スポンサーリンク

あばれる君 MCバトルで親をディスられ泣いてラッパー引退した話

あばれる君 MCバトルで親をディスられ泣いてラッパー引退した話 ザ・トップ5
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お笑い芸人のあばれる君がTBSラジオ『ザ・トップ5』にゲスト出演。元ラッパーでMCバトルに出場していたあばれる君が、バトル中に両親をディスられ、泣いてしまってラッパーを引退した話をしていました。

(蟹江一平)ちなみに芸人を始める前はなんと、フリースタイルラップのバトルに出場していたと。

(あばれる君)はい。

(外山惠理)ねえ。これびっくりしちゃった。

(あばれる君)だから(サイプレス)上野さんのことを僕は一方的に知ってたんですよ。

(蟹江一平)戦ったりも?

(あばれる君)いや、上野さんと戦うには相当上に行かなきゃいけないので。

(外山惠理)そうなんですか。

(あばれる君)はい。だから僕は下っ端のラッパーだったんで。

(蟹江一平)憧れの存在というか?

(あばれる君)そうですね。もう、雲の上の人っていう感じです。

(外山惠理)へー!

(蟹江一平)その頃、なんていうMC名だったの?

(あばれる君)MC NURARIって言いまして。

(外山惠理)ぬらり?

(蟹江一平)なんでNURARI?

スポンサーリンク

MC NURARI

(あばれる君)あの、スキンヘッドだったんですけど。あの、ぬらりひょんに似てるってことで。

(蟹江一平)ああー、ゲゲゲの鬼太郎だっけ?ぬらりひょん。

(あばれる君)そうです。妖怪です。それをもじってラッパーに様々にディスられまして。辛かったですね。

(蟹江一平)(笑)。さあ、そんなバトルの中で、泣いちゃったことをきっかけに引退したと。で、芸人に移行したと。

(外山惠理)泣いちゃったんですか?

(あばれる君)あの、お父さん、お母さんのことをディスられて・・・

(蟹江一平)どういう流れで?そういう感じになっちゃったの?

(外山惠理)(笑)

(あばれる君)『なんでそういうことを言うんだろう?』と思って。

(蟹江一平)親のことをディスり合ってたの?

(あばれる君)いや、『お前は望まれた子じゃない』って言われて。

(外山惠理)ひどーい!だって、知らない人でしょ?

(あばれる君)知らない人です。『お前の親はバカだ。ここがお前の墓場』って言われた時に、泣いたんです。僕。

(外山惠理)嘘!?

(蟹江一平)でも、ある意味感受性がすごく鋭いよね。

(あばれる君)そうですね。

(蟹江一平)そういう瞬間、別に行けるんじゃないの?『だったらもっとすごいラップで』って。

(あばれる君)いや、福島から東京に出てきた時の親の顔が浮かんじゃって。ボワーンと。『俺、深夜にクラブで何やってんだろう?』と思って。

(蟹江一平)たこ焼き屋でバイトしながらね。

(あばれる君)たこ焼き屋でバイトして。はい。

(外山惠理)やさしい子!

(あばれる君)俺には寿司屋が似合ってるってその時、思いました。そん時。

(蟹江一平)いや、芸人じゃねーのかよ!これ、『芸人に専念』って書いてあるよ。

(あばれる君)(笑)。あ、そうです。そうです。芸人になりました。そこで。

(外山惠理)そんなことがあったんだ。へー!

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました