スポンサーリンク

宇多丸『この世界の片隅に』未完成版公開問題を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

宇多丸さんがMXテレビ『バラいろダンディ』の中で映画『この世界の片隅に』の未完成版が青森で約1ヶ月半上映されていたニュースについてコメントしていました。

#ユーロスペース 火曜日はサービスデーで1200円! ちょっとお得にこの世界の片隅にが見れました!

みやーんZZさん(@miyearnzzlabo)がシェアした投稿 –


(阿部哲子)では続いて第7位はこちらです!

(蝶野正洋)第7位、J-CASTニュース。『この世界の片隅に』未完成版が上映される。

(阿部哲子)アニメ映画『この世界の片隅に』の未完成版が青森県の映画館でおよそ1ヶ月半に渡り上映されていたことがわかりました。上映館に対しては通常上映するための素材を予備も含め2つセットで送ります。しかし、最初に上映していた完成版に音声トラブルが起き、予備に切り替えたところそれが未完成版だったためこの珍事が起きました。誰も気づかず2ヶ月以上上映は続きましたが、完成版を何度も鑑賞したという人物が監督のTwitterに「違うバージョンもあるんですか?」と質問をしたことで今回の件が発覚したそうです。

(蝶野正洋)宇多さん、こういう情報、あったんですか?

スポンサーリンク

なかなか聞いたことがない話

(宇多丸)ねえ。いや、これ僕もニュースで見て、「面白いな!」って。なかなか聞いたことがない話。『この世界の片隅に』はもう日本映画史に残る大傑作で、リピーターが多いんで。それで気づいたんだね。たぶん、東京かどっかで見て、青森でも見ようかなって。で、エンドロールのところはたしかに、監督のメイキングのインタビューとかを読むと、最後に後からつけたんですよね。ラストに出てくる戦災孤児がいるんだけど、その戦災孤児と主人公の家族が戦後、どう過ごしたか?っていう描写がエンドロールに加わっていて。これはやっぱりあった方が絶対にいいんですよ。なので、たぶんつける前のバージョンが。ギリギリ公開の直前のバージョンが行っちゃったんでしょうね。

(蝶野正洋)それは見れた人、ラッキーですね。

(宇多丸)まあまあ、そうね。ただね、あのラストがくっついていた方がいいんで、青森で見た人は完全版も見た方がいいですよ。

(阿部哲子)これ、未完成版を見た人に対しては、返金もしくは完成版の無料鑑賞という対応があるそうです。

(宇多丸)まあでも、珍事ですね。なかなか聞いたことがない。

(蝶野正洋)ねえ。聞いたことがないですね。長州さんは映画、結構お好きですよね?

(長州力)まあ、最近はちょっとなかなか行けないけど。

(蝶野正洋)ジャンルで行くと、どんなジャンルの映画が?

(長州力)俺、洋画が好きだよね。うん。俺、スコセッシって監督も映画が好きだね。『ゴッド・ファーザー』とか。

(蝶野正洋)ああー。そうですね。長州さんは本当、テレビだとかそういうあれ、好きですよね。

(長州力)お前に俺のなにがわかるっつーんだよ!

(一同)(爆笑)

(蝶野正洋)(苦笑)

(宇多丸)い、いいですね(笑)。キレるポイントが。切れ味が(笑)。

(長州力)変わったね、蝶野!

(室井佑月)斬新!

(蝶野正洋)(ゲホンゲホン)。み、水ないんですかね?

(玉袋筋太郎)いま、俺たちも「それはコッポラだ」って言えなかったんだから(笑)。

(宇多丸)『ゴッド・ファーザー』はコッポラだね(笑)。

(一同)(笑)

(玉袋筋太郎)そう。言えなかったんだから。

(阿部哲子)以上、第7位までお伝えしました。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事