スポンサーリンク

安住紳一郎 2021年和歌山パンダ赤ちゃんの名前を予想する

安住紳一郎 2021年和歌山パンダ赤ちゃんの名前を予想する 安住紳一郎の日曜天国
スポンサーリンク

安住紳一郎さんが2021年2月21日放送のTBSラジオ『日曜天国』の中で締め切りが迫る和歌山アドベンチャーワールドのパンダの赤ちゃんの名前予想を実行。番組のパンダ情報ネットワークを駆使し、電話をつないだパンダ有識者たちと名前を予想していました。

(安住紳一郎)さて、いささか旧聞に属する話になってしまいましたが、和歌山にありますアドベンチャーワールドでジャイアントパンダが昨年の11月22日に生まれました。もうずいぶんと時間がたってしまいましたね。90日近く経っているんですけれども。ジャイアントパンダ、番組では何度も取り上げてきましたので随分と詳しくなったという方も多いと思いますが。母パンダは体が大きい割に新生児がとても小さくて。人間で言うとゴルフボールくらいの赤ちゃんをお母さんが産むというような大きさですね。

本当に小さく産んで大きく育てるということなんですが。ジャイアントパンダの赤ちゃんはこの間、和歌山で生まれたのは157グラムですもんね。もうスマートフォン、携帯電話1台分くらいの大きさで生まれてきますけれども。あれから90日たちまして。先ほどホームページで見ましたら昨日の土曜日現在で4800グラムになっていました。すごいですね。157グラムで生まれた赤ちゃんが3ヶ月で4800ですって。1日150グラムずつぐらい増えるんですよ。すごいですよね(笑)。

(中澤有美子)わお!(笑)。

(安住紳一郎)もう白黒模様もはっきりして。まだね、白地のところは少し赤ちゃんらしいピンク色が残ってますけれども。パンダぶりが日に日に強くなっていて。動画も和歌山アドベンチャーで公開していますので、興味のある方はぜひご覧いただきたいと思いますが。

(安住紳一郎)そして、その赤ちゃんパンダの名前ですね。いよいよ応募の締め切りが迫っているということです。和歌山で生まれたパンダは南紀白浜の「浜」の漢字1文字をかならず使うというのが通例になっていまして。過去17頭全てに「浜」の字がついています。そして11月に生まれた赤ちゃんパンダもファンの間では既にもう「ベビ浜(べびひん)」という名前、通称がついていて。「ベビ浜、ベビ浜」っていう風に。ベビーちゃんの「ベビー」で「ベビ浜(べびひん)」って呼んだりするんですね。

で、ベビ浜にいよいよ本当の名前がつくということで、名前の募集の締切が明後日ですか。23日、春分の日の火曜日ということです。昨年末から募集が始まっていまして、随分とぎりぎりだなとお思いの向きもおありでしょうが……この名前の予想に関しては私たち、実は一日の長があります。最近ね、コロナでラジオを聞き始めたという方はよく聞いていただきたいと思いますけども。

私たちは名前の予想を何年前からやってると思いますか? ねえ。最近はパンダの名前募集とか、予想とかの特集記事などを各メディアとかブロガーの皆さんたちの記事なんかでもよく見かけると思いますけれども。結構最近のことなんですよね。私たちはまだ、ほとんど誰もやってない頃からやっていたという自負がありますよ。何年前からやってると思いますか? しつこいですけどね。12年前からやってるんですよ!

(中澤有美子)アハハハハハハハハッ! わあ、干支一周した(笑)。

(安住紳一郎)干支一周しているんですよね! まあ、いかに成長してないかということも分かりますけれども。同じことやってるんですけれども。なのでむしろ、もう他のメディアは私たちの出方を注視しているという……恐るるに足りませんね。私たちの手にかかれば予想など2日あれば十分ですね。

(中澤有美子)アハハハハハハハハッ!

