宇垣美里『魔法少女まどか☆マギカ』コスプレへの反響を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

宇垣美里さんがTBSラジオ『アフター6ジャンクション』の中で『サンデー・ジャポン』コミケ取材の際に披露した『まどか☆マギカ』コスプレが大反響だった件について、宇多丸さんと話していました。

(宇多丸)宇垣さん、熱い!

(宇垣美里)烈!

(宇多丸)これはあれですよ。何が熱いって、宇垣さんがですよ?

(宇垣美里)バズってるぅ~! アフター!

(宇多丸)シックス!

(宇垣・宇多丸)ジャンクション!

(宇多丸)やられた……。

(宇垣美里)フフフ、やった!(笑)。

(オープニングテーマ・RHYMESTER『After 6』が流れる)

(宇多丸)8月14日(火)、6時をすぎました。TBSラジオをキーステーションにお送りしているカルチャーキュレーションプログラム『アフター6ジャンクション』、通称アトロク。パーソナリティーは私、ラップグループRHYMESTERの宇多丸です。そして……。

(宇垣美里)火曜日のパートナーはフリーアナウンサー……ってまた(台本に)書いてるよ(笑)。フリーアナウンサーではなくてTBSアナウンサーの宇垣美里です。

(宇多丸)しつこいなっていうね。先週はその言い間違いというか、原稿上の間違いを読んじゃって「フリーアナウンサー」って。この件でバズる。そして今週は『サンデー・ジャポン』でのコミケ取材でコスプレをされて。『まどマギ』のね。

(宇垣美里)まどかになりました!

スポンサーリンク

鹿目まどか×宇垣美里

(宇多丸)まどかになってのコスプレの様子がまたバズるのなんのっていうことで。本当にバズり姫!

(宇垣美里)いやー、お恥ずかしい。水かけ姫みたいになるからやめてくださいよ(笑)。

(宇多丸)水かけ姫。コーヒーかけ姫。いろんなのが、ねえ(笑)。でもやっぱり、なんですかね? 宇垣さん、なんかわかんないけど来ているんでしょうね。いろんなのがね。

(宇垣美里)ねえ。まあ、見ていただくのはありがたいことですけど。でも本当にコスプレ、とっても楽しかったです。やっぱり自分じゃない誰かになるっていうのが私、すごく好きなんだなって思いました。

(宇多丸)いままで、ああいう本格的なコスプレ的なのは?

(宇垣美里)はじめてです。

(宇多丸)ああ、本当ですか? へー! もちろんね、お似合いにもなっていましたし……。

(宇垣美里)いや、違う。もうちょっと……眉毛の色とかあと、ちょっと全部サイズが大きめだったので。もうちょっと詰めたかったなとか。

(宇多丸)ちゃんとね、きっちりね。

(宇垣美里)ネックレスが足りなかったなとかいろいろと……。

(宇多丸)いろいろと細かいところを。あと、僕はやっぱり『まどマギ』だったらまどかじゃなくて……。

(宇垣美里)まあ、ほむら的かもっていう(笑)。

(宇多丸)そう。ほむらをやってもらいたい。で、ほむらちゃんだったらたしか、僕が誕生日に差し上げたスコーピオンを持っていた絵面があるはずっていう。

(宇垣美里)今日ね、スコーピオン持ってきたんですよね(笑)。

(宇多丸)マジか! なに用ですか?

(宇垣美里)「撃つ練習がしたい」っていう話をスタッフさんにしたら、「いいよ、持っておいで」って言われたので(笑)。

(宇多丸)社内で撃つんですか? ちょっとそれは……ねえ。悪を焼き払うのにね、ぜひスコーピオンをやっていただきたい。でもまあ、サンジャポ的にもちょっと前まではほら、「ぶりっこなんじゃないの?」とか。合ってもいなきゃ古いだろ?っていうそういういじり方をされがちだったのが1個、最近ちょっと宇垣さんの尖った部分っていうのが出てきて。まあ、それが注目されているっていうことなんでしょうね。

(宇垣美里)「闇」って言われているんですけど、私としては当たり前のことしかお話していないし、そんなに……どちらかと言うと自分のことはネアカだと思っていたので。

(宇多丸)さっきね、「私ってネアカですよね? ネアカですよね?」って周囲に大声で聞いていて。「お、おおう……いや、そうじゃないですかね?」っていう(笑)。

(宇垣美里)そう。「神に愛されている」っていっつも自分のことを言っているのに。そうか……って。

(宇多丸)フフフ(笑)。全体に「明るい」っていう言葉で表現していいのか、ちょっとどうかなっていう部分もありますけど。暗いとか闇とか、そういうことじゃないですよね。

(宇垣美里)本当に当たり前のことを当たり前に言っているだけなので。

(宇多丸)だから見た目とのギャップで「えっ、こんなにダークな」って……ダークなっていうか、「そういう重い部分があったりするの?」みたいな、そういうことなんでしょうね。

(宇垣美里)みなさんが流している部分を私は声に出して言いたい。流したらないことになっちゃうけど、それではいつか腐ってしまうからそれはダメ!

(宇多丸)フフフ、いや、その振り幅がね、極端だという点ですかね。「闇」とは言いませんけどね。エッジは立っていますよね。

(宇垣美里)そうですね。

(宇多丸)でも「知らんし!」って言っていたじゃないですか。あれ、宇垣さんよく言っているなと思って。

(宇垣美里)よく言いますね。

(宇多丸)年中、この番組だとちょいちょい言ってますよね。「知らんし!」って言ってますよね。

(宇垣美里)私は私、みたいな(笑)。

(宇多丸)はい。だからこの番組を聞いている人はそんな、さして驚かない展開だったと思うんですけど。とはいえ、メッセージもいっぱいいただいておりまして。「宇垣さん、サンジャポ見ましたよ。まどかのコスプレ、とっても似合ってましたがそれ以上に魔法少女の格好で『悪を焼き払いたい』と言ったこともグッと来ました。これからも世の中の理不尽と戦ってください」っていう。どんな立場なんだ?っていうね。

「悪を焼き払いたい」

(宇垣美里)でも「悪=世の中の理不尽」ってよくないですか? 絶対的な悪っていうのはないけど、理不尽はやっぱり悪だから。

(宇多丸)あ、はい……はい……。

(宇垣美里)ダメかな?(笑)。

(宇多丸)いや、いいと思いますよ。ただ……(笑)。理不尽はよくないよね! そうですよ。まあ、人によってその理不尽の尺度も変わってくるという問題もあると思いますけどね。いいんです。いいんです。焼き払えばいいんです。焼き払いあえばいいじゃないですか。フィフティーだねっつってね。

(宇垣美里)たしかに。

(宇多丸)最悪の考え方(笑)。「宇多丸さん、宇垣さん、こんばんは。宇垣さん、まどかのコスプレを見ました。宇垣さんはついに概念と化してしまったのですね」。

(宇垣美里)アハハハハハッ!

(宇多丸)「……こうなったらアトロクの女子アナ陣+しまおさん、トミヤマさんを加えてまどマギのコスプレを」って。ああ、頭数を揃えて。「……宇多丸さんはキュゥべえをお願いします」って、なるほどね!

(宇垣美里)「僕と契約して、魔法少女になってよ!」って(笑)。

(宇多丸)立場的にはそういうことかもしれないですね。キュゥべえね。

(宇垣美里)もうソウルジェム、ぐっちゃぐちゃに濁りきっていると思うんですよね。自分のことを。

(宇多丸)ソウルジェムね。この間もどなたでしたっけ? 「濁りきって。こんな風に私も澄んでいたかった」みたいなことをおっしゃっていましたね。

(宇垣美里)前回いらっしゃった尾崎(由香)さんのことを「なんて澄んだ目をした方だろう」って。私はやっぱり濁りきってしまったわっていう。

(宇多丸)だからそれが闇っぽいって言われるんじゃないですか? そんなに別に濁っていないですよ。

(宇垣美里)ああ、本当ですか?

(宇多丸)全然! 本当に濁っている人の目、見たことあります?

(宇垣美里)いや、ないけども……(笑)。

(宇多丸)いまね、あそこで腕を組んでいるディレクターの箕和田くんなんか。あれは相当……。

(宇垣美里)フハハハハハッ! 仲良しなんだから、私!(笑)。

(宇多丸)あれはもうね。最近だって打ち合わせの時にやつがやってくると、もう空気が変わるもんね(笑)。

(宇垣美里)「一緒に練習しよう!」って……(笑)。

(宇多丸)なんか手をパンパン叩いてますけどね。あと、「初メールです。宇垣さん、夏コミケ参加お疲れ様でした。ネットでコスプレのお写真を拝見して、とてもかわいいお姿、眼福でした。私は2日目にサークル参加だったのですが、宇垣さん! どうして初日参加で2日目に来なかったんですか!」。

(宇垣美里)行きたかったんじゃ~……。

(宇多丸)「……今回は大まかなジャンル分けで初日はゲーム、2日目は漫画とアニメ、3日目は男性向けの日。お好きなコードギアスは2日目なのに」。

(宇垣美里)そうなの!

(宇多丸)「……むしろ初日ゲームジャンルは中継でお誘いしていた宇多丸さんにストライクだったかと。次回は平成最後のコミケ、アニメジャンルは初日ですので宇多さんにはぜひお仕事抜きにコードギアスのコスプレで参加をお待ちしております」というね。

(宇垣美里)行きたかったなー。

(宇多丸)番組プロデューサーの橋本吉史もですね、あれは何日目? 3日目に参加して。で、いろんな……僕らの興味は評論本とか。

(宇垣美里)そう。評論、私行きたかったー!

(宇多丸)評論島。で、やっぱりそこが本当に面白い考え方のある意味宝庫で。この番組向きというかね。ひょっとしたらいろんな……。

(宇垣美里)そう。私が好きなサークルの方もそこで出してらっしゃったので、すごい行きたかったんです。

(宇多丸)本当は行きたいのはやまやまなんですけど。でも、いま宇垣さん行ったら騒ぎになるだろうな……。

(宇垣美里)日曜日の朝、見た後に「あ、今日家から出るのはやめよう」って思って(笑)。

(宇多丸)ですよね、ですよね。バズり姫ですからね。

(宇垣美里)で、家から出なかった(笑)。

(宇多丸)だからよっぽど意表をついたコスプレじゃないとダメでしょう。そんな。

(宇垣美里)そうか。次はなににしようかな? でもすごく楽しかったので、ちょっと今後、もっとやってみようと思いました(笑)。

(宇多丸)本当ですか? あれとかですよ。『仁義なき戦い』の千葉ちゃんの大友勝利。あんぐらいのことをやらないとダメですよ。

(宇垣美里)そ、そうですか?

(宇多丸)あとで見せますんで。

(宇垣美里)まあ、注目は浴びるでしょうね。

(宇多丸)あとセリフも強烈なのがいっぱいありますので。全部教えますね(笑)。

(宇垣美里)はい(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする