スポンサーリンク

ピエール瀧『陸王』小原部長を語る

ピエール瀧『陸王』小原部長を語る たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピエール瀧さんと外山惠理さんががTBSラジオ『たまむすび』の中で出演中のドラマ『陸王』についてトーク。自身が演じる小原部長について話していました。

(外山惠理)なんか『陸王』の話になったけど……。

(ピエール瀧)はい。見てます? 『陸王』。

(外山惠理)見てますよー。

(ピエール瀧)ああ、見てますか?

(外山惠理)本当、瀧さんが嫌いになりそう(笑)。

(ピエール瀧)ああ、はいはい。小原部長ね。

(外山惠理)はい(笑)。嫌いになりそうで。なんか……まあもちろん見ていますけども。厳しいですよ。瀧さんね。ちょっと竹内涼真くんへのサポートを打ち切るっていうのが。

(ピエール瀧)ああ、サポートね。はいはい。

(外山惠理)結構ドライな人ね。

(ピエール瀧)なんかね、イケメンを見るとちょっといじめたくなっちゃうところ、あるのかもしれないですよ。「困ってる顔、見たい~!」っつって(笑)。ねえ。小原部長。

(外山惠理)まあ、見ていない人がいるかもしれないから、あれだけど。でも、見る目はあるんですよね。この前、小籔さんにさ、「やっぱり打ち切ってよかった」って言われて、「お前の目は節穴か?」って言ったでしょう?

(ピエール瀧)ああー、(おじいさん的なしゃべり方で)「おみゃえの目は、ふしゅいあにゃかっ!」って。

(外山惠理)そんな口調じゃないですよね?(笑)。違う(笑)。

(ピエール瀧)えっ? 違いました? 本当に? 僕、本番OKテイク、こんな感じでしたんですけどね。(おじいさん的なしゃべり方で)「おみゃえの目は、ふしゅいあにゃかっ!」って。だからたぶんそこ、ちょっと声をいじったんでしょうね。

(外山惠理)それなんかも違うでしょう。だって。

(ピエール瀧)厳密には「おみゃー」って言ってますけどね。「おみゃーの目は、ふしゅいあにゃかっ!」って。エビフライ持って。

(外山惠理)アハハハッ! エビフリャーでおみゃーって?

(ピエール瀧)エビフリャー持って。「ちなみにこれはエビフリャー!」「あ、瀧さん、そこはいらないです」って。助監督が飛んできまして。「瀧さん、そのエビ……エビ、どっから持ってきたんすか?」って。

(外山惠理)アハハハッ! それやったら……シーンとしますでしょう。きっと。

(ピエール瀧)はい。シーンとしますでしょうな。はい。

(外山惠理)ねえ。本当に。

(ピエール瀧)「お前、日曜劇場をなんだと思っているんだ?」っていう。フハハハハッ!

(外山惠理)本当、絶対にできない雰囲気だと思う。ねえ。

(ピエール瀧)ねえ。やっぱり日曜劇場の伝統なんですかね? セリフとかもブワーッしゃべる感じのやつが結構あるんですよね。「ああ、その感じか」って。僕、だから前もいいましたけど、日曜劇場って見たことがないじゃないですか。

スポンサーリンク

実は日曜劇場を見たことがない

ピエール瀧 日曜劇場『陸王』顔合わせにあっさり遅刻した話
ピエール瀧さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で日曜劇場のドラマ『陸王』出演についてトーク。スタッフ・キャストの初顔合わせでいきなり遅刻してしまった話などをしていました。

(外山惠理)アハハハッ! 笑いながら言ってましたね。

(ピエール瀧)だから、又聞きとかで「セリフをベラしゃべり」とか「かならず悪役は凹んで終わります」みたいな。

(外山惠理)ああー、たしかに。「倍返しだ」も……。

(ピエール瀧)「びゃーがえしだっ!」。

(外山惠理)なんでそうなっちゃうんですか?(笑)。その時は結構長いなと思いましたけども。『渡る世間』か日曜劇場か、じゃないですか?

(ピエール瀧)ああ、なるほど。えなりくんか竹内くんかって。二者択一ですね。えなりか涼真かって。

(外山惠理)「えなりくんか」って、えなりくんに特定はしていないですけど。

(ピエール瀧)長くしゃべりそうじゃないですか。まあでも、その感じありますしね。それで、小原部長……原作だと、そんなに出てこないんですよね。実はね。原作の方だと、いまのドラマの分量よりもちょっと少ない感じなんですけどね。ただそこを、ドラマなんでね。いろいろと。

(外山惠理)でも瀧さんが出てくるからやっぱり見ていて面白いですけど。

(ピエール瀧)たぶんおそらく、1週目に見ていない人のためだったりとか、そういうのなんでしょうね。俺、「半腱様筋の損傷」って何回言ったかわかんないですもん。

(外山惠理)アハハハッ! そう、言ってた言ってた! 本当なんだろうなって。

(ピエール瀧)「半腱様筋の損傷か。あれは一度やったら癖になるからな」ってやつですね。あれ、すげー言うからさ。「半腱様筋の損傷」を言う係。あ、言う部長ですよ。だから。

(外山惠理)そうそう(笑)。

(ピエール瀧)「半腱様筋の損傷」を言う部長。

(外山惠理)ずーっとそれを言っていましたもんね。本当にね、どんどん面白くなって。見ていないと……最初、1話目とかはやっぱり暑苦しいなっていうところ、あるじゃないですか。だけど、だんだん慣れてくるわけですよ。

(ピエール瀧)暑苦しさにね。

(外山惠理)そうそう。で、「がんばれ!」って本当に応援したくなってくるから、瀧さんのことがどんどん嫌いになっていくわけ。でも、瀧さんのおかげであのシューフィッターの人はこはぜ屋さんに行ったわけだからさ。だから、瀧さんのおかげでもあるわけですよ。

(ピエール瀧)村野さんでしょう? (市川)右團次さんがやっているやつね。

(外山惠理)そう! あの人、いい人なの。

(ピエール瀧)あの人、いい人でしょう?

(外山惠理)本当にいい人なのになんでさ、その人を辞めさせちゃったんだろうな?って。結局自分で辞めたんですけどね。

(ピエール瀧)まあ、そうでしょうね。……ちょっとドラマ班に殴り込みに行きます? 本当に。「なんなんだ、それ!?」って。

(外山惠理)アハハハッ!

(ピエール瀧)「あんなにいい人をクビにして!」って。「『いくらでもいる』みたいなことを言って……バカなのか、お前のところは!」ってドラマ班、行きますか? いまから。本当に。

(外山惠理)行かないですよ。だって、誰も知らないもん(笑)。

(ピエール瀧)のぼりを持って。

(外山惠理)やだやだ、フフフ(笑)。

(ピエール瀧)行かなくていいっすか?

(外山惠理)行かなくていいです。見てます、見てます。それだけハマってるんだなっていう感じかな。

(ピエール瀧)だから小籔くんの佐山っていう役と僕の小原部長で、はい。

(外山惠理)2人してね。

(ピエール瀧)で、原作だとね、最後の方。クライマックスの方とかってあんまり出てこないんですよ。正直、本当は。

(外山惠理)最後、どうなるんですか?

(ピエール瀧)本当、小原部長は原作だとあんまり出てこないんですよ。あんまり出てこないんですけど、さっきも言った通り日曜劇場の伝統があるわけじゃないですか。やっぱり。印籠を出さない水戸黄門なんてあります?っていう話。

(外山惠理)そうかそうか。

(ピエール瀧)でしょう? やっぱり。だからそこはたぶん……まだ最終話の方の台本って僕、もらっていないんで。自分がどうなるか知らないんですよね。原作の中では知っていますけども、ドラマの中の小原部長がどうなるかはわからないんですよね。

(外山惠理)そうか。でも同じようになるんじゃないですか?

(ピエール瀧)そうなると、さっき言った悪い側が「ええっ……ごめんなちゃーい!」みたいなやつがなくなって終わったら、見ている人も気持ち悪いのかな? どうなのかわからないけども。

(外山惠理)たしかに。だって予想しながら見ていますもんね。私、「だいたい最後はこういう風になるだろう」っていうのが自分の中でありますもん。

(ピエール瀧)だから僕と小籔くんで2人して、「俺ら、どうされちゃうんだろうな?」って(笑)。「どうなるんだろう?」っつって(笑)。

(外山惠理)そうですよね。

(ピエール瀧)「どうされちゃうんだろう、俺たち?」っつって、ビクビクしてますけどね(笑)。

(外山惠理)アハハハッ!

(ピエール瀧)だから最後、ものすごく手厳しい罰が与えられるんでしょうね。僕と小籔くんは最後、だから。最後、もうあれでしょう? 炭素冷凍かなんかさせられるんでしょう?

(外山惠理)なんで、そんなに?(笑)。

(ピエール瀧)ハン・ソロと同じ形で2人でカチーンって凍らされて。炭素冷凍です、はい。

スポンサーリンク

最終的に炭素冷凍

(外山惠理)それは厳しいし、悪いことはしてないでしょう?

(ピエール瀧)シーズンいくつかをまたぐまで、復活してこないですよ。本当に。

(外山惠理)悪いことしてないじゃない、だって。

(ピエール瀧)悪いこと、してないですかね。はい。そうですね。

(外山惠理)別に。自分が応援するって決めた選手に一生懸命になっているだけで。ただ、その選手をあんまり人と思っていないところがある、嫌な人っていうだけで。ですよね。だから、それだけですよね。

(ピエール瀧)そうでしょうね。ビジネス。

(外山惠理)わからない。でも、これからだから。せっかくさ、上手く行った……見ていない人たちは全然面白くないでしょう? ごめんなさいね。

(ピエール瀧)まあ、そういうもんですよ。うん。

(外山惠理)でもね、結構面白いんですよ。

(ピエール瀧)見てた人にしても、ペラペラ嘘ばっかりしゃべってんじゃねえよ!っていうのはありますよ。だから、そういう「嘘ばっかりしゃべってんじゃねえよ!」っていう方のためにこっそりとお教えしますと……。

(外山惠理)えっ、最後?

(ピエール瀧)最後の方。

(外山惠理)最後を教えてくれちゃうんですか? やだよ! 最後、見ますよ。

(ピエール瀧)マジっすか? 最後、マラソンで小原部長が優勝します。

(外山惠理)アハハハッ! もうこの人、本当に嘘つき!

(ピエール瀧)はい。優勝しますよ。最後、小原部長が。

(外山惠理)絶対にないわ。走っているシーンなんてひとつもないじゃないですか。

(ピエール瀧)だから来週が走っているシーンで……。『フォレスト・ガンプ』のパクりで。

(外山惠理)アハハハッ! なんで?(笑)。違う、足袋屋さんが……。

(ピエール瀧)「エビの漁、やってます!」っていう。

(外山惠理)簡単に、見ていない人のために言うと、足袋屋さんがね。瀧さんは大手シューズメーカーの部長さんなんですよ。

(ピエール瀧)あの会社、外資系ですから。その日本支部の僕、営業部長なんですよ。

(外山惠理)大きな会社なんですよね。大きな会社なんですけど、その人がマラソンとかの応援をしているんです。もう一方で足袋屋さんが出てくるんです。足袋屋さんがもう足袋だけじゃやっていけないということで、マラソンシューズを作ることにするんです。そういう話です。

(ピエール瀧)そういう話です。

(外山惠理)で、いまマラソンシューズを作ったんですよ。いいのを。

(ピエール瀧)傾きかけている足袋屋さんが起死回生で足袋の技術を活かして、「マラソンシューズ、いけるんじゃね?」なんて言って。で、マラソンシューズを開発する話に僕と小籔くんが邪魔というか立ちはだかる系。

(外山惠理)そう。だから邪魔するの? 結局。せっかく上手く作って。それで竹内涼真さんはすごい有能なマラソン選手なんだけど、ケガしちゃうんですよね。それが、なんのケガでしたっけ?

(ピエール瀧)半腱様筋の損傷ですっ!

(外山惠理)アハハハッ! そうなんですよ。それで……。

(ピエール瀧)半腱様筋の損傷は一度やったらクセになりますから。

(外山惠理)そうなんですよ。それ、データも出ていてね。ちゃんと復活できる人が0%だったんですよね。だからもう、君との契約は打ち切ると……。

(ピエール瀧)iPadで説明しましたからね。本当にね。小籔くんがパッと「0%」って。ねえ。

(外山惠理)あれはね、見たらショックだと思う。

(ピエール瀧)ねえ。あれを作っているところを想像すると笑えますけどね(笑)。「これ、ボタンを押したら『0%』って出てくる方がインパクト、あるよな?」みたいな。「ページをシャッとスライドするよりも、ボタンを押してパッと出た方が押しが強いよな?」みたいな。ねえ。

(外山惠理)アハハハッ!

(ピエール瀧)佐山が「部長、これでいいっすか? ここをパッと押したら『0%』って」「おお、その方がいいな!」って。

(外山惠理)それで竹内涼真さんに足袋屋さんの社長、役所広司さんが「履いてほしい、履いてほしい」って思うの。この前はそれで履いてくれたところまでだったんですよ。走ってね。まだそこ、ビデオで見ていない人もいるかもしれないから、そこまでにしておこう。

(ピエール瀧)そうですね。

(外山惠理)そこで、走り終わった時に何かが起きて……みたいなね。。

(ピエール瀧)そういうことでしょうね。

(外山惠理)最後は?

(ピエール瀧)全員、ゾンビになります。(キッパリ)。

(外山惠理)アハハハッ! 本当にもうさ、どうしてそういう結末が出てくるんだろう?(笑)。ということで、ぜひ。いまので面白そうだなと思った方は見ていただきたいと思います。

(ピエール瀧)ゾンビとマラソンシューズですから。最高ですよ。

(外山惠理)もうやだよね。本当に。今日の1曲目、電気グルーヴ 『Cafe de 鬼(顔と科学)』です。

スポンサーリンク

電気グルーヴ 『Cafe de 鬼(顔と科学)』

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました