AKLO SALU K DUB SHINEが宇多丸に語る『RGTO』制作裏話

AKLOがTBSラジオ『タマフル』でSALU、K DUB SHINEとスタジオライブ!ライブ終了後に宇多丸さんと『RGTO』の楽曲やMVの制作について語り合っていました。

教師ダースレイダー

(宇多丸)AKLOスタジオライブお届けしました。これが日本語ラップ最先端。日本のHIPHOPがここまで来たという証明でございます。そして、AKLOくんと一発カマしてくれました。ちょっとだけ出てくださいよ、SALUくんも。まあいいじゃん、こっちゃんも。SALUくん、ありがとう。

(SALU)こちらこそ、ありがとうございました。

(宇多丸)あの、さっきの『RGTO』、Rap Game Try Out。ビデオがありますよね。ネットで見れるやつがあって、僕も見たんですけど、これすごかったっすね。この番組を聞いている人にわかりやすく説明するなら、『クローズ』みたいな感じの。ヤンキー学校の対決ものみたいなあれなんだけど。

(AKLO)(笑)。そうですね。

(宇多丸)ね。AKLOくん、ぜんぜんそういう暴力的イメージないんだけど。ないんだけど、まずあの短ランのあの感じとかすごい様になっていて役者よのうっていうのと、やっぱりSALUくんが敵対するさ、怖いチームのボス。SALUくんこそ怖さ要素ないと思っていたのに、なんか、マジ怖いじゃん。あれ。

(SALU)いやいや、真面目だけが取り柄で(笑)。

(宇多丸)なんかちゃんと線が細いから怖い人の感じがちゃんと出てて、ヤバかったよ。内面、怖いんだよ(笑)。『がんばってほしい』みたいなこと言ってね(笑)。いや、素晴らしかったですよ。

(AKLO・SALU)(笑)

(宇多丸)そして、こっちゃんが学校の先生役っちゅーか・・・

(K DUB SHINE)生活指導です。

(宇多丸)なんですか?そのポーズは?そういう、ラジオで見えない面白いことやっても・・・

(K DUB SHINE)マイクスタンドがちょっと、いつもないから。

(宇多丸)こっちゃんのキメの、『なんか仲良くやっとるな』みたいなあの表情一発でもう、ズルいなっていうのはありましたよね。

(K DUB SHINE)あれ、監督が後ろで俺のことをくすぐってたんですよ。

(AKLO・SALU)(笑)

(宇多丸)いらないことをいわなくていい。じゃあちなみにAKLOくんね、こっちゃんをフィーチャーしたのはなぜなんですか?

(AKLO)いや、もう二人で最初、俺とSALUくんのところまでできて、『次もう一人誰がいいかな?』っていろいろ考えていた時に、『ここは絶対にK DUBさん合うでしょ!』って本当に思って。それでオファーしました。

(宇多丸)おー。いや、でも絶妙な。まさかのこっちゃん起用だったから。

(K DUB SHINE)なんかまた俺の時代が来たって言われていて。

(宇多丸)(笑)。そのポーズが気持ち悪いんだけど(笑)。

(AKLO)言われてますよ、でも。

(K DUB SHINE)本当ですか?

(AKLO)言われてます。

(宇多丸)でも、『物騒な発想』もね、調子良かったし。

(K DUB SHINE)今年はみなさんのおかけです。とんねるず。

(宇多丸)よかったね。今年の頭に二人で焼肉屋で話しあった甲斐があったね。

(K DUB SHINE)去年、俺の涙いっぱい見たもんね。

(宇多丸)(笑)。そうそうそう。まあでも本当に、素晴らしいライブありがとうございました。

<書き起こしおわり>




The Arrival
The Arrival
posted with amazlet at 14.09.04
AKLO(アクロ)
LEXINGTON CO., LTD. / ONE YEAR WAR MUSIC (2014-09-03)
売り上げランキング: 299

スポンサーリンク

ジェーン・スー著書解説 貴様女子『Proud to be a BBA』を語る

ジェーン・スーさんがソラトニワFM『シケ金』で著書『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』であまり反響がない章『Proud to be a BBA』について解説していました。ゲストのDJ YANATAKEさん、渡辺志保さんとの会話です。


(ジェーン・スー)貴様女子でも、まだ誰にも引っかかっていないポイントっていうのが1個だけあって。まだ誰にも引っかかっていないっていうか・・・『Proud to be a BBA』っていう章があるんですよ。それは何かって言うと、BBA。ババアであることに誇りを。いや、結局ね、ブスとかデブとかババアとかっていうディスの言葉に、どう解釈してどう対応していけばいいか?っていうことを、本で結構丁寧に3章ぐらいに分けて書いてるんですけど。そのうちの1個に『Proud to be a BBA』っていうのがありまして。ババアっていうのをどうやって受け止めていくか?っていう時に、ババアをね、言わせないってのは無理よ。

(渡辺志保)あ、無理。なるほど。

(ジェーン・スー)ババアを放送禁止用語にするのは無理。ぜったい誰かが言う。禁止用語にすればするほど言う。ってことは、これはババアをかっこいい言葉にするしかないんじゃないか?っていうことで、まったく読んでいる人のほぼ9割がわかんないところでね。私はね、『ババアをN*ggaにしよう』っていう話を延々としてるんですよ。

(渡辺志保)(笑)。あらら、Nワードと同じような感じで。Bワードみたいなね。

(ジェーン・スー)このラジオ、思わず発音してしまいましたけど。黒人に対しての侮蔑用語としてのNワードは最後に『er(N*gger)』になるんですけども。

(渡辺志保)それがつくと差別的だけど、ってうね。

(ジェーン・スー)黒人同士だけが、自分たちのディスとして始まった言葉を、尊厳の言葉として・・・

(渡辺志保)昇華させたようなね。

(ジェーン・スー)意味を再定義したものっていうので、その最後をですね、『er』じゃなくて『a(N*gga)』になっているのがあるわけですよ。っていうことで、あれにしよう!っていうことを延々と書いてるんですよ。私。

(渡辺志保)あ、『BBER』じゃなくて、『BBA』っていうことですかね?

(ジェーン・スー)『BBER』じゃなくて、『BBA』にするっていう。『YO,BBA!』っていうことを。

(渡辺志保)(手を叩いて笑う)

(ジェーン・スー)いや、最高だと思わない?

(DJ YANATAKE)いや、わかるけど、なんならもっと新しいワードを作ったらいいんじゃない?

(渡辺志保)逆にね。一から。

(ジェーン・スー)いや、もうね、ディスり用語はディスり用語で残っていっちゃうから。

(DJ YANATAKE)そっかそっか。逆手に取りたい。

(ジェーン・スー)これも誰にも伝わらないんだけど、私はずっと『ニヤニヤ顔のローザ・パークスでいたい』って言っているわけ。

(ヤナタケ・渡辺)(笑)

(渡辺志保)『バス、座っちゃうよ』みたいな。

(ジェーン・スー)バスの座っちゃいけないところに座って、『さーて、なぜいまみんなイライラしてるのかな?』っていう顔をニヤニヤしてたいわけ。



(渡辺志保)背徳的な。歴史的なね、背景がね・・・

(ジェーン・スー)伝わらないから。HIPHOP好きだった私が悪い。で、それを友達に言ったら、『それさ、まずローザ・パークスの前のマーチン・ルーサー・キングとマルコムXと、全部わかんないよ』って言われて。『あ、そっか』って思って。だからそこで、何年に奴隷制度が廃止されて・・・みたいな話とかを書いていて。まああんまりそこは拾われてないんだけど。気持ちとしては、BBAを・・・

(渡辺志保)かつてはね、公民権運動を経て勝ち取った!みたいな感じで。

(ジェーン・スー)っていうか、かっこいい言葉にしたらいいわけよ。

(渡辺志保)たしかにね、BBAをファッショナブルな。

(DJ YANATAKE)お互いが言い合う感じで?

(ジェーン・スー)そう。お互い。

(渡辺志保)『What’s up, BBA!』みたいな?

(ジェーン・スー)『What’s up, BBA!』『YO! What’s up, BBA!』『YO! BBA,what’s been up to?』って言いながら、他の人が調子に乗って『YO, BBA!』って言ったら、『ハァッ!?』っていう。

(渡辺志保)『おめー、ババアじゃねーだろ!』って。

(ジェーン・スー)そう。徹底的にディスられるっていう。

(DJ YANATAKE)なるほどね。俺が気軽にそれ言っちゃダメなのね。

(渡辺志保)言ったらもう、吊るしあげられますよ。

(ジェーン・スー)だから『使いたい、使いたい。でも使っちゃいけない』みたいな言葉にしたいわけ。

(渡辺志保)それはでも、言えてるかもしれない。いや、かもしれない。

(ジェーン・スー)で、ハッシュタグとかで、『イカすババア』とかっていうハッシュタグとか流行って。Instagramとかで。

(渡辺志保)『#hotBBA』とかね。

(ジェーン・スー)そうそう。『#iksBBA』っていうのがね。

(DJ YANATAKE)なるほど。それはいいかもしれない。

(ジェーン・スー)まあ、話がズレちゃったけど・・・

<書き起こしおわり>

貴様いつまで女子でいるつもりだ問題
ジェーン・スー
幻冬舎
売り上げランキング: 3

スポンサーリンク

DJ YANATAKEが語る 3rd Bassと過ごした高2の夏休みの思い出

DJ YANATAKEさんがソラトニワFM『シケ金』に出演。ジェーン・スーさんと渡辺志保さんにHIPHOPグループ 3rd Bassの日本ツアーに同行した高校2年生の夏休みの思い出を語っていました。HIPHOP深イイ話!


(ジェーン・スー)そして、今日来てもらったヤナタケさんなんですけど、twitter見ていたら、すごいことが起こってたじゃないですか。

(DJ YANATAKE)(笑)。そうそうそう。なにから説明したらいいかな?

(ジェーン・スー)あのですね、ヤナタケさん、実は初めてここに来てもらった時に、なぜいまHIPHOPのシーンにヤナタケさんがいるのか?そのルーツを探せっていうことで。いちばん最初にヤナタケさんがHIPHOPにハマった、いちばんエポックな出来事はなんですか?っていう話をした時に、3rd Bassのなぜか日本ツアーに・・・

(DJ YANATAKE)そうそう。いくつかね、自分の中でHIPHOPにハマったきっかけはあったんだけど。まあ3つぐらいあるんだけど、そのうちの大きな1つが高校2年生の夏休みに、Def Jamレーベルっていう、いまでもありますけど、HIPHOPのナンバーワンのレーベル。

(渡辺志保)そうですね。今年30周年の。

(DJ YANATAKE)30周年のね。そこからですね、白人のMC2人。で、黒人のDJ1人の3rd Bassっていうグループがいたんですけど。まあ、25年前ですよね。彼らデビューして。でも、アメリカでもすごい人気が出たんですよ。で、ジャパン・ツアーで初めて来た時に、ひょんなことから友達になって。

(ジェーン・スー)しかも、高校生でしょ?その時。

(DJ YANATAKE)高校2年生。

(渡辺志保)ひょんな・・・ひょんすぎますね(笑)。

(ジェーン・スー)その『ひょん』が知りたいよね。

(DJ YANATAKE)ひょんを簡単に言いますと、この(スタジオ)いま原宿にありますけど、すぐ近くにラフォーレ原宿ってありますね。当時、地下にTOKYO NO.1 SOUL SETの渡辺俊美さんっていうね、ギターの方がやっているセルロイドっていうですね、クラブ系ファッションの洋服屋さんがあったんです。

(ジェーン・スー)あー!あったねー!

(DJ YANATAKE)で、俺もそこに毎日のように通っていて。で、そこのお店に、なんか黒人がお客さんでいたんだけど。別に気にせずに俺は制服のままね、歩いて。今度は渋谷の方をチェックしに行こうかな?と思っていたら、同じ黒人がついてきたの。俺のあとを。で、なんか話しかけられて。当時、25年前だからHIPHOPっぽい服すら日本ではぜんぜん売ってないわけ。

(渡辺志保)なるほどね。

(DJ YANATAKE)マジ売ってないの。本当に、超限られた店にしか売ってなくて、『東京はどこに行けばそういう服があるんだ?』みたいなことをたぶん言われてたの。英語で。で、いまからそういうね、マンションの1室みたいなお店だから、行くから一緒に行こうよ、みたいに言ったやつが、要するに呼び屋に仕事をしてたの。

(渡辺志保)プロモーターさん。なるほど。

(DJ YANATAKE)で、そいつが仲良くなって話していたら、どうやら、俺の当時の英語力ね。どうやら、エムザ有明っていうですね・・・

(ジェーン・スー)懐かしいねー!バブルだねー!

(DJ YANATAKE)そう。バブル期を代表するライブハウスがありまして。そこに3rd Bassっていうやつらを仕事で呼んでやっているから、お前、遊びに来いよと。で、まあ行ったんですよ。したら、わけもわからず入れてくれて。そいつに会って入れてくれて。当時、携帯とかもないからね。

(ジェーン・スー)そうだよね。SNSがあったら、即上げだよね。

(渡辺志保)(笑)。即上げですね。たしかにね(笑)。

(DJ YANATAKE)そうそうそう。で、行って楽屋まで入れてもらって。で、俺当時、いろんなものを首からぶら下げるのが流行ってたんですよ。俺ね、高校生の時ね、任天堂のGAMEBOYをぶら下げてたの。

(渡辺志保)すごい(笑)。

(ジェーン・スー)時計とかではなく?

(DJ YANATAKE)そうそうそう。そういうのが流行ってたの。で、それをMC Serchっていうね、リーダー的なラップをする人が『なんだそれ!ヤベー!超ほしい!』みたいになったんだけど、それは特注で作ってもらったやつだから。知り合いに。で、『あげられないけど・・・』っつって。でもゲーム一緒にやって遊んでて。いわゆる日本人がやる裏ワザみたいなのって、当時アメリカ人とかってあんまりよく知らなかったの。

(渡辺志保)伝わってなかったんですかね。

(DJ YANATAKE)いまは『チート(cheat)』とか言って外人とかもいっぱいあるけど。当時裏ワザっていうものはね、知らなかったの。で、グラディウスっていうさ、撃つゲームがあって、有名なコナミコマンドっていうのがあるんですけど。『上上下下左右左右BA』ってボタンを押すと、すごい装備が付きますみたいな。それをやったらもうびっくりしちゃって。『なにこれ!?』みたいな。で、そういうのをきっかけに仲良くなって。で、その日ライブを見て帰るんですよ。したら次の日、今度は友達のライブ。Wack Wack Rhythm Bandね。友達っていうか先輩のライブを見るのに、俺は当時錦糸町の近くに住んでいたんだけど、地下鉄に乗ったの。そしたら、その地下鉄にMC Serchが乗ってたの。DJと一緒に乗ってたの。

(渡辺志保)すごいな!ニューヨークじゃないのにね。

(DJ YANATAKE)そうそう。えっ!?っつって。『お前、昨日のGAMEBOYじゃねーか!』って言われて。

(ジェーン・スー)まさにGAMEBOY(笑)。

(DJ YANATAKE)で、『俺は友達のライブに行くけど。どこ行くの?』っつったら、『東京ジャイアンツを見に行く』とか言っていて。したら、『来週の何曜日に、明日とか明後日とか。芝浦のGOLDっていうところでライブやるから、お前来い!』って言われたんです。で、行ったの。その時は別にゲストとかもないし。普通にでも、お金払って行ったんです。すごい高かったけど。5000円ぐらい?

(ジェーン・スー)高校生にしたらね。

(DJ YANATAKE)で、まあ行ったんだけど。行って終わったら、当時1時ぐらいで終わっちゃうんですよ。クラブ。終わってたの、マジで。

(渡辺志保)朝までではないんですね。

(DJ YANATAKE)なくて。で、終わって外でどうしようかな?電車も・・・でも若いから、3・4時間ぐらいテトリスやってれば・・・

(渡辺志保)GAMEBOY。出ました(笑)。

(DJ YANATAKE)そうそう。電車、来るかなんて思っていたら、GOLDの前でずっとうだうだテトリスしてたら、こそーっとナンパしたお姉ちゃんを連れた3rd Bassがやってきて。『あれ?お前、GAMEBOYじゃねーか』って言われて。なんかどうやら、『送って行ってやるよ。昨日の電車のあたりに住んでるのか、お前は?』って。で、別に殺されるわけじゃないし。とりあえず、言われるがままに乗ってみたら、すごい、前に3人乗れるリムジン。運転手、俺、Serchが前に乗って、後ろにナンパしたお姉ちゃんがガバーッ!って乗って。

(ジェーン・スー)HIPHOP!

(DJ YANATAKE)(笑)。で、どうやら本当に家の方に行くわけよ。で、本当に家のところに行って、『あ、もういいよ。ここで止めてください』っつって。『あそこ、家なんで』って言ったら、3rd Bassが『泊まっているホテル、ウチはそこだから』って言われて。『とりあえずお前、明日秋葉原行くから来い!』って言われて。で、次の日、その近くのホテルに行って、から始まって。日本にいる間、ずーっと一緒にいたの。だから。

(渡辺志保)すごーい!あ、私てっきりヤナタケさんがね、某レコードストアで働いている時のつながりかと勝手に思ってたんですけど。

(DJ YANATAKE)違う違う。高校生だから。

(渡辺志保)そうじゃないんですね。

(ジェーン・スー)すごい話だね。これ。

(渡辺志保)リアルマスコットボーイなんですね。じゃあ。

(ジェーン・スー)リアルマスコットボーイであり、リアルゲームボーイ。

(DJ YANATAKE)そうなの。ほんでもう、たとえばどこどこのお店に行きたいから、とかも。自由が丘のSTUSSYに行こうぜ!とかって、一緒に連れて行ったりとか。なんかいろんなお店に一緒に行ったり、ご飯食べたり。ずーっと、とにかくしてて。

(ジェーン・スー)それをさ、25周年。これ、SNS素晴らしいよね。そいでなんとですね、その3rd Bassが25週年なわけですよ。今年。で、MC SerchがSNSやっていて。twitterやっていて。なんか『ハッシュタグつけて、俺たちの25周年のエピソードくれよ』みたいなことをつぶやいて。それに返事したわけですね。ハッシュタグつけて。

(DJ YANATAKE)そうそう。この間、たまたまウィークエンドシャッフルにね、宇多丸さんの。出させてもらった時に打ち上げで久々にこの話をしたら、宇多丸さんが『なにそれ!そんな話、あったのか、お前!』っつって。それで覚えていて、ちょうどそれをtwitterで見て。結局それはInstagramのリンクを貼っていただけで、今度Instagramの方に行って、MC Serch探して。で、じゃあちょっとそんな宇多丸さんの話もあったし。もっとなんでその時に、『もっとグイグイいけばよかった。もっと仲良くなっておけばよかったね』って言われたから、じゃあまあ、連絡してみようかなって。でも俺は当然忘れていると思ったの。

(ジェーン・スー)まあ、25年前だからね。

(DJ YANATAKE)そうそうそう。で、『あの時首からGAMEBOYぶら下げてた俺だよー。いまはHIPHOP DJとかもやってるけど、すごい3rd Bassに感謝してるよ』みたいなことを言ったら、リプライくれて。ちゃんと覚えていてくれて。

(渡辺志保)すごいですね!よほど・・・

(DJ YANATAKE)いやいや、すっごい嬉しかった。

(ジェーン・スー)結構目頭ジーンと来る感じの。

(渡辺志保)いやー、本当ですよ。HIPHOPかなり深イイ話ですよ、それは。

(ジェーン・スー)本当。しかも、これはやっぱりさ、志保ちゃんとかがMC Serchに教えてあげた方がいいよ。『この人、いま結構HIPHOPおじさんだよ!結構な重鎮だよ!』っていう。

(渡辺志保)HIPHOPおじさん(笑)。『HIPHOPホール・オブ・フェイムだよ!』ぐらいの感じで。

(DJ YANATAKE)いやいや、そんなことはないんですけど。でも、普通に超嬉しくて。今日の朝。

(ジェーン・スー)あのさ、無茶ぶりするけど、3rd Bass呼ぼうよ。

(DJ YANATAKE)いやいやいや!

(渡辺志保)そうだね。25周年。

(DJ YANATAKE)いま、なんかやってんのかな?3rd Bass。いや、3rd Bassとしては活動してないと思うよ。でもなんか、文化人っぽくなっていて。CBSかどっかの有名な局のトークショーとかいま、司会で。

(渡辺志保)あら、すごい。

(ジェーン・スー)呼ぼうよ!

(渡辺志保)じゃあ、是非是非。

(ジェーン・スー)それ、結構涙じゃない?涙涙。

(渡辺志保)セッティングしていただいて。

(DJ YANATAKE)でもなんか、最近・・・なにを言おうと思ったんだっけ?でも、すごいことだよね。

(ジェーン・スー)すごいよ!

<書き起こしおわり>






ALL “INSIDE OUT” EVERYTHING × AKLO 『The Arrival』RELEASE PARTY





スポンサーリンク