スポンサーリンク

ピエール瀧と赤江珠緒 金スマ 清原和博特集を語る

ピエール瀧と赤江珠緒 金スマ 清原和博特集を語る たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピエール瀧さんと赤江珠緒さんがTBSラジオ『たまむすび』で、『中居正広の金曜日のスマたちへ』に清原和博さんが出演した件について話していました。

(ピエール瀧)ねー。そんな野球つながりの中、先週、赤江さんから僕に緊急メールが

(赤江珠緒)あ、そうそうそう(笑)。

(ピエール瀧)緊急メールが届きまして。なんだろう?と思ってみたら、『瀧さん、金スマの清原、見ました!?』っていう(笑)。

(赤江珠緒)(笑)

(ピエール瀧)もう、かなり慌てた感のある・・・

(赤江珠緒)そうそうそう(笑)。いやー、ねえ。TBSさんのね、安住くんのやっている金スマのね。

(ピエール瀧)金スマでね、なんか、やってるなーとは・・・

(赤江珠緒)よかったのよ。清原さんの特集をされていて。

(ピエール瀧)見逃しておりまして。『あ、そうか!やっていたのか!』と思って、すぐタイムシフトで見たところ、もう超面白かったですね!

(赤江珠緒)ねえ。よかったですね。

(ピエール瀧)赤江さん、これで清原の印象が変わられたと。

(赤江珠緒)はい。いや、すごい方だなとは思ってました。私も甲子園時代のね、それこそKKコンビから、見ているような。ちょうど小学生ぐらいかな?私が。あれだけ話題でしたから。すごいなと思ってましたけど。あれ、改めて見ると、なんという華やかな野球選手・・・こんなドラマチックな選手はいるかな?というぐらいすごいし。いい人だな!と思って。

(ピエール瀧)そうでしょう?僕、前も言ったかもしれないですけど。清原ほどグラウンドで泣いているやつはいませんから(笑)。

スポンサーリンク

清原ほどグラウンドで泣いているやつはいない

(赤江珠緒)ねえ。なんかすごく親友だっておっしゃっていた、大魔神佐々木投手も出てこられて、いろいろお話されてましたけど。佐々木さんが引退される時に、なぜかバッターボックスに入った清原さんが泣いているっていうね。

(ピエール瀧)っていうね(笑)。ワンワン泣いているっていう。

(赤江珠緒)いい人だねー!と思って(笑)。

(ピエール瀧)いい話でしょ?

(赤江珠緒)あれはなんか、染みましたね。

(ピエール瀧)そうでしょう?そんな清原がいま、ねえ。何をやっているか?っていうとお遍路さんをやっているという。

(赤江珠緒)そうそうそう。びっくりしましたけどね。なんかいろんなことが、ねえ。人生考えることがあってということですけども。

(ピエール瀧)赤江さんはなんか、あの特集を見て、どうやら王監督の印象が悪くなったと(笑)。

(赤江珠緒)(笑)。いや、ちょっとね。だってその、あったじゃないですか。ドラフトでね、清原さんが入ると思っていたところが桑田さんになったっていう、有名な。あれの舞台裏を改めて。あの時、子どもだったんでそんなに印象に残ってなかったんですけど。まじまじと見たところ、あらっ!?みたいな。

(ピエール瀧)そうでしょう?あの、あまりにもね、清原桑田のスター性もすごいですし。その、どうやってプロに行くんだとか。できればみんなテレビで見られるような球団に入ってほしいって思っているようなものもいろいろあって。いろんな大人の思惑が交錯するんですけど。ただ、いまになって冷静に考えると、あんなことしちゃ、ダメですよね?(笑)。

(赤江珠緒)(笑)

(ピエール瀧)本当に。あんなことしちゃ、ダメじゃない?(笑)。

(赤江珠緒)だって、相手高校生だよ?いま考えたら。本当に。

(ピエール瀧)高校生です。そうそうそう。高校生に『お前、取るから』っつって、嘘ついて。

(赤江珠緒)しかもね、本当いま思えば奇跡的なね、あれだけの天才同士がひとつのチームに集まるっていう。まあ、もう奇跡的なことが。同年代にいるだけでもすごいのに。

(ピエール瀧)あの下に、立浪とかいますからね。そんなチーム、勝てんのかよ?っていうね。

(赤江珠緒)そうですよね。で、その人たちが同じクラスの教室で、ドラフトの結果を聞いたっていうね。なんなの?(笑)。

(ピエール瀧)『なんで!?なんでキヨやないんや!?』っていうね。『なんで桑田なんや!?』っていう。

(赤江珠緒)ざわざわざわってなるっていう。

(ピエール瀧)同級生のみんなが、『もう声を出してしまいました』って言ってましたもんね。『なんで桑田なんや!?』って(笑)。言えちゃうって。声、出ちゃうっていう。

(赤江珠緒)すごいですよね。だって自分がおなじ高校生として、クラスメートにいたとしたら、みたいに思ったら、やっぱりとんでもないことがあの1日に起きていたんだなって。

(ピエール瀧)いや、あれはあんなこと・・・でも、言ってもその後、清原、6球団ぐらいから指名されていたでしょ?すごいでしょ?あんなの。あそこまで指名されるの、あんまないですよ。

(赤江珠緒)しかも清原さんは大阪出身なのに、巨人ファンだったんですね。もうご家族で。だからそんなに巨人だったんですね。

(ピエール瀧)まあ、そうでしょうな。やっぱり強いチームに行きたいと。

(赤江珠緒)なんで阪神じゃなかったんだろう?とかね。いろいろ思いましたけど。

(ピエール瀧)まあ、ねえ。それはあるでしょうけど。ただ、あんなことやっちゃダメですよね(笑)。本当に。どうなん?そのへんっていう。ねえ。

(赤江珠緒)そのあたり、ねえ。

(ピエール瀧)まあでも、その後ね、ちゃんと日本シリーズで対戦しますけど。それでちゃんと巨人の中心選手になっている桑田も桑田ていう。

(赤江珠緒)そう!そうなんですよ。どちらもですよ。でも、最終的には時間を経て、また同じチームになって。思うところもあったんだけど、清原さんが巨人でプレーされる時のいちばん最初の時は桑田さんが投げる、復活の日だったという。

(ピエール瀧)あの、マウンドにね、肘をつけてっていう。

(赤江珠緒)そうそうそう。あれ、またなんなんですか?これは?っていう(笑)。

(ピエール瀧)そうね(笑)。

(赤江珠緒)小説みたいにすごい話ですね。

(ピエール瀧)そうですねー。やっぱ、清原はすごいんですよ。

(赤江珠緒)伝説だらけじゃないですか。

(ピエール瀧)いや、本当にすごい。ノムさんが言っていたじゃないですか。『天才って呼ばれるやつは、清原は入る』って。すごかったんですよ、本当に。

(赤江珠緒)ねえ。いやー、びっくりして。これは瀧さん、見たかな?と(笑)。

(ピエール瀧)(笑)。だから、見て。はい。超面白かったですよね。

(赤江珠緒)面白かったですよね。やっぱり野球のああいうドラマチックなところ。ああいうところを見ると、ぜんぜん野球とか知らないものとか、私とかも野球とかそんなにやったことないですけど。うわー!と思いますよね。

(ピエール瀧)そう。だから清原がね、やっぱりあんだけ天才的ですし。なんか、これぞ四番バッターっていう感じもあって。いろいろ番長だなんだっていろいろ言われるんですけど。清原、絶妙にダサいじゃないですか(笑)。

(赤江珠緒)(爆笑)

(ピエール瀧)そこが僕、好きなんです。

(赤江珠緒)あー!なるほど。

(ピエール瀧)あれでもう華々しくて、どこ見ても隙がないっていう・・・それこそダルビッシュみたいな感じとかね。クリスチアーノ・ロナウドみたいな感じ。ああいう感じの、もう非の打ち所がないねっていう感じだと、僕、ここまで好きになっていたかどうか、わかんないんですけど。絶妙にダサいっしょ?

(赤江珠緒)(爆笑)

(ピエール瀧)あの男(笑)。で、ああやってこう、ああいう金スマみたいなフリーでしゃべらせると、ものすごく朴訥じゃないですか。

(赤江珠緒)そうですね。お母さんのことも大事にされていたりとか。

(ピエール瀧)っていう。

(赤江珠緒)いや、だってそんなに頭、大きかったんだっていうのも。

(ピエール瀧)ああ、ノムさんと同じメットサイズっていうね。

(赤江珠緒)たまたま、ヘルメット。西武時代のね。かぶってみたら、これしかかぶれないってかぶったのが、野村克也さんの残したヘルメットだった。またそれも伝説になっているな!っていう。

(ピエール瀧)はいはい。そうなんですよねー。

(赤江珠緒)だから、ご本人が意図しないところでも、いろんな伝説が生まれるような。これはスターですね。

(ピエール瀧)ねえ。だからあの、なんです?あの番組の中でもノムさんが言ってましたけど、いまね、桑田とか清原が監督をやっていないようじゃおかしいと。

(赤江珠緒)たしかにね。球界をあれだけ背負っていた方たちですからね。

(ピエール瀧)はい。だからそれも、ダーティーなイメージをね、長いこと植え付けられていますからね(笑)。長期に渡って。桑田もその一件あった後も、『投げる不動産屋』とか言われて。

(赤江珠緒)ありました(笑)。いや、そうでしたね。

(ピエール瀧)いろいろあったりしてっていうのがありますから。

(赤江珠緒)昔はだって、クワタくんキヨハラくんっていう漫画になったりしてね。割と爽やかなイメージでしたよね?

(ピエール瀧)いや、桑田はだってダーティーな感じの。

(赤江珠緒)あ、クワタくんの方がちょっと、ホクロが多い感じで書かれて(笑)。そうでしたね。

(ピエール瀧)やってましたけどね。あの感じですよ。

(赤江珠緒)いやー、ねえ。

(ピエール瀧)ちょっと赤江さんの中で、清原株が上がり、王監督株が下がったっていう(笑)。

(赤江珠緒)ちょっとね(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました