宇多丸 為末大『日本人にHIPHOPは馴染まない』ツイートに反論する

ライムスター宇多丸さんがTBSラジオ『ウィークエンドシャッフル』で、為末大さんがtwitterで『日本人にHIPHOPは馴染まない』とツイートしたことに対して反論していました。



(宇多丸)いまそんなね、呑気な話をしている場合じゃないってことなんですよね。本日ね、ムービーウォッチメンも『TOKYO TRIBE』ということですし、メインの特集も『ライムスター泥水特集』ということで。またしても先週に引き続いてね、妙にHIPHOP濃度が高まってしまっているというね。私の本意ではない・・・(笑)。いや、そんなことはないんだけど。で、なんかその、いろんな時事ネタというかね、たとえばG.K.MARYANさん、逮捕されてしまったなんてのもありますし。一方ではですね、これ、ちょいちょいネット上では話題になっていた為末大さん。元陸上選手。現在、スポーツジャーナリストの為末大さんが、ご自身のtwitterで、ちょっとその拡散された部分っていうのがあるんですけどね。そこで日本のHIPHOPをディスというか、要するに、間違いが内容にちゃんと言いますと、『悲しいかな、どんなに頑張っても日本で生まれ育った人がヒップホップをやるとどこか違和感がある。』というね、ツイートをして。


(宇多丸)まあ、軽く炎上したと。これはだから批判というか、『なに言ってんだ?』っていう人もいれば、『そうだそうだw』みたいな人もいれば、ということで。まあ、ここだけ取り出すと・・・そうそうそう、この後には続きがあって。『またアメリカ人が着物を着ても最後の最後は馴染みきれない。私達は幼少期の早い時期にしみ込んだ空気を否定できない。』と。まあ、こんなことをおっしゃっていて。で、まあこの1個のツイートだけを取り出すと、これは本当の池上彰さんばりに私としてはですね、『そこからですか・・・』と。『また、そこからですか・・・』。

僕、とにかくそのライムスターとして音楽活動、自分でラップを自らやる一方で、なんて言うんですかね?HIPHOP雑誌に連載なんかも持って、そういう風に日本でHIPHOPをやることに対する無理解みたいなのに対して、まあまあしつこく活動をしてきて。それこそもう、過去20年ぐらいやってきてですね、んで、『この件は片付いた』と思うと、やっぱり忘れた頃にこういうのがフッと出てきて。『そこからですか・・・』というね。まあたとえば、着物の話とかわかりやすく言えば、じゃあ俺たちが洋服を着てるのもアウトだよね?とかさ。

あと僕、本当にいつも不思議に思うのは、じゃあなんで日本人がロックをやることには何の問題もないの?それだってそうじゃん。要するに、全般ダメだよねっていう。俺たちの暮らし、いまの全般がトータルダメなんてことになっちゃうじゃん。つまりそれはいかに浅薄な極論かということが、それだけでわかる。なので背景にはたぶんね、『やっぱりHIPHOP・ラップっていうのは黒人のものでしょ?』と。つまり、黒人がやっているものというのは要するに彼らの肉体性とかに根ざした特別な、特殊なものでしょ?という逆というか、人種偏見がベースにある・・・と思うんだけど。つまりそっちだけ特別視するっていうのはさ。そんなこと言ったらだって、じゃあロックは誰が作ったかさ。それだって黒人ですからね。

だからまあその、そういうことを言い出すとね、『そこからですか・・・』的な話になるんだけど。これをしだすと、また話が長いんですが。ただその、為末さんのツイートの、たしかに前後を見ると言ってること自体はね、言わんとしてること自体はわかるし頷けるところもあると。で、この一連のツイートの最後のところで、『昔あるジャズシンガーが、ジャズを真似していてうまくいかなかったけれど、日本風のジャズを作ればいいんだとわかった時にとても勇気が出たと言っていた。それに感動したのを思い出した。』


(宇多丸)これ、要するに為末さんは日本のHIPHOPっていうのがどういう歴史をたどってきてというか、どんなアーティストが、いろんな人がいるわけですよね。為末さんがひょっとしたらパッと見て、『ああ、アメリカの真似だ』っていう風にパッと思ってしまった人もいるのかもしんないけど、まあそうじゃない人もいれば、とか。とにかく、まああんまりよく知らないんだなっていうのがこれでわかるわけです。っていうのはこの為末さんが最後に書いているのは、まさに日本のHIPHOPってこういうもんなんですけどねっていうことだから。単純に、為末さんの考え方の根本が間違っているというよりは、あんまりよく知らないで言っちゃったんだなっていう感じは否めないと。

まあそこがちょっとね、どうかと思いますけど。ということです。だから全体として為末さんが言ってることそのものが全部間違っているとも思わない。まあそれはそうかもなって思う部分もありますし。たとえばその、日本で生まれ育った人がアメリカの現行HIPHOPそのものをまんまやろうとしても、少なくとも日本でやる時には馴染まない。それはアメリカで日本人がやって頑張るっていうのはできるかもしれないけど。日本文化としては馴染まないところがあるのでは?というのは、当然僕はそこに晒されながら試行錯誤してきたのでそれは当然わかりますし、とか。

というようなところであってね。なので、最初僕もパッと見た時はね、実際ちょっと腕まくりしちゃったんですけど(笑)。まあまあまあ、いろんなのがいるんで聞いてくださいね。結構いるんす。為末さん、結構、為末さんお好みのも結構いると思いますよ。ライムスターとか・・・みたいなね。みたいなぐらいですかね。はい。ということでございます。でもまあ、今回のTOKYO TRIBEとかもそうだけど、まあ日本のHIPHOP、なんて言うんですかね。浸透度合いみたいなの、僕らがそれこそ今日ね、25周年。ライムスター25周年泥水特集やりますけど、始めた頃と比べ物にならないぐらいに、本当に進歩してるし、いまの若手ラッパーなんてのは本当にもう、むちゃくちゃ上手くて。

先週のね、AKLO、SALUのライブも本当そうでしたけど。素晴らしくなっている。だから考えられないぐらい進化しているところもあるし、同時にやっぱりこうなんて言うんですかね?まだまだ小さい存在。だからそれは僕が25年間活動してきて、まだ俺とかが正直力不足だったところかもしれないけど、まだまだ、根気よく説いていかなければいけないところもあるにゃーというのを、改めてこの為末さんの一連のツイート&炎上なんかを見てて思った次第でございますということです。

<書き起こしおわり>




スポンサーリンク

伊集院光 ブラザートムに『田舎のごちそう』の魅力を語る

伊集院光さんがTBSラジオ『週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう!』で、ゲストのブラザートムさんに、大好きな番組、BSジャパン『トムさんの田舎のごちそう』について熱く語っていました。


(伊集院光)俺ね、トムさんにすっげー会いたくて。

(ブラザートム)はいはい。

(伊集院光)で、この話を急にされても困ると思うんですけど。BSジャパンでやっていた、『田舎のごちそう』っていう・・・

(ブラザートム)いや、その番組を知っている人、少ないですよ(笑)。

(伊集院光)俺、気持ち悪いと思わないでくださいよ。僕、気づいてからずっと、ブルーレイに焼いてますからね。あまりに好きで!

(ブラザートム)(笑)

(伊集院光)要は、なんかその田舎独特の、どころか田舎でも若い人も知らなくなっちゃっているような・・・

(ブラザートム)そうそう。まったく知らない料理を食べに行くんですけど。

(伊集院光)フラッと。

(山内あゆ)トムさんが?

(ブラザートム)はい。

(伊集院光)ほいで、おばあさんとか探して。作れる人っていうのも少ないのよ。その田舎でも。そいで聞いて、食べて、話するっていう番組で。はっきり言って、よくわかんないぐらいの方言のレベルのおばあちゃんと。

(ブラザートム)まったく何言ってるのかもわかんないまま、ずーっとしゃべって。こんにゃく作ったり、鰆のなんかを作ったものはね・・・食べた瞬間、『この味は正しいですか?』って聞いてしまうぐらいの・・・

(伊集院・山内)(笑)

(伊集院光)だって、俺覚えてるの。どっかの湾に、入江に年に1回だけ、なぜか流れ着く変な海の生き物・・・

(ブラザートム)ルッツですね。

(伊集院光)ルッツ!

(ブラザートム)嵐の日にしか流れ着かないというものがあるんですよ。それは人が食べるもんじゃないらしいんですけどね。あんまり。

(伊集院光)で、それを要は大好きなおじいちゃん、おばあちゃんが一部いる、みたいな食べ物で。

(ブラザートム)地元の人も知らないんですよね。

(伊集院光)知らないんですよ。そこでね、すごく・・・先輩のトムさんにこんなことを言うのも失礼なんですけど。僕、すっごい勉強になった、目からウロコが落ちるぐらい大好きなセリフがあって。食べるじゃないですか。みんなが喜んで食べているものを、マズいとは言わないですよ。『強烈ですね』と。で、言った後にトムさんが、『でも、これじゃなきゃ嫌なんでしょ?』って言うんですよ。すごいと思いません?これは普通に暮らしていたら、なかなか会わない味なんだろうなっていうのは分かるんだけど。でもおじいちゃんに、『これじゃなきゃダメなんでしょ?』って。

(ブラザートム)ダメなんですよね。向こうは。

(伊集院光)ニッコニコ笑ってね。『ダメなんだよね』っていう。

(ブラザートム)『これが美味いんだ』とか言うんですけど。参っちゃうんですよ。いろんなもの食べちゃうもんですから。

(伊集院光)下手すりゃあ美味しくないものでも、あんなにあったかくしゃべれる人、普通のトーンで。褒めちぎるんでもないの。

(山内あゆ)へー!

(ブラザートム)褒めちぎれるようなものは出てこないんですよ。

(山内あゆ)(笑)。正直な!

(ブラザートム)もう、すっごいです。鯛の形をした鯛なんですけど。鯛じゃないんですよ。ちゃんと鯛なんですけど。

(伊集院光)なんですか?

(ブラザートム)鯛なんですけど、これは貧乏で貧乏でしょうがない山の中で使う鯛なんですけど、できているのは大根でできているんですよ。でも、どう見ても鯛なんですよ。色からつけて、ちゃんと着色つけてて。それを箸で食べるんですけど。どうやって食べも大根なんですよ。味は。向こうの方は『せっかくだから、お腹の美味しいとこから・・・』って言うんですけど、お腹も大根なんですよ。

(伊集院・山内)(笑)

(ブラザートム)全部大根なんですよ。

(伊集院光)で、その・・・(笑)。過度に美味しそうでも、過度にマズそうでもない顔をしながら、『でもこれがあると楽しいんでしょ?』っていう。『これがないと楽しくないんでしょ?』っていう話をする。中で最高だったのが、俺、長崎かどっかの離島で、ウニカステラっていうのを食べた時の・・・

(ブラザートム)あー!食べました、食べました。ウニカステラ。

(伊集院光)採れたてのウニをふんだんに使って、なんか玉子焼きみたいなのを作ってね。それは、江戸時代にカステラというものがあるが、どうにもこうにも伝説だけで手に入らなくて、うらやましくてしょうがない時に、なんとか噂のものを作ったんですよね。

(ブラザートム)似てるものを作るんですよね。

(伊集院光)あんま美味しくないんですか?

(ブラザートム)美味しくないんです。

(伊集院・山内)(笑)

(ブラザートム)あの、ウニに砂糖って入れませんよね?

(山内あゆ)いや、醤油ですよね。

(伊集院光)カステラだから(笑)。カステラにしたいから(笑)。

(ブラザートム)だから想像していただいて。ウニと・・・甘いウニなんですよ。それをカステラとしてみなさん食べるわけなんですけど。見てるものと食べているものとのバランスがまったくズレてっちゃうんですよね。でもみなさんは、うれしいんですよ。その、いちばんうれしいものを食べてらっしゃるんですけど。

(伊集院光)っていうかね、TSUTAYAさんはね、これをブルーレイで出した方がいいよ。

(ブラザートム・山内)(笑)

(伊集院光)本当に俺、大好きで。だから今日の紹介作品は『田舎のごちそう』でいいんですよ!映画の話をっていうことで・・・(笑)。

(ブラザートム)いやー、やっといてよかったー。

<書き起こしおわり>



スポンサーリンク

菊地成孔・MOE・OMSB『TOKYO TRIBE』を語り合う

菊地成孔さんがTBSラジオ『粋な夜電波』HIPHOP特集で、SIMI LABのOMSBさん、MOE AND GHOSTSのMOEさんと、園子温監督作品『TOKYO TRIBE』について語り合っていました。


(菊地成孔)今回ね、失敗した!っていう。ちょっといま、仕事がね、立て込んでるんで。ある新人のプロデュースを。まだ名前は出せないですけど。まあ、オムスにも参加してもらったんですが。そのあれでちょっと立て込んでいてできなかった。もし余裕があったらやったんですけど、『TOKYO TRIBE』、見ました?

(MOE)見た見た。

(菊地成孔)見た見た見た。うん。

(OMSB)俺、まだ見てないです。

(菊地成孔)見てない?3人で見に行こうと思って。企画として。で、見終わってすぐなんかコメントしているのを収録して番組に使おうかなと思ってたんですけど。

(OMSB・MOE)(笑)

(菊地成孔)見ましたか。

(MOE)見ました。いや、っていうかね、今日話題に出るんじゃないかな?と思って。先取りしちゃいました。

(菊地成孔)ぶっちゃけ、どうでした?

(MOE)うーん・・・面白かった、ですね。

(菊地成孔)面白いですよね。

(MOE)面白い。うん、面白かった。だから、『内容が無い、無い』って聞いていたけど、本当無かったっていう。

(菊地成孔)まあ、いちばんね、面白かったんですけど。私も。あれ、やっぱり俳優がメインで、ラッパーは脇じゃないですか。

(MOE)そうそう。っていうか、あれすごいラッパーっていう自分の言葉をビートに乗せて語る人種と、俳優っていう他人の言葉を語る人種っていうのがすっごいわかるなって思った。

(OMSB)あー。

(菊地成孔)あれこそ、『トライブ』ですよね。

(MOE)そう思いました。

(菊地成孔)僕、もっとね、全員がラッパーで、ラッパーだけのHIPHOPミュージカルだと思ってたんですよ。だけど普通に竹内力さんとか、要するにああいうバイオレンスなコメディー映画に絶対出てきそうな人が出てきて、ほいでまあ、ANARCHYさんとか漢さんとか、いわゆるラッパーが出てて。で、まあ締めるっていう感じじゃないですか。で、まあ癒やしとして染谷(将太)くんもちょっとやるっていう。

(MOE)憂いのあるね、感じでしたね(笑)。

(菊地成孔)ちょっと哀しい感じでね。画面を横切って行くっていう。

(MOE)そうそう(笑)。

(菊地成孔)とにかく、HIPHOPっていうものの戯画化ですよね。もうあれは、現実の日本のHIPHOP界とは縁もゆかりもないっていうか。なんていうの?よくHIPHOPを知らない人とかが見ると、『やっぱりHIPHOPっていうのは人殺しなんだな』って(笑)。

(MOE)そう。強まりそう。イメージが。

(OMSB)だから結構知り合いで見たっていう人も、ムカついてるっていう意見も聞いたんで・・・『おおー』と思って。

(菊地成孔)ただ、あれを見るとほとんど仁義なき戦いですよね。

(OMSB)あ、そんな感じなんですね。

(菊地成孔)まあ、組同士の戦いだから。抗争だから。まあ、あまり言っちゃうとネタバレになるけどね。新宿と渋谷が抗争するんだよね。結局。まあ、面白いですよ。はい。

<書き起こしおわり>




スポンサーリンク