スポンサーリンク

怒髪天 増子直純と玉袋筋太郎 西荻窪の名物飲食店を語る

怒髪天 増子直純 ハードコアパンクバンド時代の思い出を語る たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

怒髪天の増子直純さんがTBSラジオ『たまむすび』に出演。『戎』や『はつね』など、西荻窪の名物飲食店について話し合っていました。

(玉袋筋太郎)そこでですね、やっぱり飲んべえで?お酒。

(増子直純)いや、もう好きなんですけどね。弱いですよ。めっちゃ燃費いいですよ。

(玉袋筋太郎)あ、そうですか?

(増子直純)あとの3人はひどい飲んでますけどね。燃費は超いいですね。

(玉袋筋太郎)全国ツアーやっている時にね、やっぱりボーカルだから。打ち上げ行きたいんだけど。それを抑さえたっつーのが偉い!

(増子直純)3回に1回ぐらい。

(玉袋筋太郎)偉いですねー!

(増子直純)いやいや、次の日誰かがキツいんだったらいいんですけど。自分がキツいんでね。そりゃあ、やっぱりね、うちのドラムあたりがキツいんだったらガンガン飲みますけどね。

(玉袋・小林)(笑)

(増子直純)さすがに自分だから。

(玉袋筋太郎)プロ意識!プロ根性!

(増子直純)いやいや。

(小林悠)増子さんご自身は、あまりお酒は得意ではないんですか?

(増子直純)いや、好きですよ。ただね、本当に弱いですね。燃費、超いいです。

スポンサーリンク

日本全国酒飲み音頭

(玉袋筋太郎)今回のアルバムでね、『日本全国酒飲み音頭』。バラクーダ師匠のね、あの歌を。

(増子直純)素晴らしかったですね。

(玉袋筋太郎)いや、素晴らしいんだよ。で、僕も聞きまして。で、まあ『日本全国酒飲み音頭』だから北海道からね、九州、沖縄まで行くんですけど。なんであの、『関東は西荻で酒が飲めるぞ』なんですか?

(増子直純)西荻ね、上京してきて25年。ずーっといま、西荻に住んでるんで。

(玉袋筋太郎)西荻ですか?

(増子直純)この間、ハロー西荻っていう。西荻の、毎年やる地域のお祭り。そこで、初めて出させていただいて。小学校でね、演奏したんですけど。1000人くらい集まってくれて。すごいですよ。『日本全国酒飲み音頭』、小学校の校庭でやってますからね。

(玉袋筋太郎)最高!

(増子直純)もう怒られるぞっていうね。

(玉袋筋太郎)僕、西荻のすごい近所に住んでるんですけど。

(増子直純)あ、本当ですか?

(玉袋筋太郎)タクシーで1メーターですよ。だからバス停でバスで2つ、3つのところですから。

スポンサーリンク

西荻窪の名店

(増子直純)本当ですか?西荻で飲まないんですか?

(玉袋筋太郎)西荻で飲まないんです。俺。

(増子直純)戎(えびす)、ありますよ。

(玉袋筋太郎)戎、知ってます。はい。戎。

(増子直純)あれ、衝撃でしたよ。

(玉袋筋太郎)あそこのね、やっぱチューハイは濃すぎる。

(増子直純)濃いですね。

(玉袋筋太郎)ジョッキチューハイ、すごいんだから。殺す気か!?っていうぐらい入れてくっから。戎は。

(増子直純)すごいあの、もうグラスの中がね、ちょっとね、陽炎みたいになっているから。濃すぎて。

(小林悠)そんな!?(笑)。

(玉袋筋太郎)すごいんだから。濃すぎて。ガソリンか!?っていうぐらい。

(増子直純)もう燃えそうな。でも、いいですよ。外でほら、椅子を置いて。あれ、北海道にない文化なんで。北海道、冬、外で飲んだらね、死にますからね。

(玉袋筋太郎)(笑)

(小林悠)命の問題ですからね。

(増子直純)命の問題ですから。

(玉袋筋太郎)俺ね、1回西荻ね、何回か行ったんですよ。で、結構いい、こだわりの居酒屋とかあって。江頭と2人で昔、やっぱり飲みに行って。

(増子直純)すげえ組み合わせですね。

(玉袋筋太郎)行ったんすけど。どうもね、排他的な空気を感じたんですよね。西荻に入ってくるんじゃないって。

(小林悠)お客さんですね、みたいな感じですか?

(玉袋筋太郎)そう。

(増子直純)割りとね、ヒッピームーブメントからの流れのおじさんたちがね、多くて。それがでもね、もう25年も住んでますから。もう通っているラーメン屋も代替わりしてますからね

(玉袋筋太郎)あら、そうですか。

(増子直純)それぐらいいるとね、気にならなくなりますよ。

(玉袋筋太郎)はつね。

(増子直純)はつね、最高ですよ。はつねも、もういまは三代目に。

(玉袋筋太郎)ラーメンはつね。西荻っつったら、はつね。

(増子直純)いま、三代目になりましたね。

(玉袋筋太郎)まるやは?

(増子直純)まるやはね、まだやってます。

(玉袋筋太郎)まだやってますか、あのオヤジ。

(増子直純)はつね、最っ高なんすけどね。並んじゃって。なかなか食べられない。

(玉袋筋太郎)それが面倒くさいんですよ。

(小林悠)(笑)。対決しないでくださいよ。

(玉袋筋太郎)だからもう、戎っていう焼き鳥屋、いいんですよ。

(増子直純)はつね、めちゃ美味いですから。

(小林悠)そうなんですか(笑)。

(玉袋筋太郎)はつねっていうラーメンだよ。そりゃあ、もう。うん。

(小林悠)じゃあ西荻、行けそうですか?玉さん。

(玉袋筋太郎)いや、増子さんが招いてくれたら、僕は行きますよ。その代わり、僕のやっぱりエリアの阿佐ヶ谷にもやっぱり来てほしいですし。

(増子直純)あ、阿佐ヶ谷も近いですからね。阿佐ヶ谷、飲んだら西荻ぐらいまで歩いて帰れますから。ちょうどいいぐらいですから。

(玉袋筋太郎)ラブホも2軒ありますしね。

(小林悠)聞いてませんよ(笑)。

(増子直純)さすがに2人では寄りませんけどね。

(玉袋筋太郎)寄らない、寄らない(笑)。

(小林悠)(笑)

(玉袋筋太郎)なんで2人で入るんだよ?(笑)。

(増子直純)『ここ、いい店ある』って(笑)。

(小林悠)いま、ちょうどね、お酒の話になってますが。

(玉袋筋太郎)いや、もうこのアルバム、最高!いや、気持よかった。飲んべえの気持ちをこれだけ汲んでくれる。いやー、最高ですね!

スポンサーリンク

飲んべえの気持ちを汲んだアルバム

(増子直純)なかなか、やっぱりお酒をモロにモチーフにした曲って、ロックバンドの曲、あんまりなくて。まあ、ブルースとか、多いじゃないですか。こりゃあもったいなと思ってね。なんかこうね、せっかく飲んだものを還元しようかなってことで。お酒の歌をいっぱい作っておいた方が、ねえ。楽しいですから。

(玉袋筋太郎)そのために、γGTP上げてんだから。俺たち。大変だよ。もう180。180ですから、γGTP。

(小林悠)ギリギリのところで。

(増子直純)あれですよ。その『日本全国酒飲み音頭』で40何人、友達のバンドマン呼んで。中にはもう、元酒豪もいますからね。もう、ドクターストップで。

(玉袋筋太郎)(笑)

(増子直純)γGTPがね、もうすごい。外車の排気量ぐらい上がっちゃって。

(玉袋筋太郎)2000GTPっていう世界。γ2000GTPとか。バイクじゃねーんだから!

(小林悠)(笑)

(増子直純)病院の先生、びっくりしちゃって。『これ、世界記録出てますよ!?』っていうぐらい。

(玉袋筋太郎)俺のオヤジが3000だから。

(増子直純)だいぶ排気量、上がってますね。

(玉袋筋太郎)すごいアメ車。マッスルカーって言われてたから。

(増子直純)マッスル(笑)。

(玉袋筋太郎)春一番が5000で死んだっていう(笑)。

(増子直純)(笑)。マッドマックスですよ。5000まで行ったら。

(玉袋筋太郎)デス・ロードですよ、本当に(笑)。

(増子直純)そう(笑)。

(玉袋筋太郎)まさにデス・ロード。

(小林悠)(笑)。増子さん、このアルバム、『怒髪天 酒唄傑作選 オヤジだョ 全員酒豪』より1曲ぜひ曲紹介をお願いします。

(増子直純)はい。これ。『宜しく候』。聞いてください、怒髪天で『宜しく候』。

(小林悠)はい。怒髪天で『宜しく候』、お送りしました。

(玉袋筋太郎)今度、飲みに行きましょうよ。もういいよ、仕事止めて・・・だって(笑)。この時間から飲むのが、また!いいんですね!

(増子直純)このね、ちょっと明るいうちから飲む背徳感が。

(玉袋筋太郎)背徳感!これが!荻窪駅前の鳥もとかなんかでね。

(増子直純)ああ、行きたいですね!

(玉袋筋太郎)一杯やっちゃってさ。あのバス停で並んでいる人たちを見て。後ろでこう、見ながら。背負っちゃって。

(増子直純)いいツマミですからね。

(玉袋筋太郎)あれがいいんです。

(小林悠)『先にごめんね』っていう(笑)。

(玉袋筋太郎)そうそうそう。

<書き起こしおわり>


怒髪天 増子直純 アルバイトの思い出を語る
怒髪天の増子直純さんがTBSラジオ『たまむすび』に出演。さまざまなアルバイトを経験している増子さんが印象的だったアルバイトの思い出を話していました。

怒髪天 増子直純 ヤンチャ伝説を語る
怒髪天の増子直純さんがTBSラジオ『たまむすび』に出演。本当か嘘かわからないような増子さんの様々なヤンチャな伝説について話していました。

怒髪天 増子直純と玉袋筋太郎 大好きな桃屋製品を語り合う
怒髪天の増子直純さんがTBSラジオ『たまむすび』に出演。食べるラー油のCMに出演していた増子さんが玉袋筋太郎さんとお気に入りの桃屋製品について語り合っていました。

https://miyearnzzlabo.com/archives/27067

タイトルとURLをコピーしました