(安住紳一郎)ねえ。最近はね、いろいろ、「名前の予想」と言ってもこれまでは有識者やら関係者の皆さん方がいくつかある候補の中から名前を選ぶということだったんですが。最近はこのイベント、とても楽しいものだとたくさんの人が気づきまして。たくさんの方が楽しみにするイベントになりましたので、最近は応募の多かった名前を4つ、5つぐらい最終候補に残して。そしてその中で2回目の投票をやって、一番投票の多かった名前、たくさんの人が支持した名前に決まるっていうことがここ3年くらいですね。

上野動物園のリーリーとかシャンシャンの名前は別に得票が上位だから選ばれたわけじゃなくて。やはり最終的には動物園の関係者の皆さん方がいろいろな、これまでの経緯などを勘案して決めるということだったんですが。和歌山は最近は純粋な人気投票になってますのでね。またたくさんの皆さんが興味を持って投票しているということなのかもしれませんが。なので少しね、予想の仕方も変わってきたということなんですが。どうでしょうかね? 和歌山のパンダ。上野のパンダに比べまして、関東の皆さんはそこまで興味がないというところはあるかもしれませんが。

和歌山の新しい赤ちゃんに名前が付くということで。少し予想してみてはいかがでしょうか? これから私たちの予想の立て方、これを一部始終、皆さんお見せいたします。真似するなら、していただいても結構です。ただ、なかなかね、12年の歴史。そう簡単に盗めるとは思いません。私たちの予想の基本というのはですね、ネットワークを使うんですね。怖いくらいの団結を見せる人の繋がり。これをいつも予想の基本としています。

これまでの12年に及ぶ活動の中で共闘してきた、共に戦ってきたパンダ仲間がそれぞれ各地で活動をしていまして。「ここぞ!」という時、その自分の持ってる情報とか、ひらめきとか、最近のモードなどなど私たちに伝えてくれるんですね。そのネットワークを持っているということなんですね。これは全国各地。さらには世界に及んでいるネットワークがあるんですね。私はその人たちから情報を得て、最終的に自分のアイデアを練り上げ、まとめ上げているという経緯があります。

ただですね、普段は連絡を取らない人たち。年賀状のやり取りすらないメンバーがここぞという時に力を貸してくれる。まあ、一方的に借りてるって感じなんですけども。皆さんのその優しい気持ちにおんぶ、おぶさっているっていう感じだけなんですけどもね。私は「スリーピングスパイ」と呼んでるんですが。普段、何食わぬ顔をして生活しているですけれども、ある日突然、「あなたの隣人が実はパンダスパイだった」みたいな。

(中澤有美子)アハハハハハハハハッ!

隣人が実はパンダスパイ

(安住紳一郎)そういうことなんですよ。いや、これはね、あんまりみんな公表してない人たちばっかりなんですよ。で、「じゃあちょっと予想を立てます」っていう時に集まって。ちょっとそれぞれのアイデアをお互いに開陳し合って。そして決めて精査していくみたいな作業なんですけどね。あ、皆さん聞いてくださってますよね? どうでもいいですか?

(中澤有美子)「スリーピングスパイ」?(笑)。

(安住紳一郎)スリーピングスパイっていますでしょう? 普段はスパイ活動をしてないんだけれども。

(中澤有美子)市井にいて?

(安住紳一郎)市井に完全に紛れ込んでるんですよ。で、呼ばれない限りはずっと、言わばその眠った状態で活動をしていて。ここぞっていう時にだけプッとやるんですよね。だからパンダが生まれなければずっとスリーピング状態なんですよ。何食わぬ顔して普通に生活しているんだけれども、「あらら? 『日曜天国』でまたパンダの名前を予想するんだ」っていう時だけムクッと起きて連絡をするみたいな。「お父さん、今日の日曜日、いないね」っていうことになるんですよね。『ゴルゴ13』っていう漫画をご存知ですか?

(中澤有美子)はい(笑)。

(安住紳一郎)世界最強スナイパーね。イデオロギーに左右されることがない、依頼があれば誰からの殺人依頼でも応えるっていう凄腕スナイパーですけども。漫画の話ですよ? スナイパー、ゴルゴ13への連絡方法って知ってますか? マニアックですよね。連絡方法は刑務所にいる終身刑を食らっているマーカス・モンゴメリーっていう囚人が看守に頼んで宗教放送『宗教の時間』に讃美歌13番をリクエストするんですよ。そうすると、その『宗教の時間』放送というラジオに賛美が13番が流れて、翌日の新聞に「G13型トラクター商談に応ず」という広告が出ると、それをゴルゴ13が見つけて依頼者に連絡するんですよね。

(中澤有美子)へー!

(安住紳一郎)なんとなく、秘密組織めいた連絡方法でドキッとしますよね。私たちパンダメンバーも実は秘密裏の連絡方法で連絡を取り合ってるんです。

(中澤有美子)ええーっ?

(安住紳一郎)どうでもいいですか?(笑)。

(中澤有美子)わかりづらい方法で?

(安住紳一郎)わかりづらい方法で。いろいろね、ほら。最近、個人情報とかうるさい時代だから。あんまり頻繁にこっちから連絡取っちゃいけないから。一方的に連絡を待ってるんですよ。実はですね、パンダ団との連絡方法は……えっ、どうでもいい?(笑)。

(中澤有美子)「パンダ団」(笑)。

(安住紳一郎)パンダ団との連絡方法は……。

(中澤有美子)言っちゃっていいの?

(安住紳一郎)そうです。これ、過去に連絡を取り合ったことがありますから。AM954キロヘルツの放送、即ちこの放送。TBSラジオで『かわいいパンダの赤ちゃん』っていうマニアックな曲があるですが。これが流れたら、パンダ団のメンバーは事前に知らせてある電話番号にダイヤルする仕組みになっています。

(中澤有美子)フフフ、嘘!?(笑)。

(安住紳一郎)ただ、この生放送の『かわいいパンダの赤ちゃん』というリクエスト曲を聞き逃した場合は、スリーピングスパイは起きないわけです。

(中澤有美子)でしょう?

(安住紳一郎)ですです。『かわいいパンダの赤ちゃん』っていうリクエスト曲はね、なかなかないんですよね。たぶんほとんど聞いたことがない。これがね、さりげなくBGMとかに使われてる時があるんです。そうすると、私のところに連絡が来るんですよ。「なんでしょう?」っていうね。パンダ御庭番的な人が来るわけですよ。いやー、どうです? 気持ち悪いでしょう?

(中澤有美子)にわかに信じがたい……(笑)。

(安住紳一郎)にわかに信じがたい。最後に連絡を取ったのはもう4年前なので、もう誰も聞いてないかもしれませんけれども。各団員、それぞれ元気にしてくれたらいいんですけどね。そして今もなお、パンダのネーミングに対して欲求があるかどうかですよね。「もういい」ってなっていたらたぶん電話はかかってこないと思うんですけども。私たちがどういう風にパンダの名前を予想しているのか?

具体的なね、候補名については今日は放送でお伝えすることはできません。まだ明後日まで募集中なので、私たちの放送が趨勢に影響してしまっては、私たちの意図するところではなくなってしまうので。少し抽象的な話に終止してしまうかもしれませんが。予想の立て方はぼんやりとではありますが、少しは分かるかなとは思います。まあ、電話が来ればの話ですけれどね(笑)。やってみますか?

(中澤有美子)やってますの? 今?

(安住紳一郎)今。ねえ。聞いたことないですもんね。『かわいいパンダの赤ちゃん』っていう……たぶんYouTubeとかで検索しても一切出てきませんよ。この曲は。連絡しちゃうから。

(中澤有美子)そうかそうか……。

(安住紳一郎)まず、ないから。私が唯一、カセットテープで1本、持っていますから。ちなみにこのカセットテープ、上野公園のある売店にだけ売られてるカセットテープなんですよ!

(中澤有美子)本当っぽい!(笑)。

(安住紳一郎)本当っぽいでしょう? で、常にね、在庫が1本だけ置かれてるんですよ。だから連絡を取りたい人はね、このテープを買うしかないんですよ。

(中澤有美子)怖いよ!(笑)。

(安住紳一郎)どこまで本当の話だと思います?(笑)。

(中澤有美子)本当に(笑)。

(安住紳一郎)『かわいいパンダの赤ちゃん』。それではリクエスト曲、お聞きください。

『かわいいパンダの赤ちゃん』が合図

(『かわいいパンダの赤ちゃん』が流れる)

(安住紳一郎)(しばらく曲が流れた後で)かかってこないね?

(中澤有美子)えっ、そうなの? そういうこと? ダメっていうこと?

(安住紳一郎)あれ? これがお知らせのキーワードなんだけどな……。

(中澤有美子)アハハハハハハハハッ!

(安住紳一郎)まあ、待ちますか。これ、歌は5番までありますから。

(電話が鳴る)

(安住紳一郎)おおっ! びっくりしちゃったよ、自分が(笑)。

(中澤有美子)びっくりした(笑)。

(安住紳一郎)はい、こちらパンダ本部。お名前をどうぞ。

(しろふわこ)はい。しろふわこです。

(中澤有美子)本当だ!(笑)。

(安住紳一郎)ふわこ同志、お久しぶりじゃない!

(しろふわこ)お久しぶりです(笑)。

(安住紳一郎)元気?

(しろふわこ)元気にしています。ありがとうございます。

(安住紳一郎)ドキッとしたよ(笑)。久しぶり! 嬉しい、元気にしてた?

(しろふわこ)はい。ありがとうございます(笑)。

(中澤有美子)懐かしい声!

(安住紳一郎)懐かしいじゃない! シャンシャンの時以来だね。

(しろふわこ)そうですね。その際はお世話になりました。

(安住紳一郎)こちらこそ。NHKの『ニュースウオッチ9』への攪乱作戦もお見事だったよ?

(しろふわこ)アハハハハハハハハッ! おかげさまで(笑)。

(安住紳一郎)嬉しいよ。ありがとう! 今日、聞いててくれたんだ。

(しろふわこ)はい。もちろん聞いてました。

(安住紳一郎)最高だよ!

(中澤有美子)工作員(笑)。さすが。

(安住紳一郎)「なかなかパンダの命名の話、しないな」って思ってた?

(しろふわこ)そうですね。「今回はどうなんだろう?」と思いながら聞いてました。

(安住紳一郎)よかった、よかった。少し懐かしい話もしたいところなんだけど。早速今回の件について、少し意見を聞かせてくれる?

(しろふわこ)はい。わかりました。今回なんですけれども、いつもをやっているんですが、明治安田生命の人気名前ランキングを安住さんの教えに従ってかならずチェックをするんですけれども。そこからまず、ひとつ候補を選びました。

(安住紳一郎)うんうん。

明治安田生命の人気名前ランキング

(しろふわこ)その他には、安住さんの過去の予想の中から当たるんじゃないか?っていう説を私は持っているので。過去の安住さんの2014年ぐらいからのものを遡って。そこから6つ、候補を出しまして。あと、今回初めて見たのが、明治安田生命の名前の人気漢字ランキングというものがあったので、そこも見て。そこから4つ、候補を挙げました。

(安住紳一郎)名前じゃなくて漢字の方に行ったんだ。

(しろふわこ)そうですね。もう漢字一文字なので、そこから行けるんじゃないかなって思いました。

(安住紳一郎)さすがだね、ふわこ同志! ふわこ同志は理論詰めだからね! いいよね!

