スポンサーリンク

西寺郷太 朝日新聞 耕論欄で松下政経塾を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 729

あの、『マイケル・ジャクソン 小沢一郎ほぼ同一人物説』『ジャーメイン・ジャクソン 菅直人ほぼ同一人物説』などの提唱者、NONA REEVESの西寺郷太さんが2011年8月5日の朝日新聞朝刊、耕論欄に登場!
『松下政経塾に任せられるか』というテーマで、松下政経塾出身の政治家について語っていました。

西寺郷太 朝日新聞 耕論欄で松下政経塾を語る

西寺郷太 朝日新聞 耕論欄で松下政経塾を語る

西寺郷太 朝日新聞 耕論欄で松下政経塾を語る

小学生の頃から文藝春秋を愛読していたほどの政治マニアの西寺郷太さん。
『既製の価値観のアンチテーゼとして、新しい時代の音楽、政治を志した』という点から、松下政経塾とヒップホップの共通性を語っています。
ヒップホップもメジャー化していくにつれて、当初持っていた先鋭性を失い、松下政経塾出身者も小選挙区制導入による政党の力の強まりにより、肩書きがある『規格品』化されてしまったという点も似ているとのこと。
あいかわらず、うまいこと例えてますね~。スゴイわw
非常に興味深いインタビューでした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする