スポンサーリンク

AKLO ScHoolboy Q『THat Part ft. Kanye West』を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

AKLOさんがblock.fm『INSIDE OUT』に出演。最近ヘビロテしているお気に入り曲としてAKLO ScHoolboy Q『THat Part ft. Kanye West』を紹介していました。



(渡辺志保)でもって、今日はAKLOさん来ていただいているということで。ラストはAKLOさんのレコメンチューン。しかも、今日はじめてかかるアメリカのラップ、みたいな。紹介していただきたいんですけども。

(AKLO)オフコース、オフコース。最近ね、いつも家で聞いている。特にいちばんヘビロテしているなと思った曲なんですけど。スクールボーイ・Q(ScHoolboy Q)でね、『THat Part』っていう。フィーチャリング カニエ・ウェスト(Kanye West)。OK、OK!

(渡辺志保)OK、OK(笑)。

(AKLO)(モノマネで)「オッケーイ↑」っていうやつをね。あれね。

(一同)(笑)

(AKLO)あれ、ヤバいよね。

(渡辺志保)この曲を選んだのは、理由はあるんですか?

スポンサーリンク

すごく単純なフロウが流行っている

(AKLO)まあ、基本的に最近、すごい単純なフロウが流行っていて。それがすごいクールにまとまっている感じで。だけど、それがスクールボーイ・Qも「that part」っていうところとか、毎回同じところで入ってかっこいい。で、カニエも、それでも俺、正直スクールボーイ・Qの1バース目を聞いただけで「超かっけー! やっべー!」って思っていたのに、カニエがそれを超してくるから。

(渡辺志保)へー!

(AKLO)もう、とんでもねえ。カニエ。俺、ハンパねえなと思って。で、この間、ビック・メンサ(Vic Mensa)のフリースタイル。チャンス・ザ・ラッパー(Chance The Rapper)をディスってるんじゃないか?って言われているやつがあるんですけど。そん時も、そのフロウをパクってやっていたから。しかも、トラックが違うのに。だからこのフロウはハンパじゃない。「オッケーイ↑」ってやつね(笑)。

(渡辺志保)この曲でスクールボーイ・Qもマクラーレンのことを歌っているという風にRap Geniusには書いてありましたけど。


(AKLO)リンクしてくわー。

(渡辺志保)リンクしてくわー(笑)。

(AKLO)I feel you, bro!

(一同)(笑)

(渡辺志保)はい。というわけでスクールボーイ・Qにシャウトアウトを(笑)。

(AKLO)あと、なんか「That Partってなんやねん?」と思って。「そのパート」っていう意味じゃないですか。だけどなんかこれ、カリフォルニアスラングで「You know」みたいな意味。「わかる?」みたいな。

(渡辺志保)「これがヤバいんだぜ」みたいな感じですね。

(AKLO)「だぜ?」みたいな意味らしくて。俺、ちょっとLAに住んだことがないんでわからなかったんだけど。キャリフォルニアスラングらしいです。

(渡辺志保)なるほど(笑)。はい。じゃあ今日最後のチューンはAKLOさんから、このチューンで締めさせていただきます。

(AKLO)はい。最近めちゃくちゃいつも聞いてます! スクールボーイ・Q『THat Part ft. カニエ・ウェスト』。ありがとう、みんな!

ScHoolboy Q『THat Part ft. Kanye West』



<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事