(しろふわこ)すいません、ちょっと気持ち悪くて(笑)。

(安住紳一郎)ううん。お互いさま。

(中澤有美子)アハハハハハハハハッ!

(安住紳一郎)そうか。じゃあ、11ぐらいに絞ったっていうこと?

(しろふわこ)そうですね。あとは、街を歩いていて漢字を見たらとりあえず「浜」をつけてみるっていうのもやっています。

(安住紳一郎)ああ、街で見かけた気になる漢字に「浜」をつけてみる? もう、病気じゃない!

(しろふわこ)アハハハハハハハハッ!

(中澤有美子)最高だ!(笑)。

(安住紳一郎)そうか。最終的にはひとつ、2つに絞った?

(しろふわこ)そうですね。ただ最近、ちょっとこうやって考えすぎて、逆にそれで撃沈しているのがここ数年なので。もう初心に戻って、自分の勘を信じようかなと思っています。

(安住紳一郎)さすがだよね! 最終的には今回、1人ひとつだもんね。

(しろふわこ)そうなんですよね。すごく今回、難しい。

(安住紳一郎)難しいよね、今回ね。絞り切れないなっていうところはあると思いますけど。さっきの名前ランキングと過去予想と漢字のランキングから行くと、あんまりいいのが来ないでしょう?

(しろふわこ)ああ、実はそうなんですよね。そうなんです。意外と使われてしまってるものが多いなっていうのが今回の悩みです。

(安住紳一郎)ですよね。だから過去の例から挙げていくと、ちょっと例が出きっている感じがするんですよね。うんうん。じゃあ、ちょっと横の方から持ってくる感じ?

(しろふわこ)そうですね。それ以外にもうひとつ、説を考えたので。それに従って新しい候補も実は4つぐらい、考えています。

(安住紳一郎)何説?

(しろふわこ)音……音をいろいろ、「○○浜」っていう音を平仮名の表で当てはめて。それで行けそうな音を出すっていうをやってるんですけど。

(安住紳一郎)なるほど。1文字目の漢字の母音っていうこと?

(しろふわこ)そうですね。漢字の1文字目を考えています。

(安住紳一郎)さすがだよ、ふわこ同志! そこまで行った?

(しろふわこ)フフフ(笑)。

(安住紳一郎)ひらがなにすると4文字になる、その頭の2文字だよね。そのパターン化っていうことでしょう?

(しろふわこ)そうですね。2文字目まで。過去パンダの名前からパターンを出してみて。そこに合う1文字目っていうのを考えるっていうのを今、やっています。

(安住紳一郎)いやいやいやいや……っていうことはあれだ。秋浜、隆浜、梅浜、永浜、海浜、陽浜、桜浜、桃浜、結浜、彩浜って。このあたりから共通項を見出していくっていうことね?

(しろふわこ)そうですね。規則性をちょっとそこから。

(中澤有美子)へー!

和歌山パンダの名前の法則

(安住紳一郎)はっきり言っちゃうと、2文字目が「い」か「う」っていうことでしょう?

(しろふわこ)そうです、そうです。おっしゃる通りです(笑)。

(安住紳一郎)出ました! 「おっしゃる通りです」(笑)。

(しろふわこ)フフフ(笑)。

(安住紳一郎)ふわこ同志、変わっていない! 嬉しいわー!(笑)。

(しろふわこ)ずっと変わらずこんな感じで(笑)。

(安住紳一郎)ううーっ、最高! もうちょっとね、過去の手柄話の余韻に浸っていたいんだけど。時間がないので失礼するよ。

(しろふわこ)はい。どうもありがとうございました。

(安住紳一郎)ありがとうね!

(しろふわこ)はい。失礼します。

(安住紳一郎)嬉しい! バイちゃ!

(中澤有美子)ありがとうございます!

(電話を切る)

(安住紳一郎)くぅーっ!

(中澤有美子)しびれる!

(安住紳一郎)しびれるでしょう? 本当、最高だよね。

(中澤有美子)最高ですね!

(安住紳一郎)ふわこ同志に敬礼!

(中澤有美子)はいっ!(笑)。

(電話が鳴る)

(安住紳一郎)来た来た来た(笑)。

(中澤有美子)アハハハハハハハハッ!

(安住紳一郎)嬉しいよ。わしゃ、嬉しいよ……(笑)。

(中澤有美子)フフフ(笑)。

(安住紳一郎)はい。こちらパンダ本部。お名前どうぞ!

(森のゆきき)森のゆききです。

(安住紳一郎)ゆきき同志! くぅーっ!

(森のゆきき)お久しぶりです(笑)。

(安住紳一郎)ご無事だった!?

(中澤有美子)ご無事でなにより!(笑)。

(安住紳一郎)元気?

(森のゆきき)元気です(笑)。

(安住紳一郎)ごめんね。元気? よかった! 森のゆきき同志はさ、結浜と彩浜を当ててるもんね!

(森のゆきき)はい。そうなんです。

(安住紳一郎)早速、今回の考察と意気込みをお願いします!

(森のゆきき)はい。前回の彩浜命名時の決選投票では「夢浜」「舞浜」の得票数が少なかったので、今回も「訓読み+浜」の名前が登場するのはもう少し先かなと判断しました。

(安住紳一郎)真面目か!(笑)。最後の決選投票は「彩浜(さいひん)」「恵浜(けいひん)」「舞浜(まいひん)」「夢浜(ゆめひん)」だったもんね。だから「音読み・音読み」の方が上位2つに行ったってことね。

(森のゆきき)はい。また、アドベントワールドのホームページに今、掲載されてますの「未来への希望」とか「命のバトン」っていう言葉がヒントになるのかなとも思ったんですけれども。最終的には、やっぱり複数候補の中から決選投票で決まるので。ある程度、人気のあるかわいらしい字面で読みやすい漢字を選ぶことにしました。

決選投票を考慮

(安住紳一郎)さすが。和歌山、最近は決選投票やってるんだよね。で、4つか5つの候補をパッと見せられて「じゃあ、どれがいいですか?」って全員に聞くシステムだから。字面がかわいいのと、パッと見て子供でも大人でも読めるものがいいってことだよね。

(森のゆきき)はい。そうですね。それで毎回チェックしてます明治安田生命の赤ちゃんの名前ランキングに加えて、今回は常用漢字と人名漢字の一覧も確認済みです。

(中澤有美子)それは幅広く……。

(安住紳一郎)ピンと来た?

(森のゆきき)はい。

(安住紳一郎)来ちゃった?

(森のゆきき)そうですね。来ました。

(安住紳一郎)候補はもう、ひとつに絞っている?

(森のゆきき)今、3つまで候補を絞っているところで。その3つがですね、季節にちなんだ名前と、幸せそうな感じの名前と、それから中国語の意味でも愛されそうな感じの名前を選んで。その3つの中からちょっと今、残り少ないんですけど。考え中です。

(安住紳一郎)さすがだよ、ゆきき殿!

(森のゆきき)ありがとうございます。

(安住紳一郎)やっぱりね……今のところ、季節。それから幸せ。そして中国語の意味でもピンとくるもの。この中で、どれが有力だと考えてます?

(森のゆきき)そうですね。うーん……ちょっと本当にどれもイメージ的にいい感じで。まあ音、響きもそうですね。やっぱりいい感じなので。でもなんか、うーん。季節にちなんだ名前はやっぱり、その近年の人間の赤ちゃんの名前としても人気の漢字ではあるので。

(安住紳一郎)わかる! 私も季節プラス中国語でいい意味のものがひとつ、あるでしょう? 漢字。あれ、行けるんじゃないかな?って一瞬、見ているんだけども。でも、4候補に残った時にちょっと地味に映るんだよね。

(森のゆきき)はい。

(安住紳一郎)迷うよねー!

