スポンサーリンク

chelmico RIP SLYMEから受けた影響を語る

chelmico RIP SLYMEから受けた影響を語る chelmicoの でも、まだ土曜日
スポンサーリンク
スポンサーリンク

chelmicoのレイチェルさんとマミコさんが2020年1月11日放送のTBSラジオ『chelmicoの でも、まだ土曜日』の中でラップを始めたきっかけについてトーク。RIP SLYMEから受けた影響などについて話していました。

(Rachel)そういえば、ちゃんとchelmicoのこと、話してないよね?

(MAMIKO)フフフ、話してない! 全然話してない(笑)。

(Rachel)全然わかっていないよね?

(MAMIKO)chelmicoのこと、わかってもらいたい。マジで。

(Rachel)今の状態だと、曲は聞いてもらってるけれども……。

(MAMIKO)でも、本当にわからないよね? なんかずっとしゃべっているっていう……。

(Rachel)トークも「なんかしゃべってんなー」っていう……。

(MAMIKO)だからちゃんとchelmicoのことを話しましょうよ。まず、ラッパーです。

(Rachel)ラッパーです!

(MAMIKO)改めて。2人組でやっています。友達同士でやってるよね?

(Rachel)そう! 友達同士で、やってます!

(MAMIKO)フフフ、同じことをもう一度、言っていただいてありがとうございます。

(Rachel)えっ、なぜラップをし始めたか……。そうだね。たしかに知りたいよね。

(MAMIKO)これはマミコのことをレイチェルが誘ってくれたんです。なんで誘ったの?

スポンサーリンク

ラップを始めたきっかけは『イエスマン』

(Rachel)なんで誘ったかっていうと当時、レイチェルが『イエスマン “YES”は人生のパスワード』っていう映画にハマっていて。その映画の内容が、言われたことに対して全部「イエス」って答えていく。それで主人公がいろいろなドタバタ劇に巻き込まれていくみたいな。それにめっちゃ影響を受けちゃって。「『イエスマン』、ヤベえな!」って思って。

(MAMIKO)フフフ、影響を受けやすいもんね?(笑)。

(Rachel)そう。結構すぐに影響を受けるから。その時のも『イエスマン』の影響を受けてて。全部「イエス」って答えていたの。多少気乗りしない飲み会とかも行ってたし。なんだろう? 全部「イエス」って答えていたの。やりたくないこととか。で、そういう風にやっている時にたまたま、「ラップやれば?」みたいな……。

(MAMIKO)えっ、大人から言われたの?

(Rachel)そう!(笑)。

(MAMIKO)まあでも、知り合いから言われたんだね。

(Rachel)そうそう。知り合いから言われて。「人々を集めて出し物をやる企画をやるから、レイチェルも出てくれないか?」って言われて。「いや、『出てくれないか』って言われても別にダンスもできないし、歌もできないし。1人じゃ何もできないですよ」「じゃあちょっとラップをやればいいじゃん」みたいな。何かたまたまその時、ラップが流行っていたし。

(MAMIKO)流行り始めた時とかかな?

(Rachel)そうかも。で、もう『イエスマン』にハマっていたから「イエス、はい」っていう風に答えて。

(MAMIKO)もともとラップは好きだったの?

(Rachel)ラップは、だからまみちゃんと出会ったきっかけにもつながるんだけど。RIP SLYMEが大好きで。カラオケで歌ったりとかするぐらいだったかな。そんな他のラッパーとかは別にその時はまだ詳しくなくて。っていうぐらいだったんだけど、「まあ、やってみるか」っていうことでOKして。それで……1人ではできないじゃん?

(MAMIKO)フフフ、いや、できるんだけどさ(笑)。けど、1人じゃ心細かったの?

(Rachel)そういうこと。緊張しちゃうから、なんかちょっと誰かいけないかな?って。それでそのまみちゃんとカラオケでRIP SLYME歌ってたりしてたから「ああ、まみちゃんだったらラップできるんじゃないかな?」って思って。もうその場でLINEをして。

(MAMIKO)そうそう。

(Rachel)そしたらまみちゃんが「OK」って。

スポンサーリンク

レイチェルがマミコを誘う

(MAMIKO)そう。もともと友達同士で。私とレイチェルで3つ、歳は差があるんですよ。で、その時に私が大学受験で18歳で。それで勉強している時にレイチェルからLINEで「ラップしない?」って一言きて。

(Rachel)うん(笑)。そうだったね。たしかに詳しく説明してなかったね。状況は。

(MAMIKO)「しねえよ!」って思っていたけど(笑)。別に勉強してたし。受験勉強中だったから。だけど、その勉強を一緒にしてた友達がね、ちょっとギャルっぽい子だったんだけど。「こんなLINEが来たわ」とか言って見せたらさ、「えー、いいじゃん? やっちゃいなよ!」って。「いいじゃん、いいじゃん」って。それで私もちょっとヤケクソの部分もあったので。受験勉強に(笑)。

(Rachel)そうだよね。ちょっと現実逃避したくなる……(笑)。

(MAMIKO)「なんで私、こんな勉強を……私、大学に行きたいのかな?」みたいな。

(Rachel)結構冬でね、佳境だったんだよね。

(MAMIKO)そう。思ってたから、もう「いいよ」とかって普通にLINEを返事して。そこからだよね。でも本当に2人ともカラオケでRIP SLYMEを歌うぐらいだったんだよね。

(Rachel)うん。自分たちでね、歌詞を書いたこともなかったし。

(MAMIKO)そうそう。それでそのレイチェルが誘われたきっかけであるそのイベントみたいなやつに2人で出て。でもそれは思い出作りというか。1回限りでもうおしまいだ、みたいな風に思ってたんだけど。

(Rachel)「出し物」っていう感じだよね。

(MAMIKO)だけど、結構反響があってね(笑)。

(Rachel)そうなんだよね! まあ、「結構反響があった」って思ってたけど、たぶんそんな……3人ぐらい?(笑)。

(MAMIKO)アハハハハハハハハッ!

(Rachel)親を含め3人ぐらい(笑)。すごいよね。すごい、でも「ああ、私、イケてるな。うちら、イケてるんじゃね?」みたいな。

スポンサーリンク

初めてのステージで「うちら、イケてるんじゃね?」

(MAMIKO)すごいでも楽しかったんだよね。今まで部活とか私、やったことなくてさ。何かに打ち込むことってなかったんだけども。結構……「いいんじゃないですか?」ってなって。手応え感じちゃって。それで始まったのがchelmicoだよね。

(Rachel)そう。だからその後もしばらくイエスマンが続いていたから、その初めての出し物的なラップをやったっていうことを知ってくれたシンガーソングライターの方が「私の企画ライブにも出てよ」みたいな風に言ってくれて。それも「はい」と答えて。それでまみちゃんもなんかね。

(MAMIKO)私はもう受験を普通に失敗して(笑)。

(Rachel)ああ、そうだ(笑)。失敗した後だったんだ(笑)。

(MAMIKO)そう。受験失敗しまして。浪人確定で。浪人をさせてもらって。ありがたいですね。本当に……。

(Rachel)ああ、ラッパーっぽい(笑)。

(MAMIKO)だけど浪人をしたのに、ラッパーになっちゃったからさ(笑)。本当に……その後にさ、一応大学に行くけども半年もしないうちに辞めているからね。

(Rachel)そうだよね。一瞬で辞めてたね。

(MAMIKO)一瞬で辞めちゃったよ。でも、よかったよ。今、ラジオもできてるしさ。

(Rachel)そうだね。曲とかいっぱい作ってね。

(MAMIKO)そう。「影響を受けたアーティスト」ってこれはもちろんRIP SLYMEだよね。

(Rachel)そうだね。やっぱりきっかけになってるアーティストだから。

(MAMIKO)ここの2人が仲良くなったのもRIP SLYMEきっかけだもんね。

(Rachel)うん。「リップ、好きなの?」みたいな。

(MAMIKO)普通の「好き」じゃないの。「ああ、本当にこいつ好きなんだ」っていう。

(Rachel)うん。たしかにね、「好き!」って言ってる人はもちろんたくさんいるけれども。そうじゃない。

(MAMIKO)「そこまで行ってるんだ!」っていうぐらいの好きの度合いで。それで仲良くなっていったよね。

(Rachel)まあ、一応夢小説の話もしておくか。

(MAMIKO)そうだね(笑)。

スポンサーリンク

RIP SLYMEの夢小説

(Rachel)夢小説っていう文化がありまして。まあ同人誌的なことなのかな? そのRIP SLYMEのファンの人が想像で、その「イルマリさんとデートする」とか。そういうのの物語をインターネットに上げてて。まあケータイ小説とかに近いのかな? で、自分の名前を打ち込むと、その名前で物語が進んでいくみたいな。主人公になれるみたいなね。で、「夢小説を読んでたよ」っていうね。

(MAMIKO)で、RIP SLYMEが好きで「私は夢小説を読んでいた」ってよく言えたよね。どっちか。

(Rachel)いや、たぶん言ったのは私だと思う。「夢小説も読んでたかんね!」って(笑)。

(MAMIKO)フフフ(笑)。サラッと言ったらバレないと思ったの?(笑)。

(Rachel)そうだと思う(笑)。

(MAMIKO)でも私もそれで「えっ、マジで? 夢小説を読んでたの? 私もイルマリとペスに奪い合われるやつ読んでたわ」って。同じのを読んでたっていう(笑)。

(Rachel)「その話、私も読んだことある!」みたいな。

(MAMIKO)それでそこから盛り上がったんだよね。だからchelmicoの曲とかも本当にリップに影響を受けてる感じだから、リップが好きな人とかはうchelmicoの曲をいいって思ってくれる可能性がある。

(Rachel)うん。ピンと来てくれる可能性がある(笑)。

(MAMIKO)聞いてなかった人もあると思う。好きになってくれたらいいな(笑)。

(Rachel)今でもね、本当にRIP SLYMEは好きだしね。

(MAMIKO)うん。本当にね。でも別に……「別に」というか、ラップをめちゃくちゃ聞いてたわけでもなくて。

(Rachel)他に何を聞いてた?

(MAMIKO)私はでも、あれだね。ロックかな。バンド系を聞いていたんじゃないかな。中高の時とかは。それこそ中学校の時とかってさ、ヴィレッジヴァンガードとか行ってさ、そこでかかっている曲とかを「かっけー!」みたいな。だからさ、その時とかは相対性理論とかさ、水中、それは苦しいとかさ、ミドリとかいろいろあったよね。

(Rachel)たしかに。そのへんが盛り上がってるタイミングだったかもね。うん。聞いてた、聞いてた。

(MAMIKO)あとはそれこそアジカンとかもね。そういうのを聞いてたかな。でも結構いろいろと聞いていたかも。パンクとかも好きだったし、ソウルとかも好きだったし。でもそういうさ、話が合う子があんまりいなかったんだよね。

スポンサーリンク

周りに音楽の話ができる人がいなかった

(Rachel)ああ、そうだね。私もそういう話はあんまり友達としたことがなかったかも。ずっと1人で三国志を読んでいた(笑)。

(MAMIKO)アハハハハハハハハッ! 本当に三国志、好きなんだね(笑)。

(Rachel)本当に友達もいなかったから。クラス、教室の最前線で……最前線? 最前列だ(笑)。

(MAMIKO)フハハハハハハハハッ!

(Rachel)あそこのこと、最前線って……切り込み隊長だと思っていたんだ、自分のことを(笑)。いま、気づいた(笑)。ずっと1人でさ、三国志を読んでいて。そしたらもうヤンキーとか「レイチェル、何してんの?」って話しかけられて(笑)。「レイチェル、なに読んでんの? 漫画読んでるの?」「あ、さ、三国志……」みたいな(笑)。

(MAMIKO)絡まれてるじゃん(笑)。

(Rachel)そう。めっちゃ絡まれて。「今日、すっぴん?」とかって(笑)。毎日、すっぴんだったから。メイクの仕方がわかんなくて(笑)。「三国志? 頭いいじゃん!」って(笑)。

(MAMIKO)フフフ、そいつバカだなー!(笑)。

(Rachel)結構ね、まあそんなに頭のいい学校じゃなかったらね。高校が。

(MAMIKO)でも面白いね。そのクラス。クラスメート、いいね。

(Rachel)いや、本当にバラエティ豊かなクラスだったから。うん。ちょっと話が逸れたけども。音楽の話、しよう(笑)。

(MAMIKO)でもそれでめっちゃさ、音楽の話で趣味があったのがレイチェルだったんだよね。

(Rachel)そうだね。初めて。なんか嬉しかったな。

(MAMIKO)「これも聞いてるの? えっ、あれも聞いてるの?」みたいな。

(Rachel)それで聞いてなかったやつも「えっ、私これ、好きだわ」ってお互いに思ったりとかね。

(MAMIKO)そうなんだよね。よかったよね。あれは。

(Rachel)じゃあ、私たちが大好きな曲を聞いていただきたいと思います。RIP SLYMEで『ミニッツ・メイド』

スポンサーリンク

RIP SLYME『ミニッツ・メイド』

(Rachel)いやー、RIP SLYMEいいね!

(MAMIKO)やっぱり本当にいつ聞いてもかっこいいわー!

(Rachel)いつ聞いてもイントロの一音目でテンションがマックスまで持っていかれます。

(MAMIKO)マジでこれはすごい。かっけーっす、マジで!

(Rachel)憧れ続けているね。

(MAMIKO)いい曲だわ、本当に。

(一同)はぁ~。

(MAMIKO)フフフ、思いを馳せちゃった(笑)。

(Rachel)そうだね。ちょっといろいろなことを考えちゃった(笑)。

(MAMIKO)いろんなことを思い出したりして。すいませんね(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました