マキタスポーツが語る 小室ファミリー曲が会社宴会カラオケに向かない理由

マキタスポーツさんがTBSラジオ『東京ポッド許可局』で、会社の宴会で歌えるの鉄板楽曲を選ぶカラオケJAPANに小室ファミリーの曲を選ばなかった理由を語っていました。


(サンキュータツオ)(リスナーのメールを読む)『先日のカラオケJAPANを聞いてハッとしたのは、あれだけ一世を風靡した小室ファミリーの曲が一曲も入っていなかったということです。20代から30代の同年代の人とカラオケに行く時には、TRFや安室ちゃん、globe、浜ちゃんの曲などはマストです。でも40代のマキタさんや鹿島さんにとってはそうでもないのでしょうか?あれだけミリオンミリオンで売れてきた歌なわけで、AKBやきゃりーぱみゅぱみゅがOKなのであれば、小室ファミリーこそ誰でも知ってるし、バカになれる曲だと思うのですが、お三方のご意見を教えて下さい』。ありがとうございます。

(マキタスポーツ)僕が選ばなかった理由はね、小室ファミリーっていうか特にTRFとかって、間奏が長いんですよ。

(サンキュータツオ)ああー!そうですね。

(マキタスポーツ)なぜか?ダンスタイムになっているからです。で、globeとかも間奏のところにマーク・パンサーのいらんラップが入ってる。

(サンキュータツオ)なんかクラブ仕様なんだね。

(マキタスポーツ)クラブ仕様で。だからそういうレギュレーションで作ってたんですよ。小室さんって。だから歌モノとしてはちょっとカタルシスがあんまりないんですよ。

(サンキュータツオ)あと、キーが高い。

(マキタスポーツ)まあ、曲によってはもちろんそうですね。KEIKOさんのとか、高いですしね。たしかにね。

(プチ鹿島)僕が本当TRFを・・・まあ、よく聞いてましたよ。あの時代。聞いていたっていうか、流れてきていたじゃないですか。選ばなかったのはやっぱり、暑かったね。猛暑を思い出すんですよ、僕。安いアパートに住んでいた頃だから。猛暑を思い出して、暑くてしょうがないんです。TRFってね。

(サンキュータツオ)すごい個人的なこと。

(プチ鹿島)そうですよ。個人的です。カラオケJAPAN。

(マキタスポーツ)サビはすごくいいんですよ。サビのところはみんなで歌える感じになっているからいいんですけど。

(サンキュータツオ)俺はなんかやっぱり90年代後半だったので、あんまりいいイメージがなかったんですよね。

(プチ鹿島)タツオだって個人的じゃねーか。

(サンキュータツオ)暗黒期だったんで。

(マキタスポーツ)個人的な(笑)。

(サンキュータツオ)大学の学部の5年間。

(プチ鹿島)玉竜旗じゃなくて?

(サンキュータツオ)違います。暗黒期。

(マキタスポーツ)(笑)。玉竜旗はもっといいやつですよ。

(サンキュータツオ)ただ、たしかにカラオケでみんな歌っていたイメージはあるんですけど。

(マキタスポーツ)歌ってました。歌ってました。

(サンキュータツオ)どうしてもなんか高いところがみんな出なくて。無理している感じのを聞きたくない感じ、あった。

(プチ鹿島)あと、大量消費っていうのはすぐ忘れますよ。

(サンキュータツオ)そんなことを言ったら、ヒット曲全部そうですよ。

(プチ鹿島)大量消費ってすぐ忘れます。2回言いました。大事なことなので。

(マキタスポーツ)(笑)

<書き起こしおわり>

[関連リンク]マキタスポーツが語る カラオケ選曲論
[関連リンク]マキタスポーツ プチ鹿島が語る 盛り上がるカラオケ鉄板選曲例

スポンサーリンク

堀込高樹が語る KIRINJI『雲呑ガール』歌詞に『過払い金』を使う理由

KIRINJIの堀込高樹さんがTBSラジオ『ジェーン・スー相談は踊る』にゲスト出演。KIRINJIの『雲呑ガール』の歌詞の中に『過払い金』という言葉を使った理由を語っていました。


(ジェーン・スー)お送りしたのはKIRINJIで『雲呑ガール』でした。さあ、この曲なんですけども、『過払い金』とかちょっと不穏な言葉がいくつか出てきますけども。

(堀込高樹)そうですね。

(ジェーン・スー)なんでこの言葉、使ったんですか?はじめて聞いたんですけど。過払い金の歌。

(堀込高樹)ラジオ聞いてると、『過払い金返還請求出しましょう』みたいなCM、多いじゃないですか。

(ジェーン・スー)ありますよね。たくさんありますね。

(堀込高樹)で、とにかく多くて。『なんだろう、過払い金って?』って思って。で、調べてみたら、『ああ、そういうことか』と。

(ジェーン・スー)あ、過払い金をわざわざ調べたんですね。

(堀込高樹)そう。どういうものか。法律が変わってね・・・っていう話があって。なるほど!と思って。これはもう、誰かが使う前に歌にのせなきゃ!って。

(ジェーン・スー)(笑)。そんな!

(堀込高樹)もう、競争ですから。

(ジェーン・スー)あ、たしかに。でも私もあります。作詞の発注の時に『誰もまだ使っていない言葉をのせてください』っていうのは、すごいざっくりしたことで言われたりして。

(堀込高樹)難しいですよね、それ。

(ジェーン・スー)いや、めちゃめちゃ難しいですよ。でも、『風林会館前集合 今夜は奢る 過払い金が戻ったから』って。この人、ぜったいまた借金しますよね?

(堀込高樹)(笑)。気持ちが大きくなってますから。

(ジェーン・スー)ねえ。完全に。また、前借りしちゃうタイプの人だと思うんですけど。そしたらまた過払い金を戻せばいいってことですかね?

(堀込高樹)もう、それないんです。法律が変わって。1回だけ。このチャンスだけなんです。

(ジェーン・スー)みなさん、このチャンスだけです。過払い金が戻ってくるのは。本当に。そんなことを思い出しながら、KIRINJIのアルバム『11』、お聞きになってはいかがでしょうか?

<書き起こしおわり>

[リンク]KIRINJI 雲呑ガール 歌詞(うたまっぷ)


11(初回限定盤)(DVD付)
11(初回限定盤)(DVD付)
posted with amazlet at 14.08.14
KIRINJI
ユニバーサル ミュージック (2014-08-06)
売り上げランキング: 106

スポンサーリンク

ラッシャー板前 旅サラダ グルメレポートでマズい時の反応を語る

ラッシャー板前さんがTBSラジオ『たまむすび』にゲスト出演。18年間レポーターを務める『旅サラダ』のグルメレポートで、あまり美味しくなかった際のリアクションについて語っていました。


(小林悠)(リスナーのメールを読む)『ラッシャーさんに質問です。旅サラダ、毎週見ています。ラッシャーさんはあらゆる食材を美味しそうに食べてらっしゃいますが、本当に美味しい時と、そんなに美味しくないけど、美味しい!とリアクションしなければいけない時の違いをどのように見分ければいいでしょうか?』と。

(ラッシャー板前)ああ、いいところをついてきますねー!

(玉袋筋太郎)内角球ですね!

(ラッシャー板前)基本的にね、旅サラダは郷土料理をやらないんで助かってるんですよ。郷土料理ってその土地ではたしかに美味しいですけども。やっぱり部外者が入っていくと意外と辛いものがあるんですよ。

(小林悠)なるほど。独特ですからね。

(ラッシャー板前)たとえば長野の蜂の子食べたりするわけじゃないですか。ザザムシ食べたり。でも、旅サラダ基本的にそれをやんないからいいんですけども。まあ、時にはありますよね。

(小林悠)ちょっと特殊なものが。

(ラッシャー板前)で、まあ食べた時に『おおー!きましたねー!これは、なんとも言えない!いやいやいや、はじめてのこの味だなあ!』って。

(小林悠)(笑)

(玉袋筋太郎)『きましたね!』だ!(笑)。

(ラッシャー板前)『きましたねー!インパクトのある味!なんでしょうか?』

(玉袋・小林)(笑)

(ラッシャー板前)『でもこれ、好きな方とちょっと苦手な方。はっきりしますね!僕はオッケーですよ!』って言ってる時は、ちょっときてるなーって(笑)。

(小林悠)それ、いい!

(玉袋筋太郎)さすが!

(ラッシャー板前)好きな方、いらっしゃいますからね。

(玉袋筋太郎)そりゃ、そうだよね。

(小林悠)もう全方位に優しいコメントですもんね。

(ラッシャー板前)そうそう。『癖がある』とかは絶対・・・『きましたねー!インパクトがある!』って。で、『好きな方とちょっと苦手な方、はっきり。これがいいんですよね!』って言ってあげると、『そうそうそう!それでいいんだよ』っていう。そういう表現の時は、いろいろありますよね。

(玉袋筋太郎)兄さん、伊達に18年続けてないよ!

(小林悠)旅サラダ、毎週ですから。

(ラッシャー板前)いい質問しますねー。旅サラダ、意外といいです。うん。

(玉袋筋太郎)いやー、本当に元気な兄さんでいてくださいよ。一緒にまたお酒でも飲んで、昔話に花を咲かせたいですね。

(ラッシャー板前)おっ、最近飲んでないから。

(小林悠)あ、いいですね。これから、毎週旅サラダ、みなさんもご覧になってください。

(ラッシャー板前)『知っとこ!』も見てください。TBS、知っとこ!も。

(玉袋筋太郎)偉い!痛風を患いながらグルメレポーターをやっている!大変だよ。

(ラッシャー板前)薬飲んでいれば大丈夫!痛くないよー!

(玉袋筋太郎)(笑)

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク