スポンサーリンク

Cherry Brownと渡辺志保 スラング解説「Lit」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 752

Cherry Brownさんがblock.fm『INSIDE OUT』にゲスト出演。新曲『これはリット』を紹介しつつ、スラング「Lit」について解説していました。



(渡辺志保)しょっぱなに、「いまのCherry Brownはこんな感じです」っていうのをみなさんにも知っていただくために、チェリーさんの最近の楽曲を聞いていただこうかなと思うんですけども。『これはリット』というシングルが7月20日にリリースされましたけども。ちょっと聞いていただく前に『これはリット』の「リット(Lit)」ってなんじゃい?っていうところをチェリーさんから簡単に説明していただいてもいいですか?

(Cherry Brown)そうですね。まあ、アメリカのスラングなんですけども。主に、すごいパーティーが盛り上がっていたら、「あのパーティー、超リットだったよ!」とか。お酒とかドラッグとかでいい感じになっているのを「超リットなんだけどー!」みたいな感じで使ったりもすると思いますし。「かっこいい」とか「イケてる」とかいう意味も。いろいろ使えるみたいですね。「Lit」は。

(渡辺志保)なるほどね。なんか最初、結構フラットブッシュ・ゾンビーズ(Flatbush ZOMBiES)とかが使い始めて。そっからだんだん浸透したようなイメージが私はあるんですけどね。

スポンサーリンク

Flatbush ZOMBiES『LiT』



(Cherry Brown)うん。

(渡辺志保)本当に「Lit, Lit」って最近、Instagramとかでも見ますしね。またそれを、しかもさ、結構いいタイミングで自分の曲にしちゃうチェリーさんが先見性があるな!っていう風に思うんですけども。

(Cherry Brown)(笑)

(渡辺志保)じゃあここで1曲、その新曲を紹介していただいてもよろしいでしょうか?

(Cherry Brown)Cherry Brown『これはリット』。Produced By Lil’Yukichi。どうぞ!

Cherry Brown『これはリット』



(渡辺志保)はい。いまお届けしましたのはCherry Brownさんの『これはリット』。こちらはもうiTunesなどでゲットできる感じですか?

(Cherry Brown)はい。iTunesなど各配信サイトなどでゲットできるんで、お願いします。


(渡辺志保)ありがとうございます。私も『これはリット』を聞いた時に、結構激しいラウドなビートなのかな? と思いきや、結構チルいトラックじゃないですか。だから「ああ、いまのCherry Brownくん、こういう感じなんだ!」と思って。結構意外性がありましたね。

(Cherry Brown)ありがとうございます。そうですね。はい(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする