スポンサーリンク

猫ひろし 仁川アジア大会出場の模様を語る

猫ひろし 仁川アジア大会出場の模様を語る たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

猫ひろしさんがTBSラジオ『たまむすび』に出演。インチョン アジア大会にカンボジア代表のマラソン選手として参加した際の模様を語っていました。

(小林悠)本日のゲストは猫ひろしさんです!

(猫ひろし)どーもー!カンボジアから来日中の、そしてアジア大会14位の、猫ひろしです!よろしくお願いします。にゃー!

(小林悠)にゃー!

(玉袋筋太郎)うん。また来てね。

(猫ひろし)いやいや、違う!来たばっかりですから!

(玉袋筋太郎)いま来たか。

(猫ひろし)そうです!今日も朝、21キロ走ってきましたから。で、その後ご飯食べてるから、ちょっといま、かなり睡魔と戦い・・・

(小林悠)いやいやいや(笑)。

(玉袋筋太郎)寝るなよ!にゃー!

(猫ひろし)にゃー!大丈夫です。ぜんぜん大丈夫です。

(玉袋筋太郎)猫ひろし。本名が?

(猫ひろし)瀧崎 邦明です。生まれが市原市潤井戸1123で・・・

(小林悠)えっ、ちょっと待って・・・(笑)。

(玉袋筋太郎)奥さんの旧姓は?

(猫ひろし)岸田景子です。

(小林悠)本当ですか?

(猫ひろし)はい。僕、プライバシー一切ないんで。

(小林悠)さっき住所も聞こえた気がするんですけど(笑)。大丈夫ですか?

(猫ひろし)身近なカンボジア人なんで。

(玉袋筋太郎)そっか。お前、元日本人だもんな。

(猫ひろし)そうです。旧日本人です。

(玉袋筋太郎)旧日本人だよ(笑)。日本兵じゃねーんだから!大活躍で。見てたよ、お前。アジア大会。

(小林悠)見てました。

(玉袋筋太郎)おう、笑ったよ。ぜんぜん猫が映んねえんだよ。全く映んねえから。

(猫ひろし)いや、あれも韓国で結構フィーバーされて。僕だけの特集で5分くらいとかあったりとか。やっぱり日本人がカンボジアに国籍を移して陸上やっている変なヤツがいる。しかも、聞いたら芸人だって言って。で、すごい大会の次の日の新聞でも僕と公務員ランナーの川内選手の写真が並び載っていたりして。これはさぞ日本でもフィーバーされているのかな?と思ってオンエアーを見たら、最初の5秒しか映ってないんですよ。

(玉袋筋太郎)だから俺、ずーっと猫のランクどこだろう?って。データ放送で俺、追っかけてたから。データ放送で、猫ひろしがいたから。

(猫ひろし)一応19人選手が走りまして、その中で14位だったんですけど。僕、いちばん最初スタートしてから、いちばん最後からずーっと追いかけて行ってたんですけど。で、ひとりずつ抜かしていって、5人抜かしたんですけど。結局僕が抜かした人、全員僕に抜かれた後にリタイアしまして。一応、選手の間からは『八つ墓村』って言われて・・・

(玉袋・小林)(笑)

(玉袋筋太郎)作ってきたねー!(腕を叩いて)上げてきたなー、おい!猫ちゃん!

(猫ひろし)いや、実話ですから。

(小林悠)ではそんな猫ひろしさんの簡単なあらすじとその筋をご紹介します。1977年千葉県のお生まれです。現在37才です。大学生の頃にお笑いの魅力にハマった猫さん。大学を卒業した後にピン芸人として活動を始めると、2003年にデビュー。下積み期間を経て、テレビ番組に出演し始めると『らっせーらー!らっせーらー!』『ポーツマス!ポーツマス!』『昇竜拳!』などギャグ100連発でブレイクされます。その後、2008年にTBSテレビオールスター感謝祭をきっかけに本格的にマラソンを始めると、2011年にはカンボジア国籍を取得。今年のアジア大会ではカンボジア代表として出場し、多くの人に感動を与えてくれました。

(玉袋筋太郎)がんばったよ、お前。

(猫ひろし)ありがとうございます。

(小林悠)そんな猫ひろしさんのその筋は、その1。究極の選択 サッカー釜本さんの引退試合とスーパーマリオブラザーズでマリオを選んだ筋。その2。友達がどうなってもいいのか!?実の兄貴が脅迫電話の筋。その3。最初の芸名は『タランチュラ』。猫ひろしまでに30回改名した筋。その4。お尻から生クリームなんか出てないでしょ?母親から芸人になることを猛反対された筋。その5。身長差は40センチ。元K-1ファイターの武蔵さんは遠い親戚の筋。その6。マラソンランナーのきっかけは赤坂5丁目ミニマラソンの筋。その7。走る喜びを改めて実感。カンボジア国籍取得でアジア大会出場の筋。その8。嘘も時には大切 一時期、玉さんの運転手を務めていた筋。と、8本張ってらっしゃいます。

(猫ひろし)すっごい細かいですね。僕も忘れているようなことを。取ってきてくれたんですね。

(小林悠)発掘しました。

(玉袋筋太郎)じゃあ、ね。細かい話はまあ次回来てもらって・・・

(猫ひろし)いやいや、お願いします!もう後ないんですから。僕は!

(玉袋筋太郎)(笑)。たのむぞ、おい!

(猫ひろし)日本にいる間に稼がないといけないんです、僕は。出稼ぎ芸人ですから。いま、来日中ですから。

(玉袋筋太郎)いま来日だもんな。

(猫ひろし)日本に入る時も、ちゃんと再入国のところに並んで入ってますから。僕は。

(玉袋筋太郎)偉いよ、お前。

(小林悠)お住まいはカンボジアなんですね。

(猫ひろし)あ、基本は日本です。

(小林悠)あ、そうなんですね(笑)。

(猫ひろし)基本は日本で、試合があると向こうで合宿。3ヶ月とか。今年は4ヶ月ですね。

(玉袋筋太郎)だからその間な、生まれたばっかの子猫ちゃんと会えねーんだよな。

(猫ひろし)そうです。その間、スカイプでこう、やり取りして。

(玉袋筋太郎)うん。偉いもんだよ。そうですよ、この猫は。

(猫ひろし)まあ、ちょっと働かないと。

<書き起こしおわり>

    [関連記事]

  1. 猫ひろし 仁川アジア大会出場の模様を語る
  2. 猫ひろしが語る 玉袋筋太郎との関係とマラソンを始めたきっかけ
  3. 猫ひろしが語る カンボジアの生活と家族の話
タイトルとURLをコピーしました