(森のゆきき)迷います、迷います。

(安住紳一郎)わかる! ゆきき同志、もう少し昔話をしたいところだけど、時間なんだ(笑)。

(森のゆきき)はい(笑)。

(安住紳一郎)いやー、嬉しいよ。連絡くれて。

(森のゆきき)私もとても嬉しいです。ありがとうございます。

(安住紳一郎)ありがとうございます。では、失礼します!

(中澤有美子)お元気で!

(森のゆきき)はい。失礼します。

(電話を切る)

(安住紳一郎)くぅーっ! ゆきき同志に敬礼っ!

(中澤有美子)敬礼っ!

(電話が鳴る)

(中澤有美子)あっ、来たっ!(笑)。

(安住紳一郎)はい。こちらパンダ本部。名前をどうぞ!

(貧血コアラ)パンダJAPAN、背番号10、ミッドフィルダー、貧血コアラです!

(安住紳一郎)貧血コアラさん、弟元気?

(貧血コアラ)はい。元気にしています(笑)。

(安住紳一郎)コアラちゃんは相変わらず声がかわいいけど、全然当たらないんだよね(笑)。

(中澤有美子)アハハハハハハハハッ! 惜しいんですよね(笑)。

(安住紳一郎)どう? もうだいぶ絞った?

(貧血コアラ)はい。絞りました。

(安住紳一郎)本当? またちょっとポップでハッピーでポカンとした名前をつけてるんじゃないの?

(貧血コアラ)いやいやいや(笑)。ちょっと今年は……去年からちょっと不安なニュースが続いてるので。皆さんがほっこりするような、優しい女性的な、「これだ!」っていうので決めました。

(安住紳一郎)あららら。本当? 自信ありそうだね。

(貧血コアラ)あります!

(安住紳一郎)最近は命名実績はどう?

貧血コアラさんの命名実績

(貧血コアラ)そうですね。ちょっとパンダでゴールを決めたことはないんですが。伊勢シーパラダイスの双子のツメナシカワウソの赤ちゃんに「クークー」「ネルネル」で応募したのと……(電話が切れる)。

(安住紳一郎)あらっ、いやん! コアラちゃん。ちょっと1回、電話を切りますね。そう。コアラさんね、かわいい声なんだけども、全然当たらないのよ。

(中澤有美子)フフフ(笑)。

(安住紳一郎)でも、こうやってみんなから連絡もらって嬉しいね。

(中澤有美子)そうですね。

(電話が鳴る)

(安住紳一郎)コアラちゃんかな? はいはい。パンダ本部です。

(貧血コアラ)あ、すいません。貧血コアラです。

(安住紳一郎)あ、コアラちゃん。どうも。最近、命名はどう?

(貧血コアラ)そうなんですよ。ちょっとパンダでは実績を上げていないので、近所の顔なじみの野良猫にですね、タイツ柄の猫には「タイツ」。耳が欠けている猫には「耳欠け」とかっていうのをつけたりはしてます。自主練はしています。

(中澤有美子)フフフ(笑)。

(安住紳一郎)はい、わかった! ありがとう(笑)。じゃあ1回、電話を切るね(笑)。

(貧血コアラ)はい(笑)。

(安住紳一郎)ありがとう!

(貧血コアラ)失礼します(笑)。

(安住紳一郎)失礼します(笑)。

(電話を切る)

(安住紳一郎)近所で見かける猫に名前をつけて自主練しているって。素晴らしい!

(中澤有美子)筋トレは怠らずに(笑)。

(安住紳一郎)怠らないっていうね。素晴らしいですよ。ねえ。いやー、たくさん、皆さんからこういう情報が集まって。素晴らしいでしょう?

(中澤有美子)素晴らしいですね。

(安住紳一郎)こうやってね、アイデアを精査していくということなんですね。

(中澤有美子)へー!(笑)。

(中略)

(安住紳一郎)入間市の女性の方からのメールです。

(電話が鳴る)

(安住紳一郎)あっ、失礼いたしました。ちょっと電話がかかってきました。

(中澤有美子)この曲(『かわいいパンダの赤ちゃん』)ですもんね。

(安住紳一郎)やっぱりこの曲だって気づいちゃったみたいです。失礼しました。はい。パンダ本部です。お名前をどうぞ。

(完熟マンゴー)完熟マンゴーです。

(安住紳一郎)完熟マンゴーさん!

(中澤有美子)まあ!

(安住紳一郎)あらららら、お久しぶりです。

(完熟マンゴー)ご無沙汰しています(笑)。

(安住紳一郎)ご無沙汰しています。少し懐かしい話もしたいところなんですけれど、早速和歌山のパンダの名前の予想なんですけど。少しお考えをご開陳いただけます?

完熟マンゴーさんの名前予想

(完熟マンゴー)私は結浜の時も彩浜の時もインスピレーションで降りてきた名前をつけて成功をしているので、今回もそんな感じで考えました。

(安住紳一郎)そうですか。具体的に候補はいくつぐらいに絞ってますか?

(完熟マンゴー)候補は今、2つありまして。ひとつは、今、世界中が先の見えない闇に包まれる中で、まるで冬の終わりに土から芽吹く草花のように世の中を明るく幸せな気持ちへいざなってくれて、包み込んでくれるような元気な女の子に成長してくれることを願って考えた名前です。

(安住紳一郎)2つ目は?

(完熟マンゴー)2つ目は最初、男の子ということでインスピレーションを受けて。それが捨てきれずに悩んでいる名前で。こちらは世界中がやはり先の見えない闇に包まれる中で、世の中を明るく照らしてくれて、寄り添ってくれて、見る人の心に元気を与えてくれるような女の子に成長してくれることを願って考えた名前です。

(安住紳一郎)なんか両方とも、似てませんかね?

(完熟マンゴー)そうですか? でもですね、先ほど他の諜報員の方……しろふわこさんと森のゆききさんが仰っていた、「い」と「う」で終わる文字だったり。あとは季節感だったり、中国的なイメージっていうのに2つとも当てはまっているんので。「これは行けるかな?」と思っています。

(安住紳一郎)でもマンゴーさんは「世界中が先の見えない闇に包まれる中」って読みたいだけじゃないですか?

(完熟マンゴー)フフフ(笑)。

(中澤有美子)いいお声で言われると、やっぱりいいですね。

(完熟マンゴー)世界が明るくなってくれるといいなというイメージですね。2つとも。

(安住紳一郎)うーん。マンゴーさん、大丈夫かな、今回。

(完熟マンゴー)どうでしょうか(笑)。

(安住紳一郎)自信、ありますか?

(完熟マンゴー)私は今、パンダJAPANの戦いを楽しんでいます!

(安住紳一郎)もう……自分の仕事を隠そうともしていない!

(中澤有美子)アハハハハハハハハッ! 説得力ある!

(安住紳一郎)そうですか。お元気そうで何よりです。

(完熟マンゴー)ありがとうございます(笑)。

(安住紳一郎)『呪術廻戦』、楽しみにしてます。

(完熟マンゴー)ありがとうございます(笑)。

(安住紳一郎)じゃあ、失礼します(笑)。ありがとうございます。

(完熟マンゴー)失礼いたします。ありがとうございました。

(電話を切る)

(安住紳一郎)もう、お気づきですか? お気づきですよね? ネットで調べてみてください。本物の人なんですよ(笑)。

(中澤有美子)本当に(笑)。さすがですね。

(安住紳一郎)ねえ!

完熟マンゴーさん=声優・田中敦子さん

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
安住紳一郎の日曜天国
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました