スポンサーリンク

田中みな実 安住紳一郎との冷戦・お煎餅バトル事件を振り返る

田中みな実 安住紳一郎との冷戦・お煎餅バトル事件を振り返る 田中みな実あったかタイム
スポンサーリンク

田中みな実さんがTBSラジオ『田中みな実 あったかタイム』の中で、TBS在籍当時に冷戦状態だった安住紳一郎さんとのお煎餅バトル事件を振り返っていました。

草加いろいろ-1500 草加せんべい 22枚入

(コトブキツカサ)僕ね、思うんだけども。田中みな実さんって本当に一匹狼じゃないけど、独自の路線を切り開いてきた女性アナウンサーだと思っているんですが……もっと言うと、同じお仕事あるじゃないですか。この前ね、みな実ちゃんの前でこんなことを言うのもなんだけども、安住(紳一郎)さんのラジオでのお煎餅のやつ。

(田中みな実)アハハハハハッ!

(コトブキツカサ)これ、リスナーの方はご存知ないかもしれないんだけども。ちょっと……これはみな実さんの先輩である安住紳一郎さんとちょっと一時期、あんまりよくなかったっていう風に先輩は言っていましたね。

(田中みな実)いや、そんな……私、実はリアルタイムで聞いてはいなかったんですけども。いろんなところで取り上げていただいたようで。『日曜天国』の中でお話をされていたようですけども。

(コトブキツカサ)うん。

(田中みな実)そんなに長いこと口を聞いていなかったかな?っていう。どうだったかな?

(コトブキツカサ)でもそれはたぶん知らないリスナーの方に言うと、その安住さんがちょっと田中みな実さんがTBSアナウンサーの現役時代だった頃ですよ。やっぱり先輩・後輩の立場でアドバイスをした。そしたら田中みな実さんがちょっと、まあツンとしたというか。

(田中みな実)ええーっ、そんなこと、あったかな?

(コトブキツカサ)まあ、それは安住さんがおっしゃっているんですよ。それでちょっとツンとされた。

(田中みな実)あったと思うな。でも。

(コトブキツカサ)まあ当時はあなたもギンギンでしたから。

(田中みな実)アハハハハハッ!

(コトブキツカサ)僕は想像がつくよ。田中みな実さんが「ああ、そうですか。ふーん」って言って、ツーンとして踵を返す姿は思い浮かぶ。その後から、まあ安住さんは先輩ですから。後輩にそんな態度を取られてお互いにちょっと絶縁じゃないけども、あまり会話がなくなったと。ただ、そんな時に日曜日なのかな? アナウンサー室みたいなところで……。

(田中みな実)それはすごく覚えてますね。

(コトブキツカサ)ああ、覚えてる? じゃあ、その話して。

(田中みな実)私が『サンデー・ジャポン』終わりで、安住先輩が『日曜天国』終わりでいらっしゃって。それで安東弘樹さんも『アッコにおまかせ!』の生放送終わりで。3人がアナウンス部に居合わせた日曜日の昼下がり。

(コトブキツカサ)すげえ! この3人のメンバー。

(田中みな実)そうだそうだ。それで私は勤務表かなんかを打っていて。で、先輩はいらっしゃったんだけど、たしか奥の方にソファーがあって。そこに週刊誌やらなにやらが置いてあって。そこでちょっと休憩をするスペースになっているんですね。そこにたぶん先輩がいらっしゃったのかな? たしか。で、安東先輩はたぶん何もわからずに入ってこられて。で、安住さんはいただきものが多いから、デスクにたくさん山積みになっていて。日曜日とか、誰もいない時に安住さんはそのいただきものを開封したりとか、デスクにたまっているものを仕分けしたりとかするわけですけども。その時に、お煎餅が出てきて。

(コトブキツカサ)うん。

(田中みな実)かなり高価なもの。お中元かな? それを開けて「安東さん、いかがですか?」なんて。めちゃくちゃ美味しそうだなって。ボリボリボリと。

(コトブキツカサ)まあ、他に人もいないんでしょう?

(田中みな実)そう。いい音をさせて。

(コトブキツカサ)音と香りで。でも、田中みな実さんはちょっと安住さんと良好な関係ではない時でしょう?

(田中みな実)フフフ、そう。でも本当にこれはお煎餅の誘惑ですよ。負けて、ちょっと……「あの、私にも1枚、いただけますか?」って。

(コトブキツカサ)フハハハハハッ! まあ絶縁っていうかあんまり良好な関係ではなかった先輩に「お煎餅をください」って言ったっていう話でしょう?

(田中みな実)そう。「ちょっとお煎餅、1枚いただけますか?」っていうのをボソッと言いに行って。そしたら先輩がザラメの煎餅をくれたんですよ。たしか。違ったかな? でも私の認識では甘い系をくれて。私は醤油とかゴマがほしかったんですよ。

(コトブキツカサ)フフフ、いや、そのあなたの主張が強いんだよね。先輩が食べているお煎餅を「ください」って言うのも相当ですよ。僕からすれば。でも「いただけますか?」って言って。それでもらったやつが自分の好みじゃないからってそうはならないんだよ。絶対に。

(田中みな実)フフフ、でも先輩もわかっていて私にザラメをくれたの。

(コトブキツカサ)ああ、でもなんかね、ラジオで言っていた。

あえて不人気煎餅を渡す安住紳一郎先輩

(田中みな実)やっぱり? 私の好みじゃないやつをあえてくださったんですよね。だから「いえ、ちょっとゴマをいただけますか?」って言った気がします。

(コトブキツカサ)あの……どんな関係かわからないけど、いまの一言で「強いな、お前!」っていうのはわかる。

(田中みな実)アハハハハハッ!

(コトブキツカサ)みな実ちゃん、強いよ。先輩に対して「いや、これじゃないんです」って絶対に言えないもん。

(田中みな実)だってさ、せっかく意を決して言いに行ったわけだから、ほしいものをもらないと、こっちも引き下がれないですよね?

(コトブキツカサ)ああ、そう?

(田中みな実)だってそれでザラメをもらって、大して食べたくもないものを食べなきゃいけないわけでしょう? それだったらいちばん食べたいやつを食べたいじゃないですか。

(コトブキツカサ)で、「そっちがほしいんです」って言ったんだ。そしたら、「じゃあいいよ」ってくれたの?

(田中みな実)いや、なんかたしか二度見されました(笑)。「えっ? そ、そんなこと、言う?」っていう。「よくそんなこと言えるな」っていう顔をしていたと思うけど、でも安住さんはそういうのも面白がってくださる懐の深さがある方なので。「面白いな、こいつ」っていう感じで。「いつかしゃべってやろう」って心の奥底で思っていた感じはその時に目に見えていましたけどね。私もなんとなく感じていました。「あ、いつかこのエピソードをしゃべるだろうな」って(笑)。

(コトブキツカサ)フフフ、だっておもしろエピソードだもん。後輩からそんなことを言われるっていう。そこでそういう、雪解けじゃないけども。

(田中みな実)そうですね(笑)。安東さんもいい感じで天然で。

(コトブキツカサ)へー! これ、ちょっといいね。要は、『日曜天国』で安住さんが言ったお話をいま、『あったかタイム』で田中みな実がアンサー的に応えるって僕ね、いま真ん中に入った感じでうれしい。

(田中みな実)ええーっ、でもなんかいろいろと私の記憶と安住さんの記憶が違ったら嫌なんで、全部カットしてください。

(コトブキツカサ)……何だそれ、お前!

(田中みな実)アハハハハハッ!

(コトブキツカサ)ちょっと……いい感じで引き出したと思ったのに! カットしないよ、ここ!

(田中みな実)いやいや(笑)。まあ、記憶の違いがあるかもしれないですけど、私の中ではそういう認識だったので。もしかしたらザラメじゃなくて抹茶だったかな? どっちだったかな?っていうところはありますけど。

(コトブキツカサ)いやいや、そこはいいのよ。

(田中みな実)抹茶だったかな?

(コトブキツカサ)いやいや、そこは誰も何も文句を言わないの。ザラメだろうが抹茶だろうが。

(田中みな実)ザラメもあまり好きじゃないんだよな。抹茶もあまり好きじゃないけど……。

(コトブキツカサ)だから細かいところはいいの。

(田中みな実)私はゴマか醤油か、サラダ!

(コトブキツカサ)うるせえな(笑)。知らないよ。でも、そんなのがあるのね。

(田中みな実)ありますね(笑)。

(コトブキツカサ)だからアナウンサーさん同士の関係っていうのがなかなかわからないから。

(田中みな実)なかなか特殊ですよ、本当に。私がすごく生意気で。本当にこんな後輩ですけど、いまだに安住さんは気にかけてくださいますし、時々連絡もくださいますし。もう、退社してから「仲良し仲良し」みたいにしていたアナウンサーよりも……っていうと語弊がありますけども(笑)。先輩の方が、ねえ。心配してくださったり、連絡をくれますね。

(コトブキツカサ)だからいま、あえてその思い出話をラジオでできるんだろうね。先輩もね。

(田中みな実)まあ……なのかな? どうでしょうか? 恥ずかしい。なんかすごく恥ずかしい。

(コトブキツカサ)よかった。この話、できてよかった。

(田中みな実)ねえ。もう帰りますか? アハハハハハッ!

(コトブキツカサ)いやいや、編集点とかあるからさ。こっちもそろそろ、尺的にこんな感じかな?って思ったのに……あるよ、しゃべりは。「こんな感じかな」ってしてるじゃないのよ!

(田中みな実)じゃあ、1回お知らせを挟みましょう(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
田中みな実あったかタイム
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました