町山智浩 NHK朝ドラ『ひよっこ』を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で、NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』について話していました。


(町山智浩)それで、ちょっと告知があります。すいません。明日、4月26日の夜9時から『エイリアン』っていう映画のシリーズがあるじゃないですか。あれの1作目が無料で見れるようになるんですよ。Gyaoっていうところのサービスで。で、明日の夜9時から僕がそれを見ながらツイートをしますんで。実況っていうやつをやりますんで。

(山里亮太)へー!

(町山智浩)僕の実況を見ながら映画を見てもらうというイベントです。よろしくお願いします。

(山里亮太)あ、面白い。「このシーンは実はこんな裏話があるんだよ」みたいなのを教えてくれながら見れるということですか?

(町山智浩)そうそう。そうなんですよ。あの、「志村! 後ろ、後ろ!」とか言ったりするんですけど(笑)。エイリアンが後ろから襲ってきますから。はい(笑)。っていうのを明日、やりますんで。夜9時から、よろしくお願いします。


(山里亮太)町山さんと横で一緒に見れているような感覚で。

(海保知里)ねえ。そんな感じになりますね。

(町山智浩)「うるさい、黙れよ!」ってよく言われるんですけどね(笑)。「聞こえないんだから」って。はい。家では言われています。僕、でも当たったんですよ。僕、この間、家族と家でテレビを一緒に見ていて。『ひよっこ』を見ていて、沢村(一樹)さんがお父さん役で出てきて。で、家族をおいて出稼ぎで東京に行って働いていてっていう。「絶対にこいつ、どっか行っちゃうよ」って言ってたら、本当に行きましたね(笑)。

(山里亮太)当たった!(笑)。でも、隣でそういうことを言われると、「うるさいな」ってなっちゃいますね(笑)。

失踪したお父さん役・沢村一樹

(町山智浩)ねえ。セクシー部長がまともに働いているわけないですからね。全然信用ができないっていうね。意外性ゼロっていう。

(山里亮太)楽しんでるな、今回の朝ドラも(笑)。町山さん、その『ひよっこ』。うちの相方も出るんで。よかったら。

(町山智浩)ああー、そうですよね。

(山里亮太)峯田さんの奥さんで。

(町山智浩)そうですよね。なんかね、『ひよっこ』は化けそうな予感がするんですが……弾けそうで弾けないところでね、ギリギリのところでね。どこまで行くんだろう?っていうところで。微妙なものを感じますね。あれね。

(山里亮太)なるほど。また町山さんの楽しみ、朝ドラ生活が始まっていると。

(町山智浩)ただ、『あまちゃん』とかみたいにバッて弾けないんですよね。まだね。なかなか。行きそうで行かないところで、どうなんだろう?って思っていますけど。ただ、すごいなって思うのは、NHKの朝ドラっていつもスタジオで撮っているのがほとんどなんですけど、今回は外のシーンがすごく多くて。現地ロケがすごく多いですよね。

(山里・海保)へー!

(町山智浩)それがいままでと違う、すごい開放感とリアリティーがあって……って、そんな話をしてる場合じゃねえな、はい(笑)。

(海保知里)そろそろね(笑)。

<書き起こしおわり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事