吉田豪と大森靖子 山戸結希監督を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

大森靖子さんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんと映画監督の山戸結希さんについて話していました。

(吉田豪)(コメントを読む)「山戸監督の話を……」みたいな。さっきも来てましたよ。

(大森靖子)山戸監督の話? 山戸監督に対してはもうリスペクトしかないですよ。

(吉田豪)竹中夏海先生と山戸監督がどうかしている話を結構して。

(大森靖子)アハハハハハハッ!

(吉田豪)「あの人、完全にどうかしてますよね」って(笑)。

(大森靖子)ああ、竹中先生が言ってたんですか?

(吉田豪)僕ら2人で(笑)。

スポンサーリンク

完全にどうかしている人

(大森靖子)どうかはしていますよ。あの、まあこれは別に山戸さんと仕事をしている人に聞いた話ですけども。山戸さんに締め切りを煽って、「これに(データが)入っています」って言って締め切りにもらったCD-Rの中が空だったっていう(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハッ!

(大森靖子)「そのフェイクのひと手間、なぜかけた?」っていう(笑)。「でもそれ、面白いな! 好きだな!」っていう(笑)。

(吉田豪)フフフ(笑)。あの、大森さんが「好きだな」ってなるポイントがよくわかんないんですよ(笑)。

(大森靖子)いちばん好きなエピソード。これが私がいちばん好きな山戸さんのエピソードの話です(笑)。

(吉田豪)(コメントを読む)「1回だけ『さちこ』じゃなくて『さち枝』って歌っていたことあるよね。『セクシーカレー』」。

(大森靖子)ああ、それはさっちゃんがね、フェスみたいなやつで。温泉のフェスに行った時ですね。

(吉田豪)はいはい。伝わるように。

(大森靖子)伝わるように。

(吉田豪)(コメントを読む)「どんな人?」。

(大森靖子)「どんな人」……でもすごい過剰に敬語を使われますね。丁寧な人で。

(吉田豪)柔らかい空気でふわふわした感じの人に一見、見えるけども。どうも違うぞ……?っていうね。

(大森靖子)どうも違いますね。でも、いろんなことを突き通すためにあのやり方を学んだんだなって思いましたから。自分もそういう手法みたいなのを早く見つけないとヤバいですよ。もうヤバいみたいな。

(吉田豪)ですか? 見つかってないですか?

(大森靖子)見つからないよね。全然見つかってないよね。

(スタッフ)でも、それはそれで……。

(大森靖子)フフフ、本当ですか? できているかな?

(吉田豪)だいぶできていると思いますよ。

(大森靖子)本当? ああ、よかった。できているといいな。

(吉田豪)フフフ、まあ心配ですけどね。でもいま、正直いちばん心配なのはZOCなんですよ。

(大森靖子)アハハハハハハッ! ZOCね。……なんとか、しますよ(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハッ! 「なんとかしますよ」。

(大森靖子)なんとかしますよ。みんなね、やる気はあるからね。やる気があるっていう表現とかもみんな別々なんで。やっぱり伝わらないっていうのもありますよね(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする