大槻ケンヂと吉田豪 ラストアイドルを語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 72
スポンサーリンク

大槻ケンヂさんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんと共演した番組ラストアイドルについて話していました。

(吉田豪)そうだ。あとラストアイドルについて聞いておかないとですよ。

(大槻ケンヂ)ああ、ラストアイドルね。あれは僕はいまは審査員をやっていないんだけども。

(吉田豪)まあ、いまはその時期じゃないですもんね。

(大槻ケンヂ)そうなの?

(吉田豪)いまはバラエティ番組期ですね。

(大槻ケンヂ)でもラストアイドル、まだCDを送ってくださるんですよね。ラストアイドルさ、あれは審査をするんだけど、すごいんだよね。結構さ、伊集院光さんが司会の時代か。

(吉田豪)ファーストシーズン。

(大槻ケンヂ)ユースケさんのセカンドシーズンもちょっと出たんだけど。いやー、もう、結構撮りが割と尺を撮るんだけど……結構、俺なんかはお客さんがいっぱい観覧でいるから、面白いことを言って盛り上げなきゃっていう感じで。

(吉田豪)サービス精神でね。

(大槻ケンヂ)っていうのがあるんだけど。全部カットされているんだよね。

(吉田豪)緊張感がほしいんですよ。笑いがほしいんじゃなくて(笑)。

(大槻ケンヂ)全部カットされているんだよ。俺、結構面白いことを言っているんだけどさ。

(吉田豪)一緒に出た時、それは思いました。

(大槻ケンヂ)プロレスネタとかをガンガン入れて。それに戸惑うアイドルの子とか、俺は面白いと思ったんだけど。全部カットされて。使われる部分は使われて。でも、それが審査で言うと、落としちゃった子にも恨まれるし。落としちゃった子のファンにも恨まれて。なんか……あんまり得しないんだよね。

(吉田豪)フフフ(笑)。

(大槻ケンヂ)あの番組、豪ちゃんだけだよ、得したの。

(吉田豪)あれ、得なんですかね?

(大槻ケンヂ)得ですよ。

(吉田豪)炎上した人は何人かいたわけですけども。いちばん炎上して僕がなんか……最近、すごい言われるのは「ラストアイドルとは吉田豪だ」っていう。「ラストアイドルでいちばん売り出しに成功したのは吉田豪だ」っていう。

(大槻ケンヂ)そうだね。うん。そうだよ。ラストアイドルとは吉田豪だったんだよ。

(吉田豪)フフフ、それでいいんですか?(笑)。

(大槻ケンヂ)いいと思う。UWFはターザン山本だったし。

(吉田豪)フハハハハハハッ! 「Uはお前なんだよ」っていう(笑)。

(大槻ケンヂ)「Uはお前なんだよ」ですよ。そうだと思うよ。

(吉田豪)そうなのかな?

(大槻ケンヂ)あれ、長月翠ちゃんとか、元気?

(吉田豪)元気ですよ。

(大槻ケンヂ)「元気?」って俺が言うあれでもないけど(笑)。

(吉田豪)まあ結果、メンバーの中でいちばん得したのは間違いなく彼女で。1回僕が落とし。で、明らかにもったいない素材だから何度も復活というか。まあ、僕が勝たせた子が辞めちゃったことで復活バトルがあり。そして兼任にもなりで、結果いちばん露出も多く。

(大槻ケンヂ)そうだね。あの子もいいよね。かわいいし。

(吉田豪)反射神経がいいですからね。毒を吐けるし。表情が本当に……プロレスができるんですよね。マクマホン一家みたいな顔芸ができるんですよ。

(大槻ケンヂ)マクマホン一家か(笑)。

スポンサーリンク

長月翠さんはマクマホン一家のような顔芸ができる

(吉田豪)僕がファーストコンサートのゲストで呼ばれて。で、僕が審査しますみたいなことを言われた瞬間の顔とかが本当に絶妙でしたね。

(大槻ケンヂ)見た! その時、いたいた。

(吉田豪)ああいう顔芸が本当にちゃんとできる。

(大槻ケンヂ)顔芸がね。

(中略)

(吉田豪)(コメントを読む)「ラストアイドルでいちばん気になっている子は誰ですか?」。

(大槻ケンヂ)いや、俺はその現場を離れちゃったからさ。なんだっけな? 大人っぽい子、いたよね。すごいざっくりしているな……。あの子、元気かな? なんつったっけ。あとで調べておくね。ラストアイドルの子だよ。

(吉田豪)はいはい。ラストアイドルがバラエティ路線になっておぎやはぎが司会になって。

(大槻ケンヂ)えっ、そうなの?

(吉田豪)そうなんです。それも知らないですか?

(大槻ケンヂ)全然知らない。

(吉田豪)誰がいちばんバカかを決めるようなやつとか、そういう完全バラエティ路線になって。

(大槻ケンヂ)ああ、じゃあちょっとおバカキャラで売っている大人っぽい子……(笑)。

(吉田豪)なんですか? その雑な話(笑)。でも、だからキャラがまだそんなに立っていなかったから、それでキャラを深めるみたいな段階なんだと思うんですよ。

(大槻ケンヂ)ふーん。

(吉田豪)で、この前、僕にひさしぶりにオファーが来て。「料理対決の審査員をやってください」って言われて。「ああ、いいっすよ」って言った後で気づいたんですよ。「あれ? 僕、食えないものが相当あるぞ」って思って。「大丈夫ですか?」って聞いたら、「ええと、今回は二期生が吉田さんにお世話になったということで、カツ丼対決をします」って言われて。「あれ? 僕、一応軽く菜食主義みたいな感じなんですけど……」っていう(笑)。「まあ、食べれないことはないんで、やります」っていうことで。だからこの前の土曜日は僕がひどい作りのカツ丼を3つ、食べるっていう。

(大槻ケンヂ)誰が作ったの?

(吉田豪)ええと、佐々木一心さんとか、あのへんわかりますかね? 二期生は。

(大槻ケンヂ)二期生、わかんない。

(吉田豪)わからないですかね。そう。結構過酷な……全く火が通っていない分厚い豚肉とかを食べさせられる地獄っていう(笑)。

吉田豪(菜食主義者)カツ丼地獄

(大槻ケンヂ)豪ちゃんも手広くやっているね!

(吉田豪)フハハハハハハッ!

(大槻ケンヂ)手広いなー! そのうち、もう芸能界に巻き込まれているの?

(吉田豪)だからそのラストアイドルで秋元康さんに気に入られて。秋元さんプロデュースの『EXD44』っていう番組があって。今年の夏に僕、始球式をやらされたんですよ。神宮球場で。

(大槻ケンヂ)ええっ! もう、世の中は動いている!

(吉田豪)フハハハハハハッ!

(大槻ケンヂ)吉田豪の始球式?

(吉田豪)始球式が今年の夏、神宮球場であったんですよ。

(大槻ケンヂ)面白だね、それ!

(吉田豪)で、第二弾の企画でいま動いているのが、吉田豪のカレンダーなんですよ。日めくりカレンダー。

(大槻ケンヂ)ああ、そう? じゃあ、もうそのうちお昼の番組のコメンテーターとかやるんじゃないの?

(吉田豪)こういう……。

(大槻ケンヂ)ああっ! へー! 日めくりカレンダー。

(吉田豪)これの件とか、それこそ福山雅治さんとかが結構面倒くさいヲタなんで。「僕の知っている豪さんはそんな人じゃなかった」的なことを言い出す人なんで。

(大槻ケンヂ)俺の知っている豪ちゃんもそんな人じゃなかったよ。

(吉田豪)そうそう(笑)。絶対になんか言われるだろうなと思ったら、逆だったんですよ。「いや、40を過ぎて新しいことに挑戦するのはいいことですよ」って(笑)。

(大槻ケンヂ)そういうこと?(笑)。

(吉田豪)なぜかウェルカムな感じで(笑)。

(大槻ケンヂ)そこ?

(吉田豪)そこだった(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする