安住紳一郎 お正月に実家で姪と恋ダンスを踊る

シェアする

安住紳一郎さんがTBSラジオ『安住紳一郎の日曜天国』の中でお正月に帰省した際、姪に求められて一緒に恋ダンスを踊った話をしていました。


(安住紳一郎)元日が日曜日だったので、今年はめぐりがよく、しっかり休めた年末年始になりましたけども。1月8日(日)、そして月曜日が成人の日ということで三連休ということになりました。今年は土曜日に祝日が重なる日が多くて、ちょっと憂鬱だという方もいるみたいですが。カレンダーを見るとよくわかりますので、気になる方は2017年、今年のカレンダーを見てみてはいかがでしょうか。三連休、ようやく仕事が始まった。そして三連休ということで、少しちょっとノックダウン気味の方もいらっしゃるのかもしれませんが。

(中澤有美子)ええ。

(安住紳一郎)年末年始、私もお正月は実家のあります北海道に帰省してまいりましたが。1日の朝に戻りまして、3日の朝に帰ってきましたのでちょうど2日間の滞在になりましたが。久しぶりに会う姪っ子やら甥っ子やら、叔父やら叔母やら、そんなみなさんと一緒に時間をすごしまして、楽しいお正月になりましたが。姪っ子に「恋ダンスを一緒に踊れ」と強く要望されまして……

(中澤有美子)ええ、ええ(笑)。

快活な姉の娘

(安住紳一郎)姪っ子は私の姉がチアリーダーを長らくやっていた経験がありまして。いまもチアリーダーの指導者をやっておりまして。NHKなどでのチアリーディングの大会の解説をやるような、そういうような活発な姉がおりまして。旦那さんはトランポリン選手で、大変快活な姉一家でございまして。何度か触れてまいりましたけども。ちょっと私とはまるで違う異質の世界で。私の姉は人生の目標は「キープ・オン・スマイリング(笑顔を絶やさず)」というような大変な快活な実姉がおりまして。

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)普段から接するのが少し大変な部分がありますが。輪をかけましてそのトランポリン選手とチアリーダーの間に生まれた姪っ子などは、まさにもう快活をそのまま行くような人間でして。

(中澤有美子)やっぱりそうなるんですね。

(安住紳一郎)スポーツ推薦で高校に行こうとかとしているような、そういう、私から見ると異質の世界を生きている姪っ子で。会うたびに笑いかけてくれるんですけども。

(中澤有美子)ええ、ええ。スマイリング(笑)。

(安住紳一郎)「なぜそんなに憂鬱なんですか?」みたいなことで、毎お正月、問いをかけてくれるんですけども……

(中澤有美子)おじさんに(笑)。「なぜ笑えないのですか?」と(笑)。

(安住紳一郎)そうですね。腹が立つので、オセロで「ギャフン!」と言うまでやっちゃったりもするんですけども。ちょっとそういうね、明るい姉に対して暗い弟ができてしまったというその反動がいまも会いますと、姉一家との対比になってしまうんですけども。

(中澤有美子)なるほどですね。

(安住紳一郎)彼女、ダンスがとても上手なので恋ダンスなどはもう本当に大好物なんですね。それで一応、「年に一度しか会わない叔父とダンスをしてみたい」という欲求がすごく強かったみたいですね。で、「動画を撮りたい」とかいろいろありましたね。で、いろいろやっていますでしょう?

(中澤有美子)ええ、ええ(笑)。

(安住紳一郎)私、元日の朝から4時間ぐらいダンスをさせられてますよ。大変な目にあいましたよ。驚きました。まあ、動画は非常にいい出来になりましたけども。

(中澤有美子)そうですか。へー!

(安住紳一郎)「絶対にダンス仲間とかに見せるんじゃないぞ!」なんていう約束をしたんですけども。たぶん見せているだろうなと思いますけども。

(中澤有美子)でしょうよね。

(安住紳一郎)ちょっと許しがたい!っていうことなんですけどもね。うーん。ちょっとね、あれですよね。身内ながら普段からやっているだけあって、なかなかの。へー! なんて思いましたけどね。大したもんですね。

(中澤有美子)大したもんでしたか。

(安住紳一郎)トランポリン選手の血を引き継いでいるもんですから、家の中でバク転とかできるんですよね。そういうような、私とは異質な部分で、本当に俺と同じ血が1/4流れているのかな? とかいろいろ考えたりして。あ、1/2か。姪っ子ですからね。「ええーっ?」みたいな感じですね。いろいろ発見することがありますね。

(中澤有美子)そうですかー。

<書き起こしおわり>