スポンサーリンク

STUTSとサイプレス上野 AKAI MPC1000を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 737

トラックメイカーのSTUTSさんがFM yokohama『BAY DREAM』に出演。MPCのスタジオライブ演奏後にサイプレス上野さんとMPC1000やトラック作りなどについて話していました。


(STUTSのMPC スタジオライブ後に……)

(サイプレス上野)イエーッ! 素晴らしい!

(遠藤舞)いやー、これ本当に動画で見せたい、みんなに!

(STUTS)ありがとうございます。

(遠藤舞)すごい!

(サイプレス上野)これ、シークエンスは?

(STUTS)全く使ってないです。

(サイプレス上野)ノーシークエンスですよ。もう完全に生で。MPCってサンプラーなんだけども、わからない人に言ったら、サンプリングしたものが(機械の)パッドの中に収納できまして。

(遠藤舞)ボタンがあってね。

(サイプレス上野)俺たちヒップホップはこれでだいたい音を作っていくっていう文化なんだけども。それをいま、生で。なんて言うんだろうね? ドラムの人が生でやっているのに、キーボードの人とかもいろいろ入ってきてる、みたいな。

(遠藤舞)もう、だから楽器ですよね。

(サイプレス上野)楽器、楽器。

スポンサーリンク

STUTS MPC1000演奏 参考動画



(STUTS)そうですね。楽器としても使えるなっていうのはありますね。

(遠藤舞)完全に。これ、生でやるのは結構難しいっていうか、珍しいんですか?

(STUTS)ああ、なんかそこまでやっている人は多くないんですけど。

(サイプレス上野)どうですか? MPC1000使いの(ビート)武士としては?

(ビート武士)生で打ったら、やっぱり生感が出ちゃうんですけど。STUTSくんのは音源を聞いているような。全然ズレないんですよね。

(STUTS)ありがとうございます。

(遠藤舞)言わなきゃわかんないですよね。「えっ、これ流しているんだよね?」ってなるよね。だからもう、すごい説明したいもん。「違うよ」って。

(サイプレス上野)生でぶっ叩いている。しごいてましたからね。武士はやらないの?  生で。

(ビート武士)俺、あんな上手く叩けないっす。

(サイプレス上野)あれは難しいよね。まあ、1000もパッドの数は16個だよね。

(STUTS)はい。16個です。

(サイプレス上野)だから、どこに何(の音)が入っているか、ちゃんと把握しておかなきゃいけないから。

(遠藤舞)私、まずそこを覚えられないもん。絶対(笑)。ねえ、指がすごい。

(サイプレス上野)ねえ。「タッタタッタンッ♪」って。もう俺にできることなんてね、一応、俺も持っているんだけどね。馬の蹄のやつ。「タカタッタカタッタカタッタ……」っていうのを1個のパッドで。ハイハットの「チッチッ♪」ってやつを、「チチチッチチチッ……」って。「馬! 馬、馬!」とかって(笑)。

(遠藤・武士)(笑)

(STUTS)いや、でもそれすごいです。それできるのは。

(サイプレス上野)ただやって、ゲラゲラゲラッて。

(遠藤舞)でも指10本、全部くまなく使っている感じでしたもんね。

(STUTS)そうですね。使う時は使いますね。

(サイプレス上野)千手観音スタイルですよ。

(遠藤舞)そうそう。それそれ。すごかった。

(サイプレス上野)おっ、武士がなんかやる気になってる?

(ビート武士)いえいえいえ……すごい、ちょっと触ってみたくなりました。

(STUTS)ぜひ(笑)。

(中略)

(サイプレス上野)(メールを読む)「MPCライブ、すごいです。どんな機材でやっているのか、教えてください」っていうね。機材はこれ……?

(STUTS)はい。これはMPC1000ですね。

(サイプレス上野)あと、SP-404も使っている?

(STUTS)404も一応使ってますね。サンプラーなんですけど。これも。長い尺のサンプルとかを入れる時はこれを使っています。

(サイプレス上野)2台オンリーでやっていますんで。

(遠藤舞)2個使っている?

(STUTS)そうですね。使う時もある。基本的にはMPC1000ひとつですね。

(サイプレス上野)素晴らしい。ぜひね、メール投稿者さんも機材をね。そんなにめちゃめちゃ高いものでもないから。

(遠藤舞)あ、そうなんだ。高そうなのに。

(STUTS)全然。

(サイプレス上野)いま、もう10万切ってるよね。

(STUTS)全然切ってますね。っていうか中古で買えば割と……

(サイプレス上野)4万とかで。

(STUTS)で、買えます。

(遠藤舞)リーズナブルで。

(サイプレス上野)リーズナブル。そのかわり、この中にはもともと音が入っていないから。

(遠藤舞)自分で1から作るってことか。

(サイプレス上野)自分で持って来なきゃいけないんですね。

(STUTS)そこが最初のハードルっていうのはありますね。

(遠藤舞)でも、それは楽しそうですね。

(サイプレス上野)そう。で、レコードを買ってきて。で、「この音、入れたい」っていうのを入れてやっているのが楽しくてしょうがない。

(遠藤舞)楽しそう!

(サイプレス上野)だってドリームの仲間でいちばん最初に買ったのが武士なんだよ。で、別の地区に仲のいい先輩のラッパーの人がいて。その人はMPC2000XLを持っていて。

(STUTS)ああ、名機。

(サイプレス上野)そう。名機ね。俺たちを惑わす名機。ギュッと締められるあの名機。素晴らしい名機があるんですよ。

(STUTS)(笑)

(サイプレス上野)本当だからね。で、その人が使い方を教えてくれて。その人のところに原付きでもう、俺も持っていって。そしたらもう、サルが何かを覚えたかのように、ずーっとやるよね。

(STUTS)結構、夢中になりますよね。

(サイプレス上野)夢中になって。で、たとえばドラムの音。「ドッドッカッ!」とかあるけど、それってレコードの中に入っている、いわゆるドラムブレイクの部分を見つけるのね。みんなで。聞いて見つけたところを、ドラムだけを取る。

(遠藤舞)抜き出す。

(サイプレス上野)抜き出す。そう。抜いて、出す。素晴らしいね。

(STUTS)(笑)

(サイプレス上野)いや、ハットとかもそうだよね。「このハット、いいな」とか。それをさらに中で変えていって。

(遠藤舞)そうか。お気に入りのハット(の音)を見つけて。抜き出して。

(STUTS)そうですね。抜き出して、それをまた違うレコードの音とかも重ねたりして。で、自分の音色を作っていくっていう。

(サイプレス上野)自分の好きなアーカイブができていくんだよね。そこに。それをずーっとね。

(遠藤舞)いいですねー。もう、無限大だ。

(サイプレス上野)無限大ですよ。使える人は本当に。こういう使える人、うらやましい。俺も。

(遠藤舞)何種類ぐらい音、入れられるんですか?

(STUTS)そうですね。メモリーの範囲内なら、全然無限大で。

(遠藤舞)いっぱい入れられる。それ、覚えていくのも大変だね。じゃあ。

(サイプレス上野)大変、大変。ちゃんと文字を入れておかないと、わからなくなるから。「○月○日に入れたやつだから」とか、覚えておいたりして。

(STUTS)大事ですよね。

(サイプレス上野)だから俺のはUSBの前の時代でZIPだったから。ZIPの中とか、10年前の音とか入っているから。「こんなの入れてたんだ、俺」とかたまに思うもん。

(STUTS)あ、わかります(笑)。

(遠藤舞)でも、いま聞いたら「いいな!」みたいなのもね。

(サイプレス上野)いや、「俺、センスある!」とか思うもん。「なんでこれで曲、作らなかったんだろう?」とか。

(STUTS)そういうの、ありますね。

(サイプレス上野)最近、全く触ってないんですけどね。悲しいぐらいに。

(遠藤舞)でも、自分でカスタマイズできるのってちょっと面白いな。

(サイプレス上野)面白いですよ。メール投稿者さんもね、借金してでも買ってください。

(STUTS)ぜひぜひ(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする