スポンサーリンク

プチ鹿島 安倍首相「金融庁は大バカ者」激怒報道への反応を読み解く

プチ鹿島 安倍首相「金融庁は大バカ者」激怒報道への反応を読み解く 水曜日のニュース・ロバートソン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

プチ鹿島さんがBSスカパー!『水曜日のニュース・ロバートソン』の中で朝日新聞が報じた、安倍首相が金融庁の老後資金報告書に対して「金融庁は大バカ者」と激怒したという記事についてトーク。党首討論で首相が見せた記事への反応を読み解いていました。

(プチ鹿島)さて、私は国内のニュースから。やはり党首討論ですかね? 安倍首相が「解散は頭の片隅にもない」という。これ、不思議なことに僕、見ていたんですけども。この質問を出したの、日本維新の会ですよね。片山虎之助さん。質問の時間でいうと最後の最後なんですよ。ただ、テレビとかこういうニュースって「解散にあるんですか?」っていう、そこをいちばんに持ってくるわけですよね。それまでは年金のことをワーワーやっていたんですけども。むしろそっちはあまり報じられていないっていう。その、いかにもテレビニュースになりそうな質問をする人が目立つっていうのがひとつ。

あと、もうひとつ、これは僕ぐらいしかまだ気づいていないことなんですけども。今日の朝日新聞で金融庁が出した(老後資金に関する)報告書があるじゃないですか。それに対して安倍さんが「金融庁は大バカ者」って激怒して、それを聞いた周りのスタッフが慌てて報告書をなかったことにしようと自体の収束に動いたという、そういう記事が出ていたんですよ。

そうしたら、面白いことに国民民主党の玉木さんが党首討論の冒頭で「今日のあの記事、安倍さんが激怒したっていうのは本当ですか?」って聞いたんですよ。これ、朝日新聞が書いた記事じゃないですか。

(モーリー)うんうん。

(プチ鹿島)安倍さんがもし、激怒して言っていないのであれば……だって、安倍さんって国会の場でも朝日新聞批判をこれまでたくさんしていたじゃないですか。なので、今回も「これは朝日の嘘です。捏造です!」って言うと思っていたら、なんと大人のジョークで「私は自民党の中でも滅多に怒らない人物と言われています」っていう風に笑いで返してきたんです。

(モーリー)はー!

スポンサーリンク

「私は自民党の中でも滅多に怒らない」

(プチ鹿島)ということは、これは言っているな?って思ったんですよね(笑)。だってもし、言ってないのであれば「あれは朝日の嘘です。誤報です」って言うはずですよ。それか、もしくは安倍さんがもっと大人になったのか。どちらかですよね。

(モーリー)なるほどね。

(プチ鹿島)そこが僕、今日の党首討論の唯一の見どころでしたね。あとはやっぱり時間が足りなかったですね。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました