スポンサーリンク

宇多丸と高橋芳朗 NHK Eテレ『星野源のおんがくこうろん』を語る

渡辺志保『星野源のおんがくこうろん』アリー・ウィリス回の収録を語る アフター6ジャンクション
スポンサーリンク

高橋芳朗さんが2022年2月28日放送のTBSラジオ『アフター6ジャンクション』の中で自身が解説員として出演しているNHK Eテレ『星野源のおんがくこうろん』について、宇多丸さんと話していました。

(宇多丸)今夜はTBSラジオ『ジェーン・スー生活は踊る』『金曜ボイスログ』で選曲を手掛けていらっしゃいます、音楽ジャーナリストの高橋芳朗さんがお送りする月イチレギュラー企画。今の洋楽シーンがすぐわかるミュージックコメンタリー。最新洋楽チャートや注目新譜を紹介していただきます高橋芳朗さんです。ヨシくん、もしもし?

(高橋芳朗)どうも、こんばんは。

(宇多丸)どうもー!

(高橋芳朗)よろしくお願いします。

(宇内梨沙)よろしくお願いします。

(宇多丸)どうもー! どうも、よろしくお願いします。ねえ。えっ、なに?(笑)。

(高橋芳朗)フフフ(笑)。

(宇多丸)なんだよ? 普通に挨拶しただけじゃないかよ!

(高橋芳朗)いやいやいや、なんかもう、さっきからニヤニヤニヤニヤして……。

(宇多丸)えっ、違うよ。その紹介のところで最新ヨシくんニュースをお伝えするというか。この話も聞きたいからっていうことですよ。

(高橋芳朗)はいはいはい。

(宇内梨沙)では、紹介させていただいてもいいですか? 高橋芳朗さんにはおおよそ月1回、最新の音楽情報や注目の新譜を紹介してもらっています。前回のミュージックコメンタリーは1月25日(火)でした。近年のアメリカのポップミュージックと日本のシティポップのかかわりについて解説していただきました。

The Weeknd『Out of Time』と日本シティポップサンプリングの流れ

高橋芳朗 The Weeknd『Out of Time』と日本シティポップサンプリングの流れを語る
高橋芳朗さんが2022年1月25日放送のTBSラジオ『アフター6ジャンクション』に出演。The Weekndの最新アルバム『Dawn FM』の楽曲『Out of Time』が亜蘭知子さんの『Midnight Pretenders』をサンプリングしている件についてトーク。欧米圏のアーティストによる日本シティポップ楽曲のサンプリングやカバーの流れを紹介していました。

(宇内梨沙)そして最近ではEテレで放送中の『星野源のおんがくこうろん』に音楽を解説することが大好きなパペット、ヨシかいせついんとして出演されています。3月11日まで週に1回、出演するということで。

(宇多丸)これ、この番組でももう一方、特にヒップホップ、ラップ周りでお世話になっている渡辺志保さんも出ていらっしゃって。すごいじゃない。なに、これ? ちょっとちょっと……。

(高橋芳朗)ありがとうございます。アトロクのおかげですよ。

(宇多丸)いやいや、なにを言っているの。星野くんの仕事はちょいちょいね、ヨシくんは前からずっとされていましたけども。いやいや、これは僕も嬉しい限りよ。こんなの。

(高橋芳朗)本当に僕もね、すごいやりがいのある仕事で。楽しかったですね。

(宇多丸)そしてまたさ、星野さんはこういう時にちゃんとわかりやすい音楽啓蒙企画というのかな? スーパースターとしてのやれることをやっぱりちゃんとやるっていうところがにくいね。にくらしいね! にくいね! にくいっ!

(高橋芳朗)自分のポジションをうまく使ってね。うん。

(宇多丸)そうですよ。ノブリス・オブリージュですよ。にくい! にくい……(笑)。

スーパースターとしてやれることをやる星野源

(高橋芳朗)素晴らしい。「アトロクなくして……」とか言っていたらダメだよ(笑)。

(宇多丸)なに、その……? ヨシくんのそのフックアップされっていうかさ。よかったね。「さ↑れ」が叶ったね。

(高橋芳朗)いやいや、でも僕、星野さんとは『恋』のちょっと前ぐらいからずっと仕事をしていますからね。

(宇多丸)そうですよね。お仕事をされて……ということです。皆さん、ぜひEテレを見てください。

(高橋芳朗)お願いします。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アフター6ジャンクション
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました