スポンサーリンク

勝俣州和 自然体の温泉レポートを語る

勝俣州和 自然体の温泉レポートを語る たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

勝俣州和さんがTBSラジオ『たまむすび』にゲスト出演。旅番組で温泉のコーナーを持っている勝俣さんが、いつも温泉レポートの際に心がけていることを話していました。

(カンニング竹山)でも、いちばん温泉に入っている芸能人ですよね。いちばんじゃないかもしれないけど。

(勝俣州和)そうですね。番組で行ってますからね。温泉は大好きですよ。

(赤江珠緒)ああ、そうですか。

(勝俣州和)サウナはちょっとダメですね。

(カンニング竹山)赤江さん、珍しいですよ。だって、50才の人が土曜の朝、毎回のように温泉に入ってるんだけど。すがすがしく見えるんですよ。朝。

(勝俣州和)(笑)

(赤江珠緒)ああー。

(カンニング竹山)なかなか・・・で、男ですよ?おじさんですよ。

(赤江珠緒)そうですよね。

(カンニング竹山)珍しいと思うんだよ。そんなの。

(赤江珠緒)珍しい。たしかに。

(勝俣州和)なんか、言われるんですよ。別に鍛えてもいないし。多少、筋肉つけるじゃないですか。温泉、自分のコーナー持ったら。

(赤江珠緒)裸体が見えてね。

(勝俣州和)もう、自然体で入るし。で、なんか男としてのいやらしさがないんですって(笑)。

(赤江珠緒)(笑)

(カンニング竹山)いや、『温泉行きたい!』って思うと、勝俣さんの画を見てるの。でも俺とかが入ると、『朝から汚えもん見せるな!』ってクレームが来るんだけど。それがないっていうね。

(赤江珠緒)なんだろう?勝俣さん、ちょっと野生感がありますもんね(笑)。

(勝俣州和)なんさか、子供なんでしょうね(笑)。『いやらしさがない』って言われるんで。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました