町山智浩 共和党大会とオルタナ右翼とゴーストバスターズ出演者ヘイトを語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 753

町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で、クリーブランドで行われ、ドナルド・トランプが大統領候補として指名された共和党大会の模様やそこに集まったオルタナ右翼たち、そしてリブート版『ゴーストバスターズ』に対するヘイト運動について話していました。


(赤江珠緒)町山さん、先週おっしゃっていましたが、共和党大会に行かれたんですね。

(町山智浩)いや、中には入れなかったんですよ。

(赤江珠緒)ああ、そうなんですか。

(町山智浩)あの、文藝春秋さんに記者証っていうかパスをお願いしていたんですけど、結局出なくて。出ないからね、会場の外をウロウロするしかなかったですね。

(赤江珠緒)ああ、そうだったんですね。

(町山智浩)そうなんですよ。ただね、会場の外の方がね、変な人たちが多くて。中に入れない、基地の中に入れない人たちがいっぱいいてすごかったですけどね。

(赤江珠緒)ふーん!

(町山智浩)あの、やっぱり銃を持った人がいっぱいいるんですよ。

(山里亮太)おっしゃっていましたよね。だって携帯することがOKなんですもんね。

(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)そうなんですよ。彼らはトランプが支持している「銃の所持の自由」を支持するということで、デモンストレーションのためにアサルトライフルっていう戦争用の武器を持って来ているんですね。で、そうするとそこに反トランプの人がそれに対して論争を挑んで。そこら中で論争をしているんですよ。クリーブランドの街のちょうど真ん中に、共和党大会の会場から1ブロック、30秒で行けるようなところに中央公園がありまして。そこに何千人も集まって。いろんな人がいるんですよ。銃を持っている人もいるし、反トランプの人たちもいるしですね。

(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)バイカーって、わかります? ハーレーダビッドソンに乗っている人たち、いるじゃないですか。怖い人たち。あの人たちはトランプ支持なんですよ。トランプ親衛隊なんですけど、それがズラーッと集まっていて、ナイフとか腰に差しているんですけど。もういろんなトランプ支持者と反トランプの人たちがグチャグチャになっていて、そこら中で論争をするんですが、その公園の中に警官隊が何百人もいるんですよ、また。

(赤江珠緒)はー。

(町山智浩)で、警官隊が……クリーブランドっていうのはお金がないところなんで、警官を他の州、12の州から呼んで、ものすごい戒厳令体制になっているんですよ。で、もう共和党大会の始まった日に、ルイジアナの方で何人か警官が殺されていますんで。で、非常に警官と普通の人たちとの間でものすごい衝突が次々と起こって、死者が連続しているんで、クリーブランドは6千人の警官体制で。そこら中で装甲車が走っていてですね。はっきり言って共和党大会に来ている人たちよりも警官の方が多いような雰囲気なんですよ。

(赤江珠緒)ああ、そうだったんですか。いや、いまね、手元に写真があるんですけど。本当に芝生のなんてことはない広場みたいなところに黄色いTシャツに短パンで、夏フェスに行くような格好の人もいれば、そのすぐそばに、嘘でしょ?っていうような銃を背負って笑っている人とかがいて。なんですか、これ?

(山里亮太)ねえ。ライフル。町山さんが撮っていたいだた写真だって聞いたんですけど。

(町山智浩)あ、それは僕が撮ったやつですけど。黄色いシャツを着ている人はトランプの人種差別に反対するっていう人たちなんですよ。でも、「人種差別をする!」って言っている人もいて。僕、最初冗談だと思っていたんですよ、その人。プラカードみたいなものに「アメリカをもっと人種差別的に」って書いて座っているんですよ。30代のきれいな格好をしたお兄さんが。

(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)きれいって、変な格好じゃなくて普通の格好をした人がね。で、僕は「それ、ジョークでしょ?」って言ったら、「いや、そうじゃないよ。僕は人種差別主義者なんだ」ってその人は言って。「もっと白人だけが固まって、白人の国にアメリカはなればいいと思うんだ」って言い始めたんですよ。

(赤江珠緒)ええっ?

(町山智浩)それもね、すごくおとなしく、ニコニコ笑って言ってるんで、ちょっとジョークだと思っていたんですよ。僕、それを。で、とにかく混沌としている状態だから、それだけでその人との話を終えて、後でその人が誰だかを調べたんですよ。

(赤江珠緒)はい。

(町山智浩)そしたらその人は、リチャード・B・スペンサーっていう人で、いまアメリカの若手の右翼の中で非常に大物なんですね。


(赤江珠緒)へー!

(町山智浩)で、いまアメリカでは、「オルタナティブ右翼(オルト右翼)」と言われている人たちがいて。ネットの中で……アメリカのネットには2ちゃんねるの真似をしている「4ch」っていうのがあるんですね。あともうひとつ、Redditっていういわゆる匿名掲示板があるわけですよ。アメリカにも。その中で、非常に差別的な右翼的な論調がものすごく現在盛り上がっていて。そのネット右翼みたいな人たちがトランプを圧倒的に支持しているんですよ。

(赤江珠緒)ふーん!

オルタナティブ右翼(オルト右翼)

(町山智浩)で、その中でそういう人たちをまとめてオルト右翼っていうのを名付けた人本人と僕は話したのに、その人だってことを知らなかったです(笑)。

(赤江珠緒)ああー、そうだったんですか。

(山里亮太)結構すごい偶然だ。

(町山智浩)それで要するに会場の外にそういう人がいっぱいいて。あと、もうひとつイベントをやっていて。「トランプを支持するゲイの仲間」っていうイベントをやっていた人もいて。それがすごいのは、「トランプを支持する」とかいう帽子をかぶった美少年たちのヌード写真を展示してるんですよ。


(赤江珠緒)えっ? 共和党って、ねえ。

(山里亮太)矛盾がある感じが。

(町山智浩)そうなんです。現在、そのオルタナ右翼っていう人たちは、共和党っていうのは非常に保守的なキリスト教支持者の田舎の素朴な人たちだったんですけど、全くそうじゃない。ネットで形成された右翼の人たちは神も信じなければ、ゲイもOKでどんなSEXもOK。マリファナとか麻薬もOK。銃もOKっていう人たちなんですよ。

(赤江珠緒)うん?

(町山智浩)で、彼らが何に対して反対をしているか?っていうと、民主主義なんですよ。

(赤江珠緒)民主主義?

(町山智浩)民主主義とか平等とか、要するにアメリカの独立宣言に書かれている、「人は全て平等である」っていうことを覆そうとしている人たちなんですよ。

(赤江珠緒)はあ……

(町山智浩)だから、これは詳しいことは他のところで説明しますけど。要するに、「差別は正しいんだ」っていうことを言おうとしているんですよ。彼らは。で、それがトランプの……要するにトランプが非常に人気を得ている秘密はそこにあって。この間の共和党の大統領候補指名受諾の演説の中でいちばん印象的だったのは、「いまはもう政治的な正しさなんかに構っている暇はない」っていう言葉なんですよ。



(山里亮太)えっ?

(町山智浩)そう、トランプは宣言したんですよ。共和党の大統領候補として。これは決定的なことなんですよ。そこが熱狂させているんですよ。オルタナ右翼の人たちを。で、ちょうど僕が行っている時にオルタナ右翼の中で、33万人もTwitterのフォロワーがいるマイロ・ヤノプルスさんっていう人が……この人が「トランプを支持するゲイの仲間」っていうイベントをやっていたんですけど。僕は直接会えなかったんですが。この人がちょうどその時にTwitterを永久除名されているんですよ。

(山里亮太)永久除名?

(町山智浩)永久除名。

(山里亮太)そんな結構な重いことをさせられるって、何かとんでもないことをしたんですか?

(町山智浩)この人がね、『ゴーストバスターズ』の新しい映画に主演する黒人女性の女優さんのレスリー・ジョーンズっていうコメディアンの人がいるんですね。その人に対してTwitterでいわゆるオルタナ右翼の人たちの攻撃を煽って。このレスリー・ジョーンズさんっていう人は黒人女性なんですけど、彼女に対する非常に人種差別的なツイートが彼女のところに殺到しまして、彼女がTwitterをやめちゃったんですよ。

レスリー・ジョーンズへ差別的ツイートが殺到


(赤江珠緒)ええっ?

(町山智浩)で、最初はコメディアンだからひどいことを言われてもユーモアで返していたんですけども、あまりにもひどいんで。要するに、見た目とかね、そういうことをひどく言うわけです。まあ、僕もちょっと口に出して言えないような非常に差別的なツイートが、マイロ・ヤノプルスの誘導によって彼女のところに殺到しまして。レスリー・ジョーンズさんに。

(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)で、「私はもう泣きながらTwitterをやめます」っていう風に宣言したんですよね。

(赤江珠緒)もう、めちゃくちゃだな……

(町山智浩)そう。Twitterの人たちは「レスリー・ジョーンズさん、そんなひどいことでやめないでください。私たちはレスリー・ジョーンズさんを好きですよ」っていうツイートを送ったりして。あと、Twitterの社長がですね、彼女を説得したりして、結局扇動したマイロ・ヤノプルスのTwitterを永久除名するという形になったんですよ。

(赤江珠緒)ふーん!

(町山智浩)で、そういうことがいまアメリカで起こっていて。アメリカはいま、世界全体がそうなんですけども。テロとかが起こっていて、ヨーロッパのイギリスのEUからの撤退なんかはすごく典型的で。経済的なグローバリゼーションとかそういった形での経済的な豊かさよりも、そういったものからの分離の方を取ると。経済的なデメリットを受けてでも、差別の方向へという風に向かっていますね。

(赤江珠緒)そうですね。いや、でも差別するなんて。自分がしているなんていうのはものすごい恥ずかしいことで、していた人も隠しているようなところがあったのに。いま、そんな全面的に?

(町山智浩)そういう時代じゃなくなりつつあるんです。トランプの場合は特に、要するに「私は政治的な正しさ(ポリティカリー・コレクト)なんかは構っている暇はない!」って宣言をしていますからね。それに対して、圧倒的な称賛が送られているわけですよ。共和党大会で、拍手で送られているわけです。そこの部分。喝采してるんですよ。

(山里亮太)不思議な……

(町山智浩)だから共和党の主流派の人たち、要するに穏健派っていうか普通の、いままでのいわゆる共和党のエリートと言われている人たちはもう本当に、こんなのやってられない!っていうことで、共和党大会には来なかったですよ。

(赤江珠緒)ああー。

(町山智浩)だからそういう事態になっているんですけど。まあね、『ゴーストバスターズ』がずーっとすごい大論争になっていたんですよ。アメリカでは。で、これ『ゴーストバスターズ』っていう映画はソニーが作ったんですけども。ずっと昔、1980年代に『ゴーストバスターズ』シリーズっていうのがあって、1、2と作られていて。それを3を作ろうとして、長い間ずっと同じ監督と同じキャストでリメイクしようとして。ずーっとできないまま、ここまで来ちゃったんですよ。

(赤江珠緒)うん。

(山里亮太)結構かかりましたね。

(町山智浩)1980年代からね。『ゴーストバスターズ』っていうのはニューヨークに出てくる幽霊をやっつける科学者の集団の話なんですね。

(赤江珠緒)そうですね。ヒットしましたもんね。

(町山智浩)で、その時の、数年前のソニーのトップっていうのは女性だったんですけども。そのところに、「女性で『ゴーストバスターズ』を完全にやり直してリメイクできないか?」っていう案があって。彼女はそっちを取って、『ゴーストバスターズ』の3作目っていうアイデアをやめちゃったんですよ。

(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)で、その経過がこの間、ソニーのデータがコンピューターハックされたことがありましたよね。前。あの時に、そのやり取りのメールが出回っちゃったんで、『ゴーストバスターズ』のオリジナルのファンの人たちは、「なんで『ゴーストバスターズ3』を作らないで、女性でリメイクなんかするんだ!」っつって、これでもうガーッと怒り始めたんですよ。みんな、ファンが。

(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)で、もうずーっと徹底的にソニーに対する攻撃が続いたんですよ。で、その攻撃の内容の多くが、要するに「女性でやるっていうのは女に媚びているんじゃないか?」と。

(赤江珠緒)えっ?

(町山智浩)その、「フェミニズムに対する媚びをしなくていいよ!」っていうことで、「『ゴーストバスターズ』というものとは関係がないんだから……」みたいなことで、最初は叩かれていたんですよ。で、そうじゃない人もいるんですけど、かなりひどい人が多くて。で、特にさっき言ったマイロ・ヤノプルスというネット右翼の総帥みたいな人がですね、以前から「女性は科学者に向かない」っていう論を展開していた人なんですよ。

(山里亮太)すごいな。差別っぷりが。

(町山智浩)で、女性科学者が実際に反論すると、それをネットテレビみたいなもので討論会をやって、徹底的にやり込めるんですよ。「実際に女性の科学者の方が少ないじゃないか!」とか、そういうことをやって。で、その時にこのマイロ・ヤノプルスという人は、さっき言ったみたいに「人間っていうのは平等じゃないんだ。DNAとかによってダメな人と優秀な人が決まっているんだ」みたいな考え方の1人なんですよね。

(赤江珠緒)この人自身は何者なんですか? 何をしていた人なんですか?

(町山智浩)この人はイギリス人のゲイなんですけど。だからね、女性にいくら嫌われても平気っていう感じで、徹底的な女性差別をしているんですよ。

(赤江珠緒)でも、女性科学者とかって、この人は科学者でもないんでしょ?

(町山智浩)全然。ただのコラムニストみたいなもんですね。で、実際に女性科学者とかと論争をしているんですけど。で、まあそういうすさまじい、なんて言うかカルチャーウォー(文化戦争)が『ゴーストバスターズ』の周辺で起きちゃったんですよ。

(赤江珠緒)そうだったんですね。

(町山智浩)で、予告編をYouTubeにのせたら、YouTubeのところに「いいね」っていうのと、「よくないね」っていう、親指を突き出しているのと親指を下に向けているのがついているじゃないですか。あれの、「よくないね」の方にブワーッとものすごい数が集まって。で、YouTubeで最も嫌われている映像の1つになっちゃったんですよ。

(山里亮太)ええっ、そんなに?

(町山智浩)で、コメントを見ると、その時についていたコメントは「なんでこんな女にやらせるんだ?」とか、あと、「1人も、かわい子ちゃんが出ていないじゃないか」とか。この『ゴーストバスターズ』の4人はもともとテレビのコメディアンをやっていた人たちで組んでやったんで、4人のうち3人が40過ぎなんですよ。で、1人はメリッサ・マッカーシーっていうおデブちゃんのおばさんなんですね。


(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)あとはその黒人のレスリー・ジョーンズさんという、体のでっかい人なんですよ。もう男よりもでっかくて。で、要するに「1人も美人がいないじゃないか」とかね。「おばちゃんじゃないか」とか、そういう非常に差別的なことがバババババッて上がっていったんで、ソニーが慌ててそれをYouTubeにたのんで消してもらったりね。その差別的な嫌がらせみたいなものを。

(赤江珠緒)ええっ、アメリカはすごい女性とか、そういうのがないのかと思っていましたけどね。

(町山智浩)あの、やっぱりね、僕、すごく「アメリカは女性差別がないんだ」って思っていたんですけど。いま、アメリカの中で「メニニズム」というものがすごくネットの中で上がっていて。「メニニズム」っていうのは「フェミニズム」に対抗する、男主義なんですよ。で、「フェミニズムによって私たちは非常に差別されていて、モテないし、寂しい」みたいな人たちがいるわけですよね。で、「男の方が逆差別されているんだ」という人たちが、メニニズムっていう女性嫌悪運動をやっているんですよ。

(赤江珠緒)うん。

アメリカで拡がる女性嫌悪運動

(町山智浩)で、そこのへんとも絡んでくるんですよね。だからものすごく恐ろしいことになっちゃったんですよ。ただのコメディーなのに。

(赤江珠緒)うん。そうですよね。

(山里亮太)だって前の『ゴーストバスターズ』も、冴えないおっちゃん4人でしたよね?

(町山智浩)そう。もともと冴えないおっちゃん4人だったのに。

(赤江珠緒)もともとそんなイケメンがやっていなかったのに。

(町山智浩)そう。女性に変えたら急に「ブス!」とか散々言われるわけですよ。特にこのマイロ・ヤノプルスはこの『ゴーストバスターズ』の女性版のキャストに対して「ブスブスブスブス!」とか書きまくっていたんですよ。ブスだのデブだの。

(赤江珠緒)ええーっ?

(町山智浩)これ、ひどい世界なんですよ。で、みんな映画そのものを全然見ようっていう気にならないような状況になっちゃったんですよ。撒き散らされちゃって。でね、実際に見るとそんなに悪くないんですよ。

(赤江珠緒)ああ、そうなんですか。

(町山智浩)うん。だからね、もうこれはね、『ゴーストバスターズ』ファンとかとソニーとの戦いみたいになっちゃって。なんて言うか、「みんなで舛添を下ろそう運動」みたいな感じになって、もう徹底的にこの映画を潰す! みたいな感じになっちゃったんですよ。

(赤江珠緒)そんな事態だったんですか?

(山里亮太)上映できなくなってくるんだ。

(町山智浩)そうなんです。みんな、映画見てないんですよ。実際に、誰も。その段階では。ただね、そうなるともう徹底的にネットを使う人たちっていうのはもうありとあらゆる手段を尽くすんで。今度、脚本を引っ張ってきちゃって、映画公開前にストーリーを全部リークしたりしてるんですよ。完全に興行を潰す行為なんですよ。恐ろしいですよね。

(赤江珠緒)本当ですね。

(町山智浩)こんな世の中で本当にひどいなと思いますね。

(赤江珠緒)卑劣ですね。本当に。

(町山智浩)そうなんですよ。だからそうじゃなくて、「この映画は好きじゃない」とか「こういうリメイクはしない方がいい」とかいう人もいるんだけど、そうじゃないのがあまりにも多すぎるんですよ。卑劣な人たちが。卑劣な人たちじゃない人も、たしかに反対はしていたんですけど。「こういう安易なリメイクっていうのはする資格がないんだ」とね。

(赤江珠緒)うんうん。

(町山智浩)そういう人たちよりも、やっぱり変な人たちがもうすごすぎたんですよ。

(山里亮太)そうか。どこの国でもあるんだね。

(町山智浩)でね、映画を見るとね、まずね、主人公たちは科学者なんですね。で、幽霊っていうのは物理学現象だってことを証明しようとしていろいろ大学でがんばっているんですけど、彼女たちの言うことを誰も聞いてくれないんですよ。これね、以前の『ゴーストバスターズ』っていうのは4人の科学者たちがどんどん人気者になるんですよ。ニューヨークの中でね。

(赤江珠緒)うんうん。

(町山智浩)ところが今度、それを全部女性に変えたら、誰にも相手にされないんですよ。物語の中で。男が40過ぎで何かをやっていても普通にできるけども、40過ぎた女の人たちだけでやっていると、いかにその彼女たちに対して社会が厳しいか? 冷たいか?っていうことですよね。

(赤江珠緒)ふーん!

(町山智浩)で、もう信じてもらおうとして、いろいろ頑張るんですけども。社会が相手にしなくて。政府であるとか警察とかも、ありとあらゆる人たちが彼女たちを排除しようとするんですよ。今回は。

(山里亮太)そういう映画になっているんですね。女性が差別を受けて、その中で戦っていくみたいな。

(町山智浩)そうなんですよ。この映画自体が、要するにこういう『ゴーストバスターズ』バッシングが始まる前から作り始めているのに、ほとんどこの映画をめぐる状況と、この映画の中でのゴーストバスターズをめぐる状況っていうのが同じになっちゃっているんですよ。

(赤江珠緒)へー!

(町山智浩)女性だけで頑張ろうとすると、みんながそれを邪魔するっていう話になっているんです。でね、「これはおばさんばっかりじゃないか!」っていう批判があってね。で、「かわい子ちゃんがいないじゃないか!」とか言っている人がいるんですけど、この『ゴーストバスターズ』の女性版の中で、彼女たちの事務所の秘書をやるのがクリス・ヘムズワースという、『アベンジャーズ』で雷様のソーをやっているイケメンの男の子が出てきてね。で、彼がゴーストバスターズ事務所の秘書に雇われるんですよ。

(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)で、彼はイケメンで、しかもナイスボディーでしょ? しゃぶりつきたくなるような。で、爽やかなしゃべり方で。で、すごい素敵!っていうことで雇うんですけど、全く何の役にも立たないんですよ。

(赤江珠緒)ふーん!

(町山智浩)かわいいだけなんですよ。

(山里亮太)ああ、なるほど! そういうメッセージが込められているんだ。

(町山智浩)ねえ。そうでしょう。だから結局要するに、「女の子はかわいい方がいい」って、それが男だったらどうなるのよ?っていうことですよね。

(山里亮太)なるほど。「あんたたち、言ってるけども」と。

(町山智浩)そう。見た目で人を判断するって、何なんだ、それは?っていうね。男と女を入れ替えることで、それがよくわかるようになっていてね。非常によくできている。これ、シナリオは女性が書いているんですよ。

(赤江珠緒)ああー。

(町山智浩)でね、僕自身はね、すごく面白くて。特にゴーストバスターズの中で1人だけ唯一の30代で、ケイト・マッキノンっていう女優さんが演じているホルツマンっていうキャラクターがいるんですけど。科学者なんですね。で、発明家なんですよ。

(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)でね、すごいパンクでね、発明のことしか考えていなくて。しかも、ワイルドでめちゃくちゃで。この女性キャラがものすごくいいんですよ。

(赤江珠緒)へー!

(町山智浩)で、もう彼女を見ているだけで超面白いんですけども。


(赤江珠緒)ああ、そうですか。

(町山智浩)でね、もうこれね、いま公開されるっていうのは非常に象徴的だと思うのはね、トランプっていう人は去年のいまごろのテレビの最初のディベートでこう言ったんですよね。「ブスとデブとグズな女は大嫌いだぜ」と。

(赤江珠緒)よく大統領候補になってるな、本当。

(町山智浩)「それは政治家としては正しくないよ」とディベートで批判された時に、「だからさ、その政治的正しさとか、ごちゃごちゃ言ってるからアメリカは中国に負けるんだよ!」って言ったんですよ。

(赤江珠緒)はー!

(町山智浩)ねえ。で、今回の候補指名受諾演説でも全く同じことを言っているわけですね。「政治的正しさなんか気にしている余裕はない」って。それで、一方では民主党でははじめての女性候補のクリントンさんが選ばれようとしてますよね。これ、非常に象徴的な時代なんですよ。いま。

(山里亮太)ああ、本当だ。

(町山智浩)ねえ。で、クリントンさんの方のメールもリークされて大変なことになっているんですけど。これ、だからネットハッカーのものすごい攻撃を食らっているんですよね。恐ろしい時代になりつつあるなと僕は思ってね。

(赤江珠緒)いや、そうですね。うん。町山さん、日本でもまたね、すごい嫌な事件が起きてね。

(町山智浩)そうそうそう。

(赤江珠緒)なんかこう、自分の考え以外は正しくないみたいな感じで突き進む……

(町山智浩)こんなにね、差別が暴走することになるとは思わなかったですね。これは怖いな!っていうね。まあ本当に、ただ単に『ゴーストバスターズ』は怪獣映画としてもよくできているんですよ。今回も。

(赤江珠緒)そうなんですね。

(山里亮太)そうなんですか。また、あの時にいたマシュマロマンみたいなのがね。

(町山智浩)大怪獣映画としてもよくできていてね。ただ単に楽しみたいんですけどね。

(赤江珠緒)そうですね1980年代かな? あれは本当に普通に楽しめたのにね。

(町山智浩)そう。今度も別に映画としては全然楽しめるのに、なんでこんな、ねえ……レディーファーストの国だったはずのところで、女性嫌悪が暴走してるんだろう?っていう。悲しいですね。

(山里亮太)そういうことを問題にしようとして書いた脚本じゃないわけですよね? もちろん。

(町山智浩)全然ないですよね。ただ、それはなんとなく「女性っていうのは生きにくいよね」みたいなところが出てきているだけなんですけど。もう、戦争状態になっていますね。現在ね。

(赤江珠緒)そうかー。いやー、なんかちょっと暗い気持ちになっちゃう感じですね。

(町山智浩)映画自体は面白いんですよ。映画自体は。

(赤江珠緒)うん。『ゴーストバスターズ』、日本公開は8月19日からということなんでね。日本では普通に見られるかな?

(山里亮太)そうでしょうね。

(町山智浩)まあ本当に大変ですね。いま、アメリカは。こんなことになるとは思わなかったです。

(赤江珠緒)今日はアメリカで行われた共和党大会の模様と、リブート版『ゴーストバスターズ』。日本でも間もなく公開という映画をご紹介いただきました。町山さん、ありがとうございました。

(山里亮太)ありがとうございました。

(町山智浩)どもでした。

<書き起こしおわり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする