菊地成孔 美容整形と歯列矯正事情を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

菊地成孔さんがTBSラジオ『粋な夜電波』の中で美容整形と歯列矯正について話をしていました。


(菊地成孔)芸能界のね、今年あたりタブー・・・私、TABOOレーベルってやっていますけどね。タブーじゃなくして欲しいですよね。あの、いじったらいじったでいいと思いますけど。私、行かなくなっちゃいましたけど、歌舞伎町に10年ちょっと住んでいたんですよ。で、いまちょっと離れまして。まあでも新宿なんですけど。キャバクラなんか行くと、みんな言ってましたよ。『私、ちょっと目をやってますから』とかって。プチ整形ぐらいの方から、結構もう、顎を削る大手術みたいな方も。まあ、わかっちゃいますからね。

普通に爽やかに言っていて。あの、気持ちのいいもんでしたね。『あ、本当だ』なんつってね。まあ、やるもやらぬもね、いまやもう、昔みたいに大事件じゃないですから。とは言えね、問題は歯ですからね。まずは歯ですよ。この話も番組で過去4年間で10回ぐらいしてると思うんですけども。私の友人の歯科衛生士は、まず歯を見て。とにかく芸能人はまあ、顔はいじってなくても、歯は絶対やるんで。テレビに文化人なんか出てくると、すぐ、歯がガチャ歯だからわかっちゃいますね。タレントさんじゃない人は。

私が出ても、わかっちゃいます。私もガチャ歯。まあ、その友達曰く、芸能界で歯をいじってない、ナチュラルなまま芸能人を続けているのは財前直見さん1人だけですからね(笑)。あの、もうそれ以来、財前直見さんの歯しか見えなくなっちゃったんで。ぜんぜん芝居が入ってこなくなっちゃいましたね。はい。

<書き起こしおわり>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする