スポンサーリンク

玉袋筋太郎 天龍源一郎引退試合を語る

玉袋筋太郎 天龍源一郎引退試合を語る たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

玉袋筋太郎さんがTBSラジオ『たまむすび』の中でプロレスラー天龍源一郎さんの引退試合について話していました。

天龍源一郎 引退記念号 2015年 12/8 号 [雑誌]: 週刊プロレス 増刊

(小林悠)素晴らしいメールが届いております。(投稿メールを読む)『こんにちは。11.15 天龍引退興行 革命終焉RevolutionFINAL@両国国技館、行ってきました。もういちいちウルウルでした。まず両国駅で「天龍の引退試合、行くしかないだろ!」と学生時代のプロレス仲間と久しぶりに待ち合わせをしたんですが、我々と同じように「久しぶり!」の声がそこかしこに聞こえ、その時点で軽くウルウル』。

(玉袋筋太郎)もう、鳥肌ですよ。俺なんか、いま。

(小林悠)いま、立ってますね。(メールを読む)『国技館前のたくさんののぼり。かつての好敵手や思い出深い関係者からの花輪。リング上のメガネスーパーの広告。客席の横断幕に天龍革命の盟友「阿修羅」の文字に試合前からだいぶウルウル。いろんなことを思いながら、いよいよメインの天龍対オカダ戦へ。現在の新日本プロレスのイケイケチャンピオン、オカダカズチカの派手な出で立ちに対して、天龍は背中にシンプルに「天龍」と書かれたガウン』。

(玉袋筋太郎)デビュー当時のですよ!

(小林悠)そうです。(メールを読む)『このコントラストがたまらず、その時点でまたウルウル。いざ、ゴングが鳴ると天龍は攻めても受けても、見ている方が痛々しいほど。「天龍、もういいじゃないか!まだ足りないのか!?」。俺たちはウルウルしながら、翌日天龍さんのような声になってもいい覚悟で声援を送りました。オカダの打点の高いドロップキックを何度も何度も食らいながらも立ち上がり、最後はレインメーカーでカウント3。革命終焉。玉さんのウルウル話もぜひ、聞かせてください』。

スポンサーリンク

昭和・平成のバトンタッチ

(玉袋筋太郎)いやー、もうね、バトンタッチができたね。昭和・平成のプロレスっていうのが。もう、たまらなかったね。もう、ああいった身体を見せつけることでさ、いままでの戦いの歴史を全て振り返って。そして引退していくっていう。男だね、ありゃあ。天龍さんは。

(小林悠)背中の傷とかもすごいんですって?天龍さん。

(玉袋筋太郎)受け身、取れてなかったもん。でも、それでもさ、ドロップキックを食らって立ち上がるところ・・・あの延髄斬りの打点の低さのかっこ悪いことがかっこいいこと!これ!

(小林悠)ああー!

(玉袋筋太郎)これが天龍さん、たまんなかったね。うん。泣いたよ。で、控室終わりで龍原砲組んだ時のね、アサヒスパードライがそん時、発売で。そレをグッと飲み干した時の味。どうだったんだろうね?うん。シャープだったらしいよ。飲み口が。ありがとうございましたですよ。

(小林悠)なんかすごくオカダさんがすごくがんばったっていうか。よかったっていう話になってますもんね。

(玉袋筋太郎)オカダは偉い!うん。プロレス熱がね、また蘇って参りましたよ!

(小林悠)やっぱりその昭和から平成へのうまいバトンタッチができたんじゃないですかね?

(玉袋筋太郎)見事にやってくれたね。天龍は。

<書き起こしおわり>
https://miyearnzzlabo.com/archives/30809

タイトルとURLをコピーしました