東京ポッド許可局 ジェーン・スーの本名を勝手に考える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

TBSラジオ『東京ポッド許可局』の中でマキタスポーツさん、プチ鹿島さんがリスナーからの投稿メールをもとにジェーン・スーさんの本名を勝手に考えていました。



(サンキュータツオ)思わずツイートしてしまいました。(投稿メールを読む)「許可局でもお馴染みのジェーン・スーさん。本名を想像してみたら、須藤純子(すどうじゅんこ)にたどり着いた」。

(マキタスポーツ)ああー。

(プチ鹿島)ちゃんとこの芸名に。

(サンキュータツオ)妄想ですよ。この須藤純子というのは。

(プチ鹿島)芸名に基づいて想像したということですね。ジェーン・スーさん、本名は公開していないんですか?

(サンキュータツオ)じゃないですかね。

(プチ鹿島)田所雅子(たどころまさこ)とか、どうですかね? カチッとしている……

(サンキュータツオ)ありそうだなー! 「子」が入る?

(プチ鹿島)いや、わからないです。ただ、カチッとしている感じ、しません?

(マキタスポーツ)俺はでも、ユキ。下は、ユキ。

(サンキュータツオ)いやいや、そんなことはないよ。

(マキタスポーツ)で、スーさんは嫌いなの。そのユキっていう名前が。

(サンキュータツオ)えっ、それは本当の話?

(マキタスポーツ)知らない(笑)。

(サンキュータツオ)(笑)

(プチ鹿島)たぶん、そのジェーン・スーって、やっぱりすごいじゃないですか。これ、かっこいいじゃないですか。で、「よくつけたな」ってそもそも思うじゃないですか。だからそこに行くまでのその反動ですよね。田所雅子じゃないですか?

(サンキュータツオ)田所雅子(笑)。

(プチ鹿島)カチッとしてさ、勉強もできてさ、いいところのさ。そういう感じ、しません?

(サンキュータツオ)ああー、どう……

(プチ鹿島)スーさんでこれだけやったら、また本人の耳に入ったら怒られるよ。

(マキタスポーツ)(笑)

(サンキュータツオ)だから俺は何も言ってないよ! 2人だからね!

(マキタスポーツ)須山ユキ(すやまゆき)。

(サンキュータツオ)ああー、そっちのユキか。須山ユキ。

(マキタスポーツ)鈴木ユキ。

(サンキュータツオ)ユキって、「由紀」みたいな感じ?

(マキタスポーツ)そうそうそう。由紀子! 由紀子じゃねえか? 鈴木由紀子(すずきゆきこ)!

正解は誰も知らない

(サンキュータツオ)待って。これ、正解ないから。正解ないから、本気で当てにこないでください。

(マキタスポーツ)(笑)

(プチ鹿島)富士百合子(ふじゆりこ)。富士百合子、ないですか?

(サンキュータツオ)すげーキレイな名前じゃん。

(プチ鹿島)キレイすぎて、ジェーン・スーに行ったっていう。

(マキタスポーツ)小石川典子(こいしかわのりこ)。

(鹿島・タツオ)(笑)

(プチ鹿島)それ、生まれた場所とかじゃないの?

(マキタスポーツ)そうかそうか。

(サンキュータツオ)文京区で東京の人であの世代だから、「子」はついていると思うんだよね。「子」はついていてほしいなっていうのはあるね。

(プチ鹿島)そういう幻想、ありますわね。

(マキタスポーツ)「そういうとこ!」ってタツオ、言われるよ。

ジェーン・スー 小林悠と東京ポッド許可局『声出す女論』
東京ポッド許可局のイベント『俺たちと聖夜と東京ポッド許可局2013』にジェーン・スーさんと小林悠さんがゲスト出演。『声出す女論』などを語り合っていました。 実はイベントの協賛...

(サンキュータツオ)(笑)

(プチ鹿島)ああ、もういま一発、ぶん殴られた。

(サンキュータツオ)そうだね(笑)。いま一発、「押しつけないでください!」っていう。ねえ。

(プチ鹿島)ああ、いいですね。ジェーン・スーさんの本名を勝手に考える。

(サンキュータツオ)本名JAPAN(笑)。

(マキタスポーツ)本名JAPAN(笑)。

(サンキュータツオ)「うわっ、これありそうだ!」っていう(笑)。

(マキタスポーツ)これ、面白いね。

(サンキュータツオ)いいね。ジェーン・スーさんの本名を募集するコーナーみたいな。そういうの、あってもいいかもしれない。

(プチ鹿島)あのさ、これいじってると思われたら嫌だよ。

(マキタスポーツ)(笑)

(サンキュータツオ)いや、いじってるよ(笑)。

(プチ鹿島)いじってないよ。

(サンキュータツオ)あなた方2人はいじってますよ。

(プチ鹿島)いや、いじってない。なに言ってるの。おハガキがあったからでしょう?

(マキタスポーツ)いいね。これ、ジェーン・スーの本名を考えるJAPAN。

<書き起こしおわり>