スポンサーリンク

宇多丸『ひなフェス2019』辻希美&加護亜依コンビ復活決定を語る

宇多丸『ひなフェス2019』辻希美&加護亜依コンビ復活決定を語る アフター6ジャンクション
スポンサーリンク
スポンサーリンク

宇多丸さんがTBSラジオ『アフター6ジャンクション』の中で2019年3月のハロープロジェクトのイベント『ひなフェス2019』で辻希美さんと加護亜依さんのWコンビ復活についてトーク。Wの名曲『ロボキッス』を紹介していました。

ロボキッス

(宇多丸)で、もう1曲かけさせてください。もう1曲は昨日、Base Ball Bearにゲストに来ていただいて。小出祐介さんが……彼は非常にアイドルにも造詣が深くて。曲をかけている合間かなんかにちょろっと「そういえば宇多さん、さっき発表になったニュースなんですけど……」って。ハロープロジェクトの公式サイトで3月31日に幕張メッセで開催される『Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project ひなフェス 2019』。このイベントでですね、なんと辻希美さんと加護亜依さん。4期メンバーの年少組2人ですよね。元はミニモニ。の2人ですけども。4期メンバーが参加することになって。ということで、この2人が揃うということはですよ、まず加護ちゃんがこのハロプロのイベントに復帰という、非常に歴史的なことでもあるんですけども。

(宇内梨沙)ええ。

吉田豪 加護亜依の波乱に満ちた人生を語る
吉田豪さんが2011年にTBSラジオ『小島慶子キラ☆キラ』でしたトークの書き起こし。元モーニング娘。加護亜依さんの波乱に満ちた人生について話していました。

(宇多丸)なにしろこの2人はW……ミニモニ。も素晴らしいけどね、Wは本当に名曲ぞろいだったし。今日かけたい『ロボキッス』というのはまさにWの代表曲で。本当にシンメトリーっていうか、双子なんじゃないか?っていう。シンメトリーな美しさと、あとはやっぱりピンク・レディー感ですね。2004年の曲にしてピンク・レディー感の21世紀アップデート版という風に僕は取っていて。めちゃくちゃもうWは、世が世なら本当に国民的スーパースターとして君臨しておかしくないグループだったのに……っていうのもあるんだけど。

(宇内梨沙)うんうん。

(宇多丸)でも、とにかくこの2人はずっと仲がいいのが続いて、ずっと交流というか連絡とかも取り合っていて、仲がよかったというのも聞いていて。非常にこの復活は驚いたし、とても嬉しく思っていますという。昨日もこいちゃんに「マジで!? Wがっ!!」って。いろいろとね、ハロプロは最近悲しい事件もあったりしましたけど、こんなこともあるからね。長く見ていると。ハロプロファンというか、ハロプロはやっぱり味わい深いなと思うあたりだったりします。宇内さん、Wのこの曲は知っています?

(宇内梨沙)聞けばたぶん思い出すと思うんですけども。

(宇多丸)振り付けとかがめちゃめちゃかわいいんですよ。これ、ちょっと手塚治虫のロボットのちょっと色っぽさ感とかも入っているのかな? みたいな感じです。2004年のこちらの曲をお聞きください。Wで『ロボキッス』。

スポンサーリンク

W『ロボキッス』

(宇多丸)『ロボキッス』、やったりするんですかね? Wの2004年の作品。これね、最後に振り付けが……振り付け自体もすごいかわいいんですけど。最後に2人が背中合わせで首をもたれかけて、なんかロボットが電源を切って眠るみたいな。そんな感じで終わるのが、もう振り付けとかも最高なんですよ、これ。ということでWの復活、嬉しくニュースを聞かせてもらいました。これね、行けるかな? ちょっとこっちもツアーがあったりしますから、あれですけども。行ける方、羨ましいという感じのニュースでした。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました