菊地成孔とOMSB ロバート・グラスパー × OMSB対談を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

SIMI LABのOMSBさんがTBSラジオ『菊地成孔の粋な夜電波』に出演。菊地成孔さん、MOEさんと、ロバート・グラスパーと対談した際の話をしていました。

(菊地成孔)まあ、さっきもちょっと話しましたけど、今年はまあほとんどケンドリック(・ラマー)で決まりじゃない?っていう下馬評がこの夏にまで、まだこう、収まらずに。

(OMSB)はい。

(菊地成孔)まあ、たしかに傑作。まあ、俺がいちばん最初に『ジャズとヒップホップはくっつくに決まっている』って言ってたら、『お前、バカじゃないの?』みたいに言われていたのが3年ですけど(笑)。

(OMSB)(笑)

(菊地成孔)えーと、インパルスでCDを出すっていう時に、向こうに『OMAR入れろ』って言われて、『いやいや、俺はSIMI LABを入れる』っつって、『バカじゃないの?』って言われたのが3年前ですけど。

(OMSB)(笑)

(菊地成孔)ミュージックマガジンに『SIMI LABって誰?』って言われたの、3年前。4年前か?もう、すでにね。いまや、ケンドリックと(ロバート・)グラスパーが一緒にやっているわけなんで。あの・・・あっ、グラスパーと謁見したよね?

(OMSB)あ、ありましたね。本当に・・・

(菊地成孔)あれさ、どっちがグラスパーか、区別つかないよね?(笑)。

(MOE)(笑)

(菊地成孔)パッと見。

(OMSB)俺、偽グラスパーっすね(笑)。

(菊地成孔)偽グラスパーみたいだね(笑)。うん。ぜんぜん違う人ではないよね。少なくとも。

(OMSB)そうですね。系統は一緒なのかな?と思ったっすね。フォルム的な。フォルム的っていうか、なんか・・・

(菊地成孔)叔父貴と甥みたいな。ぐらいの感じではあるよね?

(OMSB)はい。

(菊地成孔)そんでも、グラスパーって俺より年下だからね。

(OMSB)あ、そうっすね。

(菊地成孔)まあ、ほぼ一緒だけど。どうでしたか?感触は。『Black Radio 3』への・・・(笑)。

(OMSB)それは正直、なさそうですけど。

(菊地成孔)まあ、日本語だからね。

(OMSB)まあ、そうっすね。ただ、まあ自分の音楽に『いい』って言ってくれたのは本当だと思ったのと、やっぱ、なんだろうな?すごいやっぱオープンな人だなっていうか。メンタル的に、こう。

(菊地成孔)まあ、ジャズミュージシャンはだいたいああいう風だけど、あの人、特にそうだよね。

(OMSB)ああー。

(菊地成孔)だから、いいなと思いましたけどね。オムスが楽しそうで。グラスパーで楽しそうで。いいな、この対談って思いながら。

(OMSB)(笑)

(菊地成孔)これもネットで読めますよね?

(OMSB)そうっすね。

<書き起こしおわり>
[リンク]【新作『Covered』発表記念】ロバート・グラスパーもOMSBの新しいファンに! 奇跡のセッションが実現したスペシャル対談

5月の終わりから6月はじめにかけて来日ツアーを敢行し、オーケストラとの共演も果たすなど話題を振り撒いたブルーノートの風雲児ロバート・グラスパー。つい先日〈アコースティック回帰〉となったトリオでの新作『C...

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする