スポンサーリンク

笑福亭鶴瓶 眉村ちあき『大丈夫』を語る

笑福亭鶴瓶 眉村ちあき『大丈夫』を語る ニッポン放送
スポンサーリンク

笑福亭鶴瓶さんが2021年5月23日放送のニッポン放送『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』の中で眉村ちあきさんについて上柳昌彦さんと話していました。

(笑福亭鶴瓶)これ、いいんですよね。眉村ちあきさんっていうね。

(上柳昌彦)よく知っていますね! 眉村ちあきちゃん。

(笑福亭鶴瓶)知ってるの?

(上柳昌彦)この人が地下アイドルの時、スタッフにファンがいて。「別にいいんだけど」っていうぐらいゲストによく来てくれていて。

吉田豪 眉村ちあき『本気のラブソング』を語る
吉田豪さんがニッポン放送『金曜ブラボー。』の中で眉村ちあきさんの『本気のラブソング』を紹介していました。

(上柳昌彦)だけど作曲とか、即興で歌を作る才能が抜群にある子で。

(笑福亭鶴瓶)抜群にええ歌よ。俺、そんなん知らんかったけど。

「抜群にええ歌」(笑福亭鶴瓶)

(上柳昌彦)でも、自分のことを「アイドルだ」って言っているんだけども、僕は「あなた、アーティストだと思うけどね」って思うんですけど。でも「私はアイドルだから」っていう。

(笑福亭鶴瓶)今でもアイドルしてはるの?

(上柳昌彦)スタンスとしてはそうなんだけども。でも、メジャーでデビューして。自分で事務所を立ち上げて、株式を発行してファンの人にそれを買ってもらって。うまく自分の事務所も経営しながら歌を作っているんですけども。この人、作曲とか作詞の方に専念しても、それだけでも行けると思うんですけども。

(笑福亭鶴瓶)いやいや、すごいよかったよ、これ。

(上柳昌彦)変わった人ですよ。

(笑福亭鶴瓶)変わった人なの?

(上柳昌彦)変わった人ですよ。ただ、音楽の才能は異常にありますね。「こういうテーマで歌を作って」って言うと、即興でその場で結構いい曲を作っちゃうんですよ。即興で、歌詞も曲も。

(笑福亭鶴瓶)えらい人が出てきたな。

(上柳昌彦)しかしよく知っていますね。

(笑福亭鶴瓶)いやいや、ある人を追いかけていたら、眉村ちあきに……川崎鷹也とか、ああいうののあたりからずっと行っていたら、ここが出てきたんですよね。

(上柳昌彦)でもちあきちゃん、鶴瓶さんが認識しているっていうことを知ったらすごい喜ぶと思いますよ。

(笑福亭鶴瓶)ああ、そうですか。『大丈夫』。眉村ちあきさんです。

眉村ちあき『大丈夫』

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニッポン放送
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました