TOKIO長瀬智也が語る ダイオウイカ好きになったきっかけ

シェアする

TOKIOの長瀬智也さんがTBSラジオ『おぎやはぎのメガネびいき』にゲスト出演。大好きだというダイオウイカについて、こんな風に語っていました。

長瀬智也はダイオウイカ好き

(矢作兼)なんなの?ダイオウイカって。ダイオウイカが好きって?

(小木博明)ダサくね?それって。

(長瀬智也)だから・・・

(小木)あのテレビ見てからでしょ?だって。


(長瀬)いや、そう思うじゃないですか。

(小木)あのテレビ見る前?

(長瀬)前ですよ!なんだと思います?僕がダイオウイカ好きになったきっかけ。

(矢作)ええっ?

(長瀬)わかんないでしょ?

(小木)わかんない。なに?

(長瀬)ドラクエ3ですよ!


(小木・矢作)(爆笑)

(小木)浅っ!ゲーム!?

(長瀬)ドラクエ3の船で冒険してる時に、ダイオウイカって出てくるんですよ。

(小木)ええーっ!?

(長瀬)あれからですからね。俺は。

(矢作)すげー昔じゃん!ドラクエ3なんて。

(長瀬)そうですよ。

(小木)もう20年近く前?

(長瀬)そうですよ。そこから。だからダイオウイカ。

(小木・矢作)はー!

(長瀬)違いますよ。あのドキュメンタリー映画じゃないっすよ。

(小木)そうなんだ。ゲームだよ、ゲーム。

(矢作)ゲームだから。すごいな。

(小木)そっから調べてはいないでしょ?ダイオウイカのことは。

(長瀬)いやいやいや。調べましたよ。いろいろ。

(小木)調べられるの?ダイオウイカなんて。

(長瀬)いや、もうね、調べ尽くした結果、わかんねーな!ってところまでいったんですよ。

(小木)ああ、もう。

(長瀬)そりゃそうでしょ。だって、あんなね、テレビ局がいろんな研究家集めて、お金かけて研究しても、『こうなんです!』とは断定できないんですから。

(矢作)そうだね。

(長瀬)『きっとこうだったであろう!』までしか断定できないですよ。

(矢作)個人で調べたら無理だよね。

(長瀬)無理ですよ。そりゃそうですよ。

(矢作)ほら。なっ?だから相手にとって不足はないだろ?すごいんだから。というわけで今回ね、冒頭でもいいましたが、クロコーチ長瀬VSオギコーチ小木の美学対決を行いたいと思います。

<書き起こしおわり>