スポンサーリンク

星野源 『真田丸』撮影現場の恋ダンスブームを語る

シェアする

星野源さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中でドラマ『真田丸』の現場での『逃げ恥』恋ダンスブームについて話していました。


(星野源)北海道、22才の方。(メールを読む)「日曜日のニュースでフィギュアスケートの羽生結弦選手が恋ダンスをしているような映像が流れていましたよ。世界的な羽生くんにも星野源さんが知られていて、すごくうれしい気持ちになりました」ということで。ありがとうございます。もう一通。兵庫県の方。(メールを読む)「やっぱり羽生結弦選手が会場入りする時、恋ダンスを踊っていたのは間違いないみたいです。SNSでは源さんと羽生選手を応援するみんなが大変盛り上がっております。いろんな方に聞いたり、歌ったり、踊ってもらえたり。なんだか自分のことのようにうれしくなります」。

そうなんですよ。なんか、曲を聞きながら踊っている……僕もちょうど今日、朝に『逃げ恥』のプロデューサーの方からLINEが入っておりまして。「これ、見て!」って動画で。その羽生さんが曲を聞きながら、ちょっと恋ダンスの振りを踊ってくれている動画を見て。すっごい! と思って。いや、本当にうれしいですね。

スポンサーリンク

羽生結弦 恋ダンス


で、いろんな人が『恋』という僕の新曲がありまして。その曲が主題歌である『逃げるは恥だが役に立つ』という僕が出演しているドラマがあって。そのエンディングでダンスを踊っているわけですけども。で、ミュージックビデオでももともと同じダンスを踊っているんですけども、僕も含め出演者のみなさんがそのダンスを踊っていて。それを「恋ダンス」ってなんとなくネーミングになり、それがいま、本当にいろんなところで流行っているという話を聞いて。



それこそ、結婚式の余興というか。たとえば僕が所属している音楽の方の事務所のアミューズの社員の方の結婚式でもみんな、恋ダンスを踊っていたりとか。それこそ、本当に違う現場に行っても「恋ダンス、覚えてます」っていう人もいるし。それこそ、僕の友達のラジオのプロデューサーさんとかも、「僕の奥さんが踊りました」っていう動画をもらったりとか……(笑)。まあ、寺ちゃんは誰だかいま、わかったと思うんだけど(笑)。そう。なんで、そういうのをすごく送ってくれたりとか。本当に流行っているみたいでうれしいですね。

『真田丸』クランクアップの現場で……

で、この間、『真田丸』がクランクアップしたんですよ。で、僕は(徳川)秀忠をやらせていただきましたけども。クランクアップの日に、僕の収録が1シーンだけだったんですよ。で、クランクアップのシーンを撮って。だいたい、いろんな方がクランクアップしていて、竹内結子さんとかクランクアップした日に僕もいたので。その瞬間とかも見ていたんですけども。監督とか、あと『真田丸』ってやっぱりすごいなと思うのは、その日に収録がない出演者の方も集まって、クランクアップをお祝いするんですよ。で、その「クランクアップです!(拍手)」ってなった時に、『真田丸』のテーマ曲がスタジオの中にワーッて流れて。で、花束とかを渡して……っていうくだりがあるんです。

で、割とそのドラマのテーマ曲を流して花束を渡すっていうのがスタンダードなクランクアップの仕方なんですけども。「僕もそんな感じかな? そうなったらいいな」と思っていて……で、僕のシーンが撮り終わって。で、ソワソワするわけです。みんな、撮った映像をチェックするんですよ。で、監督のOKが出たんだけど、技術さん、たとえば照明さんで不備がないかとか、音響さんのマイクが飛び出したりしていないだろうかってチェックする。もう一回、撮ったのを見るっていう時間があるんですよ。で、クランクアップの時だけはそのチェックが超長いんです。なぜかというと、花束を取りに行ったり、みんながいるかを確認したりとかっていう準備があるんで(笑)。

でも、「クランクアップのための準備です」って言えないから、「チェック、続いてます!」っていうのがしばらくあってから。でも、クランクアップする人はみんなわかるから、「なんかこの時間、気まずいよね(笑)」みたいな話をしながら、時間を潰すわけですけども。まあ、そんな時間も楽しいんです。で、みんな集まったんでしょうね。そしたら、「それでは、本日で秀忠さん、星野源さん、クランクアップでーす!」って言われて、本当にいろんな人が来てくれてワーッて拍手してくれて。そしたら、『真田丸』のテーマじゃなくて、『恋』が流れて。こんなこと、絶対にないんですよ。他局ですよ? 他局のそのドラマの主題歌がすっごいでっかい音量で流れて。そしたら、ものすごい古いNHKのビンテージマイクがガーッて。スタンドにくくりつけられたマイクが出てきて。「えっ、なになに?」って思ったら、「どうぞ! 踊ってください!」って言われて(笑)。

「ええーっ? えっ、歌うんじゃなくて?」っていう(笑)。マイクが出てきて、「歌ってください」って言われるんだったらまだ……っていうか、「あっ、マイクが出てきた。歌うのかな?」って思ったら、「踊ってください!」って言われて。「ええっ? ええと、ええと……じゃあ、踊ります」っつって。もうものすごい鎧とかを着てフル装備の中、ガッシャンガッシャン恋ダンスを踊って(笑)。「なんなんですか、この時間!?」とか言いながら。で、みんながすっごいニコニコしながら手拍子してて(笑)。それで、曲というかダンスの部分が終わって音がちょっと絞られて、「改めまして星野源さん、クランクアップです!」「ワーッ!(拍手)」みたいになって、「ありがとうございます」って花束をもらって。

で、横を見たら、メイクさんとか衣装さんとかがみんな、サスペンダーの衣装に変わっていて。俺の格好をしてくれているんですよ。で、胸ポケットとかに俺のアー写とかプリントした紙とかを入れていて。まあ、そのクランクアップの瞬間ってメイキングとかでカメラが回っているので。で、あとで聞いたら「カメラが回っているんでいれなかったんですけど、私たちも横で一緒に踊っていました」って。で、「なんて素晴らしい人たちなんだ」と思ってちょっと泣きそうになってしまって。いや、本当に、そんな素敵な現場っていうか……自分という人間がそういう風に現場の中で思ってもらったり扱ったりしてもらったりするっていうのって本当にありがたいことだなと思いました。

本当に、それこそ動画で哀川翔さんの息子さんと娘さんが見学に来られた日に恋ダンスを完璧に踊って帰っていったらしくて。で、その動画をちょっと見せてもらったりとかして。その2人は4時間ぐらい、全部みっちり練習して完璧に仕上げましたっていう。僕はその日、いなかったんで動画だけ見させてもらって。で、クランクアップして終わったら、メイクのところの前にCDが積まれていて。すごい達筆な字で「サイン、お願いします」って書いてあって(笑)。で、「ありがとうございます!」っつって。だからなんか、こんな風に『恋』という曲。そして恋ダンスっていうものが広まって非常に非常にうれしいと思っております。

(中略)

そんな、本当にいろんな方に聞いたり、踊っていただいたり、歌っていただたりしている曲、聞いてください。星野源で『恋』。

星野源『恋』



<書き起こしおわり>
星野源『真田丸』最終回と秀忠の成長を語る
星野源さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中で最終回を迎えた『真田丸』についてトーク。星野さんが演じた徳川秀忠について、三谷幸喜さんから聞いた話などを交えながら話し...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする