吉田豪と玉袋筋太郎 松居一代と須藤凛々花を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

吉田豪さんと玉袋筋太郎さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で松居一代さんと須藤凛々花さんについて話していました。



(玉袋筋太郎)豪ちゃん、大変だよ。もうすんごい本、出しちゃったね。豪ちゃん。

(吉田豪)もういきなり紹介してくれる?

(玉袋筋太郎)よせよ! もう寝る時間、なくなっちゃうよ! やってくれたね! 『吉田豪の”最狂”全女伝説』。これですよ!

『吉田豪の”最狂”全女伝説』


(吉田豪)確実に面白いですよ、これ。

(玉袋筋太郎)確実だよね! 確実。

(安東弘樹)もうね、放送前にスタッフが持ってきちゃったもんだから。もう大変。読み始めちゃって。

(玉袋筋太郎)大変なんだから! いやいや、豪ちゃん。いろいろ芸能界もいま、盛んですよ。

(吉田豪)はいはい。松居一代さんがモニターに。

(玉袋筋太郎)もう松居さんだな。

(安東弘樹)SKEの松井さんも総選挙で。

シン・ゴジラ松居一代

(玉袋筋太郎)ゴジラ松居ですよ! シン・ゴジラですよ、あれ! シン・ゴジラ松居!

(吉田豪)第三形態ぐらいになっていますね(笑)。

(玉袋筋太郎)上手い上手い(笑)。

(吉田豪)僕、船越英一郎さんと昔、テレビで一緒になったことがあって。向こうから声をかけてくれて。「吉田さん! 『フィギュア王』の頃からコラム読んでます」って。サブカル側の人なんですよね。「吉田さんのインタビュー、すごい好きで」とかすごい言ってくれて。

(玉袋筋太郎)そうだよ、そうだよ。

(安東弘樹)一代さんの方なんですけども、メイクさんから聞いたんですけど。「私、本当に胸がないのよ。ほら!」ってバーン!って見せてくれたって。そういう方だったらしくて。

(吉田豪)ええっ?

(安東弘樹)豪快な……豪快な方で。

(玉袋筋太郎)「豪快」でいいんですか? それは。

(安東弘樹)女性のメイクさんが。

(玉袋筋太郎)その頃から何か始まっていた、壊れかけていたとか、そういうことじゃない?

(安東弘樹)びっくりしたって。いきなりドーン!って。

(玉袋筋太郎)すっげー!

(吉田豪)リアクション、取れないですよね。「ああ、本当にないですね」とも言えないし(笑)。

(玉袋筋太郎)いやー、そうだよ。小出恵介もあったしな。いろんなことが。

(吉田豪)いろんなことが。もう今年のような気がしますもんね。早すぎて。

(安東弘樹)早すぎる。もういろんなことが次から次へと。

AKB48総選挙

(吉田豪)だってね、AKBの総選挙もかなり前のことに思えてしまうという。

(玉袋筋太郎)ああ、もうそうだな。結婚発表があったりとか。

(安東弘樹)ああ、結婚発表ね。須藤さんでしたっけ。

(玉袋筋太郎)ああいったこともあるんだね。

(吉田豪)全てがかき消されていく感じの。

(玉袋筋太郎)なんかでもあれさ、ゲスの勘ぐりとかしたくなるんだけど。あれはどうなんだろうね? みんな、回ってねえ時とかそういう話、していたじゃん。「あれ、なんか大きな力が。どうなんだろう?」って。

(吉田豪)いや、ガチなのは間違いないと思うんですよ。その後のメディアの扱いが明らかに異常っていうか。アイドル雑誌が、普通ああいうことがあったら、それこそプロレスで言ったら、あんなの週プロだったら表紙にするようなことじゃないですか。

(玉袋筋太郎)表紙だよ。

(吉田豪)転がる話じゃないですか。アイドル雑誌、全てが転がさないようにしているんですよ。

(安東弘樹)えっ?

(吉田豪)総選挙の特集とかでもいろんな名スピーチとか紹介していても、一切ここだけ触れていなかったりとか。明らかに扱っちゃいけないものになっている感じが、「ああ、本当にガチだったんだ」っていう。

(安東弘樹)逆にね。ああ、そうなんだ。

(玉袋筋太郎)前回豪ちゃんが「AKBとかああいったものをプロレス的に見るのが面白い」っていうことを説いてくれて。俺たちも、「うわっ、これはプロレス的に面白えわ!」って思ったんだけど……転がさないという。

吉田豪 SKE48 松井珠理奈とプロレスを語る
吉田豪さんがTBSラジオ『たまむすび』の中でSKE48の松井珠理奈さんについてトーク。ドラマ『豆腐プロレス』をきっかけに急激にプロレスにハマった珠理奈さんにインタビューした際の模様...

(吉田豪)転がせなかったんでしょうね(笑)。

(玉袋筋太郎)ああーっ! そうか。いろいろありますわね。

(吉田豪)はいはい。っていう裏読みが楽しいというね。

(玉袋筋太郎)はい。

<書き起こしおわり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事