スポンサーリンク

星野源 恋ダンス振り付けの魅力を語る

シェアする

星野源さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中で恋ダンスの振り付けについてトーク。MIKIKOさんの振り付けの素晴らしさについて話していました。


(星野源)ちょっとメールが来ています。兵庫県の16才の女性から。(メールを読む)「(恋ダンスを1人で踊るのが寂しいけど、友達を誘うのが恥ずかしいというメールに対して)どんどん練習してどんどん学校などで踊るといいと思います。私も周りに一緒に踊ってくれるような人がいなかったんですが、練習して踊っていると、『私にも教えて』と声をかけてくれて、いまではみんなで踊っています。恥ずかしいと思う気持ちもあるかもしれませんが、その気持ちを打ちやぶって踊りましょう。すごく楽しいですよ」という。

スポンサーリンク

MIKIKOさんの振り付けの魅力

そうなんだよね。やっぱり恋ダンスって……なんかね、本当にいま「社会現象」とか言われてますよね。すごいなと思って。また、そんな現象の中に自分の歌があるっていうのはすごい幸せなことで。すごいなと思うんですけども。やっぱり振り付けのMIKIKOさんがすごいのは、踊っているとすごい楽しいんですよ。本当に、それなんです。あと、いわゆるね、歌詞に合わせた振りじゃないので、説明の振りになっていないんですよね。あと、音楽の裏のリズムの入っていないところもリズムにして振りをつけているので、踊ってから曲を聞くともうね、全然曲の聞こえ方が変わってくるんですよ。リズムがね、違うリズムが聞こえているんです。

で、楽器のすごくちっちゃくなっている音とかも、そこに合わせて振りを付けたりもしているので。MIKIKO先生がすごいのは、もちろんダンスが添え物じゃないっていうところが僕、いちばん大好きなところですけども、その踊る音楽の良さをより引き立てて、もっといいものにするというのがMIKIKOさんの素晴らしいところだなと思います。なんで、踊ってみるとね、よりその感じがわかると思うのでぜひ、みなさんどんどんどんどん踊っていただけたらと思っております。よろしくお願いいたします。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

フォローする