スポンサーリンク

星野源と米津玄師 Todd Rundgren『Believe In Me』・吉田美奈子『扉の冬』を語る

星野源と米津玄師 Todd Rundgren『Believe In Me』・吉田美奈子『扉の冬』を語る 星野源のオールナイトニッポン
スポンサーリンク

米津玄師さんが2020年9月1日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』に出演。星野源さんと相手に聞かせたい楽曲を1曲ずつ選曲し、実際に聞いていました。

(星野源)じゃあ、ちょっとここからは今、一番聞きたい曲。それをお互いに選曲してかけたいと思います。じゃあ米津くんの方からお願いします。

(米津玄師)俺はいろいろと「今、聞きたい曲って何だろう?」と思って考えたんですけど。トッド・ラングレンの『Believe In Me』っていう曲なんですけども。これがすごい好きなんですよね。トッド・ラングレンがたしか20代前半ぐらいの頃の曲で、全部自分で演奏をしているんですよね。

それで、ミックスまでやったのかな? なんかピアノを基調としたゆったりした優しい曲なんですけど。なんかその感じがね、すごく好きなんですよね。で、全部自分でやっていて、音像で言うとすごくハンドメイド感がある感じではあるんですけど。それも含めて、ちょっと疲れてる時とかに聞くとすごい癒されるんですよね。あ、だから癒されるってこれかもしれない(笑)。

(星野源)ああ、トッド・ラングレン?(笑)。

(米津玄師)トッド・ラングレン(笑)。そういう……なんかね、ちょっとしたシンパシーを感じたりたりも。

(星野源)それは曲とか、歌詞とか?

(米津玄師)人間性とかかな? まあ、全然違う人だったと思いますけど。なんか、ねえ。その20代前半で全部自分でやってるっていうのも、俺の一番最初のアルバムとかぶる部分もあったりして。ねえ。この曲はすごく今、聞きたい曲かもしれないですね。

(星野源)じゃあ、ちょっと曲紹介をお願いします。

(米津玄師)トッド・ラングレンで『Believe In Me』。

Todd Rundgren『Believe In Me』

(星野源)最高じゃないか……。

(米津玄師)いや、いいですよね。

(星野源)すごいいい曲だね!

(米津玄師)うんうん。大好きな曲ですね。

(星野源)さっそく買います。なんだろう? 音像も含めて、メロディーもそうだし、楽器の感じもそうだし。本当にいい曲だね。すげえ、なんか、いいな。知らなかったのでちょっとじっくりと聞いてみる。ありがとう。で、僕が選んだのはちょっと違うんだけども。ちょっとだけ曲調が通じるものがあるなと思った。で、米津くん……「米津くんに聞いてもらいたい曲」っていうテーマだと勘違いをしていて。

でも、パッと思いついたのがこれで。なんで思いついたのか、よくわかんなくて。で、さっきジャケットを見ながら思っていたんだけども。この、吉田美奈子さんの『扉の冬』っていう曲なんだけども。たぶん70年代ぐらいだと思うんだけども。ジャケが顔のアップなんだけども、それが今の米津くんのアー写にちょっと似ているっていうか。たぶんそれでジャケがパッと出てきたんじゃないかなと。似てるわけじゃないんだけども。顔の角度が似ているっていうだけなんだけども。

あと、なんか質感がちょっと似ているのもあって。ちょっとこの曲を……なんとなく知らないとも思うし。このニュアンスをちょっと聞いてもらいたいなと思って選曲しました。じゃあ、聞いてください。吉田美奈子『扉の冬』。

吉田美奈子『扉の冬』

(星野源)お送りしたのは僕から米津くんにおすすめ曲。吉田美奈子『扉の冬』でした。

(米津玄師)すげえいい曲ですね。

(星野源)いい曲だよね(笑)。

(米津玄師)なんか不思議な節回しの歌ですね。なんか、すごい不思議な感じがする……で、なんかもっとよく知ってみたいっていう感じがする。深みにハマっていきそうな感じの……。

(星野源)吉田美奈子さん、このアルバムがかなり、何だろうな? 個人的なアルバムって感じで『扉の冬』があって。この後に「夢でもし逢えたら♪」っていうのでまたワーッと広がっていくんだけど。カラフルになっていくんだけども。このアルバムはすごいモノクロな感じで。バックをキャラメル・ママっていうので。細野さんとかがベースを弾いてたりして。すごく好きな……20代前半ぐらいに死ぬほど聞き倒していたアルバムです。

(米津玄師)じゃあ、ちょっとアルバムを買って聞いてみますね。

(星野源)ぜひぜひ。ぜひ聞いてほしいな。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
星野源のオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました