スポンサーリンク

宇多丸 Megu(Negicco)『いつかきかせて』を語る

宇多丸 Megu(Negicco)『いつかきかせて』を語る アフター6ジャンクション
スポンサーリンク
スポンサーリンク

宇多丸さんがTBSラジオ『アフター6ジャンクション』のアイドル新譜紹介の中でNegiccoのMeguさんのソロ曲『いつかきかせて』を紹介していました。

(宇多丸)じゃあもう一発だけかけさせて。来月、ニューアルバムのリリースを控えております。やはりね、我らがNegicco。まずね、熊崎くんとかNegiccoのアルバムを聞いてほしい。Negiccoのアルバムは基本的にもうどれも普通に日本のポップスとしてめちゃめちゃ質が高いというか。それ自体で歴史に残るような名盤ですよ。いままで1回も外したことがないというか、外しようがないような出来なんだけど。だから来月発売されるのもすごい楽しみなんですが。それを控えて、ここんところメンバー3人が順番にソロ曲を出していたんですよ。

(森田秀一)そうですね。

宇多丸 Negicco Kaede『それもきっとしあわせ』を語る
宇多丸さんがTBSラジオ『タマフル』の中でNegicco Kaedeさんが鈴木亜美さんの名曲をカバーした『それもきっとしあわせ』を紹介。絶賛していました。

(宇多丸)で、それの最後を飾ると言うか3人目になりますかね。Meguさんという方のソロ曲が出ました。『いつかきかせて』という曲で、これはさよならポニーテールというグループのメンバーによる曲なんですけど。これはなんかね、すごいドリーミーな感じなんだけどクールな……すごくクールな節度が保たれていて。でね、ビデオとかも含めてなのかもしれないけど、とにかくすごいクールなんだけどすごい涙腺を刺激する。彼女たち、やっぱりNegiccoのずーっと静かに歩んできた、粛々とね、でも辛いこともありながら歩んできた。でも、いますごくクールなというか大人な境地にたどり着いたみたいなところも含めて、なんか不思議とすごい涙腺を刺激する。泣かせるような曲調じゃないんだけど。あれ、なんですかね?

(森田秀一)まあ、やっぱり鈴木亜美さんの『それもきっとしあわせ』みたいな、なんかキャリアが長い人ならではの出るものがありますよね。

(宇多丸)ということでNegiccoのMeguさんのソロ曲です。『いつかきかせて』。

スポンサーリンク

Megu『いつかきかせて』

(宇多丸)はい。NegiccoのMeguさんのソロ曲『いつかきかせて』をお聞きいただいております。Meguさんのなんかこう、スッと素直に歌うこの歌声がまたね、なんかフッと心に入ってきちゃうっていうかね。

(熊崎風斗)これはNegiccoで歌っている時とはまた違いますか?

(宇多丸)全然違うバランスでね。なんか涙腺を刺激する。3人ともソロ曲、曲が本当に素晴らしかったです。ということでいよいよ、来月のニューアルバムも楽しみになってまいりました。

MY COLOR(2CD/初回限定盤)
Posted at 2018.6.26
Negicco
T-Palette Records

(森田秀一)はい。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました