スポンサーリンク

安住紳一郎 森口博子から学んだ司会術を語る

安住紳一郎 森口博子から学んだ司会術を語る 安住紳一郎の日曜天国
スポンサーリンク
スポンサーリンク

森口博子さんがTBSラジオ『日曜天国』にゲスト出演。安住紳一郎さんが森口博子さんから盗んだ司会の技術について話していました。

(安住紳一郎)それでは今日のゲストをご紹介します。森口博子さんです。おはようございます。

(森口博子)おはようございます。よろしくお願いいたします。

(安住紳一郎)よろしくお願いします。ご無沙汰しております。

(森口博子)めちゃめちゃ久しぶりですね。私、もうすんごい楽しみにしていました!

(安住紳一郎)ありがとうございます。

(森口博子)オリンピック、おめでとうございます。

(安住紳一郎)いえいえ。そうなんですよ。

(森口博子)フフフ、あの演出はよくない!

(安住紳一郎)フフフ(笑)。

(森口博子)嘘です。三谷幸喜さんから、ね(笑)。

(安住紳一郎)そう。聞いてくださってありがとうございます(笑)。

スポンサーリンク

三谷幸喜『ぴったんこカン・カン』へのクレーム

(森口博子)いや、テレビ見ていましたもん。見ていて、「えっ、なんだろう? なんだろう?」って。私もまず「結婚かな?」って思ったんですよ。

(安住紳一郎)そうですよね。

(森口博子)で、「ああ、人のものになっちゃうんだー」って。

(安住紳一郎)またまた……(笑)。

(森口博子)「みんなの安住さんが誰かのものになっちゃう」って。ちょっとなんか親戚の気分。「ああ、お兄ちゃんは行っちゃうんだ」みたいな。そしたら行っちゃうどころか世界の安住さんに(笑)。

(安住紳一郎)違う違う、違いますよ。やめてくださいよ、もう本当に……安定感のあるオープニング、ありがとうございます(笑)。

(森口博子)すいません(笑)。前のめりになっていないですか?

(安住紳一郎)大丈夫です(笑)。

(森口博子)大丈夫ですか?(笑)。

(安住紳一郎)実は過去の記録を見てみたら、森口さんは2回目なんですが2005年の5月のご出演いただいていて。14年ぶりですって。あっという間。

(森口博子)私、5、6年ぐらい前だと思っていたんですよ。

(安住紳一郎)でも私、はっきりと覚えていて。

(森口博子)私も覚えています(笑)。

(安住紳一郎)6年ぐらい前だよなって思っていたら、14年前って言われて。「ええーっ? そんなにたちました?」って。

(森口博子)まさに同じリアクションですね。

(安住紳一郎)そうですよね。

(森口博子)「いや、そんなにたってない、そんなにたってない、」って言っていたら……内容まで私、覚えていますよ。その時の。

(安住紳一郎)私も内容を覚えていて。それで「絶対に日付間違っているから。14年前じゃない。調べ直してくれ」って昨日、言ったんですよ。そしたら「14年前だ」って言われて。

(森口博子)アハハハハハハハッ! 私も全く同じことを……「いや、そんな前じゃなかったと思います」って。そしたらいま目の前にいらっしゃるスタッフの方が全部一覧表を見たら14年前だって(笑)。ちょっとおかしいですね? なんか時間の感覚もネジ1本、おかしくなっちゃってますよ。

(安住紳一郎)そうなんですよ。なんか……14年前に会った時には私は森口さんのことをずっとテレビで見ていた時代が長くて。それで森口さんがちょっと冷たい感じで段落をまとめて次の段落にスッと行くっていう。それは俺は森口さんから盗んだ技術だっていう話をして……(笑)。

(森口博子)アハハハハハッ! それを聞いて……よく「○○さんはナントカですよね?」「はい、そうです」「ああ、そうですか。はい。とっととお帰りください」とかっていう(笑)。

(安住紳一郎)森口節がね(笑)。

スポンサーリンク

森口節の司会術を盗む

(森口博子)それを安住さんが「あれを僕は学んだんです。司会の定義は森口さんからです」っていうのを聞いて。あれから私、会う人会う人に「安住さんの司会は私かららしいよ?」って言いふらしています(笑)。

(安住紳一郎)そう。本当にそうなんですよ。

(中澤有美子)すごいそれが柱になっていますよね?

(安住紳一郎)そう。柱になっているんですよ。

(森口博子)それを生で実際にテレビの前で私が見た瞬間に私、姉に「ほら、これこれこれ! これ、私から盗んだの!」って(笑)。

(安住紳一郎)「これ、私仕込み!」って(笑)。

(森口博子)そう(笑)。本当に嬉しかったです。ありがとうございます。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました