(赤江)じゃあもう書き始めるとずっと、一気に長時間書くとか?

(ケラ)それができれば、苦労はないんですよ。書き始めるまでの、相関図とかそういうのをずっと書いてる時間の方が長いかもしれない。書き始める前って、選択肢が無数にあるわけじゃないですか。ある程度書いちゃえば、方向が見えて。だからなにを選ぶか?っていうのが延々時間がかかるんだけど。周りにしてみれば、それはただの書いてない、怠けてる時間に見えるから。悔しいんですね。その時間がいちばん辛いんだけど。

(赤江)料理で言うと下ごしらえみたいな。

(ケラ)違うなっつって、ボツにして、また別のことを・・・ボツにするのも勇気がいるじゃないですか。何日も考えたことをボツにするって。それで日々、傷んでくんですよ。心も体も。だから音楽は楽しいよ。こういうのも。今日、全然仕事のつもりで来てないし。瀧と話せるしねっていう。

(赤江)くつろいだ感じでスタジオにお越しいただいてますけどもね。

(中略)

(赤江)普段はケラさん、最近ハマってることとか・・・

(ケラ)普段とか、あんまりないんですよ。これが普段。趣味が全部仕事になっちゃってるから、あんまりないですね。瀧、今度鰻食いに行かない?鰻。近所にあるんだけどさ。予約しなきゃ・・・

(瀧)あ、裏のところじゃない?

(ケラ)そうそう。裏のところ。行こうよ、あそこ。

(瀧)俺、気になってたの。

(ケラ)予約してあげるから。

(瀧)あ、行きたい行きたい!

(ケラ)近所にあるんですよ。なかなか取れない。

(瀧)裏の細い路地のところにあって。

(ケラ)民家みたいな店なんだよ。

(瀧)でもね、ガラスとかキレイに拭いてある、きっとあそこはいいだろうなっていうお店なんだけど、怖くて行けないの(笑)。あ、行く行く!

(ケラ)ナビゲートしてあげるよ。

(瀧)あ、お願いします。

(赤江)(笑)。本当、くつろいでるな。

(瀧)(笑)

(赤江)じゃあケラさん、お時間来てしまったんですけども。それではもう1曲、ご紹介いただいてお別れということになります。

(ケラ)No Lie-Senseのデビューアルバムから『イート・チョコレート・イート』を聞いてください。

(赤江)ありがとうございました。

(瀧)ありがとうございました。

<書き起こしおわり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事