スポンサーリンク

松尾潔 ミュージック・ソウルチャイルド『Life on Earth』を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

松尾潔さんがNHK FM『松尾潔のメロウな夜』の中でミュージック・ソウルチャイルドの新作アルバム『Life on Earth』についてお話していました。



(松尾潔)さあ、そういう大トレンドになっている90’s R&Bなんですが。ミュージック・ソウルチャイルド(Musiq Soulchild)もニューアルバム『Life on Earth』の中で、トニ・トニ・トニ(Tony! Toni! Tone!)の『Lovin’ You』を歌っていますね。これはまあ、よりカバーに近い形です。しかも、ミュージック・ソウルチャイルドっていう人が、ネームバリューも大変ありますから。ちょっとラジオプレイとかを狙ったのかな?っていうね。ミュージック・ソウルチャイルドが好きな人が、トニ・トニ・トニを好きな確率っていうのも、結構な割合だと思うので。うん。



まあ、ラファエル・サディーク(Raphael Saadiq)。ラファエルの姿が透けて見えるような、そんな仕上がりになっていますが。この『Lovin’ You』を含む『Life on Earth』というアルバム、大変に出来が良いです。大変に出来が良い。その中から、今日は何をご紹介するか、大変迷いましたが……いまの気分ということでこちらを選びました。お聞きください。ミュージック・ソウルチャイルドで『Changed My Mind』。
スポンサーリンク

Musiq Soulchild『Changed My Mind』



ご機嫌ですね、これ。ミュージック・ソウルチャイルドで『Changed My Mind』でした。さっきも言いましたけど、この曲を含みます『Life on Earth』。今年を代表する1枚になるんじゃないかなと。まあ、ちょっと早いですけどもね。そういう風に思います。いま聞いた曲というのは、まるでアース・ウィンド・アンド・ファイアー(Earth, Wind & Fire)ですよね。まあ、タイトルに「Earth」っていう言葉が含まれているアルバムですから、ちょっとそういうイメージも抱きやすいというか。誘導されたような気持ちもあるんですけども。

ですが、たとえばエリック・ベネイ(Eric Benet)がアース風の曲をやったりするっていう、そういう時のアプローチなんかとちょっとやっぱり一味違うんですよね。一癖あるっていう言い方がいいのかな? ミュージック・ソウルチャイルドは。ご存知の方も多いと思うんですけども、ミュージック・ソウルチャイルドはここ数年、ハッスル(The Husel)っていう名前でやってみたりとか、あと、パープル・ワンダーラブ(pUrPlE wOnDaLuV)というもうひとつの名義を持ってみたりとか。

ちょっと……忌憚なく言うと、ちょっと迷走している感じもあったんですが。本人名義のど真ん中という作品を突きつけてくると、なるほど。回り道というのは1秒もなかったのだなという気もするから、まあ「天才、天才」と言われてきたミュージック・ソウルチャイルド。伊達にそう呼ばれているわけじゃないと思いました。『Changed My Mind』。ウォーリン・キャンベル(Warryn Campbell)のプロデュースでお届けしました。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事