ピエール瀧が語る 大河ドラマ『軍師官兵衛』中国大返しシーン舞台裏

ピエール瀧さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で、大河ドラマ『軍師官兵衛』中国大返しシーンの舞台裏を語っていました。


(赤江珠緒)ちょっといま、不思議体験が続いてるんじゃないですか?

(ピエール瀧)不思議体験が続いてる?なんですか?

(赤江珠緒)だって瀧さん、大河もね。ちょっと前になりますけど。中国大返し。瀧さん、馬乗って走っていたね。

(ピエール瀧)そうですね、はい。

(赤江珠緒)走ってましたよ。『返してきてるわ!』と思って。

(ピエール瀧)見えるもんですよね(笑)。

(赤江珠緒)『疾走してるわ!』って思って。あれ、あのシーンはなかなかでしたね。

(ピエール瀧)ですか。ちょっと後ろチラッと見たりしてね。

(赤江珠緒)あ、そうですか。

(ピエール瀧)ちょうど後ろチラッと見て。『後ろを気にしている』っていうアドリブを入れておきました(笑)。

(赤江珠緒)(笑)。あ、ごめんごめん。ああ、そう。それ、ちょっと気づかなかった。ああ、そうでした。

(ピエール瀧)木製の馬の上に乗って(笑)。

(赤江珠緒)チラッとね。足軽たちに気を配るみたいな。

(ピエール瀧)いいでしょう?その娘が高畑充希ちゃん。

(赤江珠緒)すごくうらやましいですよー。

(ピエール瀧)いいでしょう?

(赤江珠緒)あそこで走る足軽役でいいから連れて行ってくれって瀧さんに言ってるのに。もう終わったんでしょ?全部ね、瀧さんのシーンは。

(ピエール瀧)僕のシーンはもう終わりましたね。元々ね、史実ってありますから。このぐらいでいなくなるなってみなさんわかってらっしゃるでしょうけど。まあ、そんな感じで。もう大河の方は終わりました。

(赤江珠緒)いいですなー。

(ピエール瀧)見てますか?

(赤江珠緒)見てます。

(ピエール瀧)面白い?

(赤江珠緒)面白い。もう官兵衛が。姫路、御着、あのあたりだったのがだんだん広がってきましたからね。どんどんわかりやすい歴史のところに入ってきて。

(ピエール瀧)御着の殿様もまた出てきたじゃないですか。

(赤江珠緒)御着の殿様ね(笑)。情けない感じになってね。命乞いなんかをしながら。最終的には『官兵衛に頼むんかい!』みたいなね。息子のことをね。

(ピエール瀧)まあ、でもね、キャラやりきった感、あるでしょ(笑)。御着の人はどう思うんでしょうね、あれを見て。なんだよ!っていうさ。御着ってどんな土地なの?

(赤江珠緒)いや、どんな土地かなあ?

(ピエール瀧)あんまほら、関東の人はさ、それこそ兵庫の御着なんて言ったところで、『どこ、そこ?』っていうのと、『なにがあるの?』っていう。

(赤江珠緒)ああ、そうですね。だから割と姫路とかのイメージも、『すごく城下町の美しい古都でしょう』みたいな感じで持ってらっしゃるイメージ。

(ピエール瀧)姫路。あー、白鷺城ね。姫路城ありますから。

(赤江珠緒)意外とそうでもなかったりしてね。意外と地元民、我々からすると、意外とワイルドだったりするよっていう。

(ピエール瀧)あ、姫路?

(赤江珠緒)なんか京都みたいなイメージとはちょっと違うよって。

(ピエール瀧)川崎寄り?

(赤江珠緒)(笑)。どっちかっていうと京都よりはそっちに近い。

(ピエール瀧)でも姫路っていうと、姫路工業なんだよね。パッと出てくるのが。

(赤江珠緒)そうそう(笑)。だから姫路の夏のお祭りなんて、結構大丈夫かい?みたいな。ヤンチャかな?って。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

ピエール瀧が語る 実写版映画『進撃の巨人』の撮影現場の様子

ピエール瀧さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で、出演している実写版映画『進撃の巨人』の撮影現場の様子を語っていました。

電気グルーヴ 奇面でお出迎え

(赤江珠緒)そしてなんですか、瀧さんは『進撃の巨人』に出演決定という。これがもう、来年の夏に・・・

(ピエール瀧)ああ、昨日かな?なんかニュース、出てましたね。

(赤江珠緒)『ピエール瀧、進撃の巨人に巨人以外で登場』。

(ピエール瀧)ね。なんだ、その見出しは?(笑)。

(赤江珠緒)(笑)。まさかの。

(ピエール瀧)なんだ、そこ断る必要、あります?ということで。巨人以外で登場ということで。じゃあ、なにやるんだ!?っていう。

(赤江珠緒)いや、本当本当。いま、まさに撮られてるんでしょ?長谷川博己さんとか。

(ピエール瀧)撮っています。はい、長谷川さん出てますね。

(赤江珠緒)どなたがあとは出てるのかしら?三浦春馬さんとか、石原さとみちゃんとか。

(ピエール瀧)さとみちゃん。水原希子ちゃんと。

(赤江珠緒)うわー、あらっ?瀧さんの好きな。

(ピエール瀧)水原希子ちゃん。

(赤江珠緒)会えました?

(ピエール瀧)まあ、だから現場で会ってますよ。

(赤江珠緒)あらま!

(ピエール瀧)現場でだから、完全に性的な目で見てます。本当に。

(赤江珠緒)(笑)。やめなさいよ!

(ピエール瀧)なんでですか?

(赤江珠緒)まだ仕事、続くんでしょ?

(ピエール瀧)なんでです?いや、別に・・・こう黙って頭の中で処理してるだけだったらいいでしょ?言っちゃうとそれはなんか、おかしなことに・・・

(赤江珠緒)言っちゃってるから、いま!

(ピエール瀧)『希子ちゃん、あのさ・・・』って言っちゃうと。

(赤江珠緒)電波のせてるから、いま!(笑)。

(ピエール瀧)ダメですけども。ものすごく性的な目で見てましたよ。ずーっと。盗み見てました。希子ちゃんを。至近距離から(笑)。

(赤江珠緒)(笑)。そうですか。楽しいことでございますが。ねえ、でも長崎の軍艦島ですか。あそこで撮影されているということで。楽しみです。

(ピエール瀧)やっています。僕、平たく言うとあれですね。巨人のヨダレの役です。はい。

(赤江珠緒)(笑)

(ピエール瀧)全身にローションを浴びて。ザパーッ、ダラーッ!って出てくるヨダレの役ですね。

(赤江珠緒)ああ、そうですか。本当にね、だからどういう風になるのかわからなくて。

(ピエール瀧)ねー。ちょっとね、なかなかハードな撮影で。夏だっちゅーのに、えらい軍服をみんな着込んで。

(赤江珠緒)ああ、あれちゃんとした・・・そうか。戦う戦闘服みたいな。

(ピエール瀧)一応、軍服がありますから。立体機動装置っていう腰につけるね、ピューン!ってワイヤー出して、シュイーン!って巻き取るやつね。

(赤江珠緒)で、首に付け根を狙って。

(ピエール瀧)付け根を狙ってっていうやつですよ。あれをね、やっていますよ。本当に。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

ピエール瀧が語る 石野卓球がFUJI ROCK FESTIVAL2014で獲得したもの

ピエール瀧さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で、FUJI ROCK FESTIVAL2014での石野卓球さんのエピソードを語っていました。

(赤江珠緒)この間、どうだったんですか?フジロックは。

(ピエール瀧)ああ、フジ・ロック・フェスティボーですね。

(赤江珠緒)7月25日金曜日から27日日曜日まで。

(ピエール瀧)そうですね。我々電気グルーヴは25日の夜。グリーンステージに。苗場でね。出ましたけれども。

(赤江珠緒)フジロックにしては珍しく、ずーっと快晴だったと伺っておりますが。

(ピエール瀧)そうですね。僕、24日の木曜日の夜から行ったんですけど。で、26日土曜日には帰っちゃったんですけど。24・25・26で雨は降らなかったですね。27も降らなかったのかな?いいですよ。

(赤江珠緒)あの山の中ですからね。ちょっとやっぱり涼しくて。夜なんか。いいですよね。

(ピエール瀧)赤江さんもいらしたことがあるフジロックでございますから。

(赤江珠緒)楽しかったでしょうな。

(ピエール瀧)今年は本当に天候も良くて。すごしやすい感じだったみたいですよ。雨さえ降らなければなんとかなりますから。そこで我々電気グルーヴもグリーンステージで。

(赤江珠緒)見事なパフォーマンスを。

(ピエール瀧)カマしてまいりました。やってきましたよ。

(赤江珠緒)卓球さんもおかわりなく、お元気で。

(ピエール瀧)おかわりなくお元気で。相変わらずのダメ人間ぶりと(笑)。

(赤江珠緒)(笑)。なりよりでございます。

(ピエール瀧)卓球くん、だってライブもやった後、DJもやったんですけど。DJ終わった後、『ミヤマクワガタつかまえた!』って。

(赤江珠緒)(笑)

(ピエール瀧)DJ終わってパッと卓を見たら、ディスコミキサー見たら、そこにミヤマクワガタがとまっていたんですって。で、『ミヤマだー!』ってことになって。

(赤江珠緒)わっ、すごい。さすがですね!さすが、苗場の山の中で。

(ピエール瀧)DJのギャラはクワガタっていう(笑)。

(赤江珠緒)(笑)。なかなかの今年の稼ぎでございました。

(ピエール瀧)フジロックっぽいなと。

(赤江珠緒)本当ですね。いいなー、夏らしいなー。

(ピエール瀧)ということで、行ってきましたけども。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク