スポンサーリンク

怒髪天 増子直純 アルバイトの思い出を語る

怒髪天 増子直純 ハードコアパンクバンド時代の思い出を語る たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

怒髪天の増子直純さんがTBSラジオ『たまむすび』に出演。さまざまなアルバイトを経験している増子さんが印象的だったアルバイトの思い出を話していました。

(玉袋筋太郎)でも、やっぱりその低空飛行。地べたを這っているから。その時は苦労して、アルバイトとか、お仕事を?

(増子直純)バイトは相当しましたよ。

(玉袋筋太郎)相当しましたか?

(増子直純)結局、全員がバイトを辞めれるようになったの、40すぎですからね。それまで・・・いや、でもバンドって、そういうもんですよ。

(玉袋筋太郎)そういうもんですか?

(増子直純)バーン!とね、売れないと。そんな食えるもんじゃないし。ほら、CDバブル弾けてね。いま、CD売れないのすごいですけど。いままでの活動の中で、うちはいま、いちばん売れてますけどね。

(玉袋筋太郎)あ、いまね。

(増子直純)バブル期、ぜんぜん売れなかったんで。

(玉袋筋太郎)いま、バブルが来たと(笑)。やっぱね、遅れて来たほうがいいんですよ。バブルなんて。目先のバブルにね、食いついちゃダメです。やっぱり25年我慢した。30年我慢した時に、バブルが来るんですよ。取り返してやる!って。

(増子直純)バブル期はでも、なんにも恩恵ね・・・まあバイトの日当は高かったっていうぐらいで。

(小林悠)ああ、やっぱりそうですか。

(増子直純)札幌の2倍、ありましたからね。

(玉袋筋太郎)ああ、そうですか。

(増子直純)だから月半分しか働かなくていいっていうね。

(玉袋筋太郎)いや、いいねえ!そのバブルの頃はいいでしょうが。どういうお仕事だったんですか?職種は。

(増子直純)まあ現場仕事とか。あと、ビルのクリーニングとかがメインでしたけど。その後、活動を30で一旦休止して。その後は、1回ちゃんと働いてみようと思って。穴あき包丁の実演販売とか、リングアナとかね。

(玉袋筋太郎)リングアナ!?

スポンサーリンク

リングアナのアルバイト

(増子直純)リングアナ、やりましたよ。マスカラスが来た時に。会いたくて。

(玉袋筋太郎)ええっ?そうですか!?

(増子直純)いやー、最高でしたね。

(玉袋筋太郎)いやいや、マスカラス!

(増子直純)2回ぐらい。あの、やっぱり小さい団体ってリングアナが慢性的に足りないんで。

(玉袋筋太郎)足りないんですよ。

(増子直純)ちょっとやらしてくださいって言ったら、ぜひぜひって。やらしていただいて。

(玉袋筋太郎)いやいや、生マスカラスですよ。

(増子直純)すごかった。もう手がね、グローブですよ。大きさが。

(玉袋筋太郎)もうクロスチョップのやりすぎで。大変です。

(増子直純)本当、すごかったですよ。

(玉袋筋太郎)うれしいですね。それ。

(増子直純)うれしいです。

(小林悠)そのリングアナは変な話、一生の仕事にしようとは思わなかったんですか?

(増子直純)いやいやいや、それこそ、儲からないですからね。リングアナね、なかなか難しい。あと、やっぱり覚えられないですね。メキシコのレスラーの名前とかね。

(玉袋筋太郎)大変だよ。

(増子直純)なんかあの、タコスじゃないですけど。そういう感じの名前ばっかりなんで。

(玉袋筋太郎)(笑)。ロスブラソスだったり。本当だよ。

(増子直純)馴染みない名前ばっかりなんで。

(玉袋筋太郎)いや、でもね、大変ですよ。じゃあ職種、それだけいろいろやって。包丁の販売までやってんだから。

スポンサーリンク

穴あき包丁の実演販売

(増子直純)穴あき包丁。売れましたね!

(玉袋筋太郎)穴あき包丁。ありゃあ、ブームありましたからね!

(増子直純)秋葉原でね、やりましたね。あれ、やりました。師匠にやっぱりついて。
川口さんっていう。有名な師匠について、やらしていただいて。

(玉袋筋太郎)ここを押せ、とか。何回も連呼しろ、とか。

(増子直純)あれ、落語と一緒で。要は一応、流れが、口上あるんですよ。だけど、教わったそのままをやると、怒られるんですよ。

(玉袋筋太郎)ああ、そっかそっか。

(増子直純)『それはお前、自分流にやった方がいいぞ』って言われて、自分流にやると、また怒られるんですね。『そういうことじゃねえだろ?』って。

(玉袋筋太郎)(笑)。いい世界だなー!

(増子直純)いやいや、本当。本当。盗んでいけ!みたいなね。

(玉袋筋太郎)これだ!たまらないよ。

(増子直純)いや、よかったですよ。売れましたよ。

(玉袋筋太郎)もうだからね、ずーっと売れっぱなしで頑張っているミュージシャンの人たちも素晴らしいですけど、そういう人たちからこういう話は出てこないからね。

(小林悠)そうですね。それがラジオに生かされたりとかね。

(玉袋筋太郎)生かされて!OLERA!

(増子直純)そう。OLERAで生かされてますから。さっき、秋沢さんと斎藤さんがちゃんとお出迎えしてくれて。

(小林悠)うちのアナウンス部の。いまも斎藤アナウンサーがじっと見てますよ。

(増子直純)どんだけVIPだよ?っていう。斎藤さん、いま来てくださってますけど。

(玉袋筋太郎)ケータリングでね、ケーキも入れてくれて。

(小林悠)(笑)

(増子直純)レアケーキですから。

(玉袋筋太郎)レアケーキです!

<書き起こしおわり>


怒髪天 増子直純 アルバイトの思い出を語る
怒髪天の増子直純さんがTBSラジオ『たまむすび』に出演。さまざまなアルバイトを経験している増子さんが印象的だったアルバイトの思い出を話していました。

怒髪天 増子直純 ヤンチャ伝説を語る
怒髪天の増子直純さんがTBSラジオ『たまむすび』に出演。本当か嘘かわからないような増子さんの様々なヤンチャな伝説について話していました。

怒髪天 増子直純と玉袋筋太郎 大好きな桃屋製品を語り合う
怒髪天の増子直純さんがTBSラジオ『たまむすび』に出演。食べるラー油のCMに出演していた増子さんが玉袋筋太郎さんとお気に入りの桃屋製品について語り合っていました。

https://miyearnzzlabo.com/archives/27067

タイトルとURLをコピーしました