ピエール瀧 電気グルーヴ『Mステ ウルトラFES 2018』出演を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

ピエール瀧さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で電気グルーヴが『ミュージックステーション ウルトラFES 2018』に出演した際の模様を話していました。

(赤江珠緒)電気グルーヴさん、ミュージックステーションにね。

(ピエール瀧)ああ、そうですね。出てましたね。

(赤江珠緒)出てらっしゃいましたね。今週。拝見しましたよ。

(ピエール瀧)すごかったですよ、本当に。

(赤江珠緒)あれ、だってテレビ朝日さんの外の広場みたいなところで。

(ピエール瀧)外の広場でやっていて。それで電気グルーヴも『Fallin’ Down』と『Shangri-La』の2曲をやったんですけどね。

(赤江珠緒)うん。

(ピエール瀧)まあステージに上ってCM中にパッと会場のお客さんを見たら、みっちり全員女の子なんすよ。

(赤江珠緒)ああ、そうか。画面上も女の子が多かったなと思ったけど。

(ピエール瀧)みっちり全員女の子で、しかも女子大生ぐらいな感じの子が隅から隅までびっちり並んでいるんです。で、普段見る客席ってもうちょっとモザイクなんですよね。いろんな男性、女性、年配の人、若い子とかいろいろいっぱいいるんですよ。キャップかぶっている男の子とか悪そうな子、真面目そうな子、いろいろいたりするんですけど……一色でびっちり埋まっていたから。「わっ、わ、なんだこりゃ?」って思って。

(赤江珠緒)ああ、いつものライブとはちょっと違う。

スポンサーリンク

いつもとは明らかに違う客層

(ピエール瀧)違うから。で、CM中に「なにを見に来たんですか?」って聞いたら、まあ「かっこいい人たちを見に来ました」みたいなことを言っているから「ああ、そうなんだね。じゃあちょっとお邪魔しますね」なんて。そんなこと言っていたらオンエアーが始まって。で、曲が始まったらその子たちが全員一斉にこう、両手を上に上げて「パン! パン!」って、こうやってやったから。で、その子たちたぶん電気グルーヴはそんなに知らないと思うんですけど。

(赤江珠緒)年齢的に?

(ピエール瀧)それもそうだし。まあ電気のライブってその感じじゃないじゃないですか。みんなこうやって「パン!」ってやっていたから俺、ステージで「嘘つけ!」って思って(笑)。

(赤江珠緒)アハハハハハッ! いや、嘘ついているかはわからないけど(笑)。

(ピエール瀧)「嘘つけ!」って思って。でも、お目当ての人たちが来るまで、こうやって盛り上げなきゃいけないんだろうなとも思って。なんとなく無理しているなっていう感じがあったから。まあ、お客さんだし楽しまなきゃって思ってちょっと若干ふざけ気味でやっていましたけどね。

(赤江珠緒)フハハハハハッ! そうでしたか(笑)。

(ピエール瀧)本当、「嘘つけ!」って思って。「そんなわけないっしょ?」って思って。いや、ありがたいですけどね。盛り上げてくれてありがたいんですけど。

(赤江珠緒)そうかそうか(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする