スポンサーリンク

JKラッパーちゃんみな 高校生ラップ選手権を振り返る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 723

JKラッパーのちゃんみなさんが『9sari STATION』に出演。ダースレイダーさん、漢 a.k.a GAMIさんと、出場した第9回高校生ラップ選手権について振り返っていました。


※動画18:00あたりから始まるトークパートの書き起こしです

(ダースレイダー)ライブ、お疲れ様でーす。みんな大好き、女子高生のちゃんみなさんです。

(ちゃんみな)はい、こんばんは(笑)。

(ダースレイダー)というこで、さっそく9sari STATION初登場で来ていただきましたが。まず、漢 a.k.a GAMIさん、どうですか?

JKラッパーちゃんみな 高校生ラップ選手権を振り返る

(漢 a.k.a GAMI)うーん。ずばらしいね。

(ダースレイダー)「ずばらしい」?(笑)。

(漢 a.k.a GAMI)「素晴らしい」を超えたね。次のレベルのやつだよね。「ずばらしい」は。

(ダースレイダー)うん。「素晴らしい」の上のレベル、来た?

(漢 a.k.a GAMI)ずばらしい。

(ダースレイダー)まあ、実は1曲目でちゃんみなが歌っていた、めっしをフィーチャリングした『未成年』が昨日配信されてますが、これもね、昨日BSスカパー!で放送されたばっかりの第九回高校生ラップ選手権。これもYouTubeにUPされているので。みんな見ることが出来ますが。そこにちゃんみながエントリーして、バトルをして。そこに審査委員長が漢で。僕がレフェリーで、っていうので。実は見ていたんだけども。実際に出てみて、昨日放送されて。反響とか、どうですか?
スポンサーリンク

高校生ラップ選手権後の反響

(ちゃんみな)いや、出てみてすごく変わりました。

(ダースレイダー)出てみて。まあ、出る前までは、あんまりバトルとかって……

(ちゃんみな)いや、1回もやったことなくって。

(漢 a.k.a GAMI)ああ、そう?

(ダースレイダー)あんま興味もないみたいな?

(ちゃんみな)なかったです。

(ダースレイダー)ところが、出てみたら?

(ちゃんみな)いや、出てみたら本当に渋谷とか歩いても気づかれるようになりましたね。

(ダースレイダー)おおー、渋谷を歩いていて。大阪でやった大会なのに。渋谷を歩いていて気づかれる?

(ちゃんみな)もうびっくりしましたね。とか、この前まで「(Twitterの)フォロワー1500人目指します」って言っていたのに、3日間で1万人になっていたのがびっくりしました(笑)。

(ダースレイダー)3日間で1万人? これ、なんか本書けるんじゃないの? 『Twitterの数を増やす方法 6倍にします』みたいな。それは、「高校生ラップ選手権に出ること」みたいな。

(ちゃんみな)(笑)

(ダースレイダー)そっかー。3日間で1万いった?

(ちゃんみな)怖かったです。

(ダースレイダー)じゃあもう後、今日の放送。9sari STATIONに出たことで、3日後には3万ぐらいいっちゃってるんじゃない?

(ちゃんみな)(笑)

(漢 a.k.a GAMI)もっとね、ちゃんみなが怖がるような。もっと怖がらせようか。

(ダースレイダー)もう、スタンス的にもだいぶ攻撃的ですからね。

(漢 a.k.a GAMI)だいぶね、「久しぶり」っていうか。「おう、久しぶり」っていう感じの。ほら。

(ちゃんみな)(笑)

(ダースレイダー)「会ったこと、あった?」みたいな。

(漢 a.k.a GAMI)「このシーンには、そういうのいるよね。いっぱい、本当は」っていう感じだったな。

JKラッパーちゃんみな 高校生ラップ選手権を振り返る

(ダースレイダー)「ストリートとかで会ったことあったっけ?」みたいなぐらいの。エネルギー量的にはもうね、だいぶ大人のラッパー顔負けのあれですけどね。まあ実際、出て1回戦がね。こういうことをやるんですよ。テレビっていうのはね。女の子が2人エントリーしていると、やっぱりぶつけちゃうんですよね。これね。

(漢 a.k.a GAMI)ぶつけるよな。

(ダースレイダー)そりゃあ、テレビとしてはしょうがないですよね。散らして、当たらずに終わったら……とか、そういう計算がたぶんあって。1回戦で我慢しきれずに当てちゃうみたいなところでね。1回戦の相手が大阪のRei©hi。

(ちゃんみな)はい。Rei©hi。

(ダースレイダー)Rei©hi戦はどうでした?

(ちゃんみな)いやー、びっくりしまた。

(ダースレイダー)ああ、「当たるかも」って思ったけど、「当たらないかも」とか?

(ちゃんみな)いや、「当たるな」とは思っていたんですけど。やってみて、素晴らしい下ネタを、まあブチ込まれたので。

(ダースレイダー)ここでは、放送コードはないんで。

(ちゃんみな)(笑)

(漢 a.k.a GAMI)「クロマン」って言ってたね。

(ダースレイダー)うん(笑)。放送コードはないけど、あえて言うのも恥ずかしいみたいなね。

(ちゃんみな)そうなんですよ。本当に。

(ダースレイダー)まあ、Rei©hiちゃんは要は大阪なんで。基本、一二三屋トレーニングっていうのをやっていまして。ちゃんみなは、東京練馬なんで、ちょっとD.Oがコメントを出したりしてるんだけど。まあ、だいぶ違う感じで挑んだと思うんだけど。だいぶね、汚いライムを出していたね。あれね。

(ちゃんみな)いや、そうですね。びっくりしましたね。

(ダースレイダー)結構、それを言ってる時のRei©hiの顔とかもね(笑)。

(ちゃんみな)いやー、もう鬼でしたよ。見たこともないような。うちのママより怖かったです。

(ダースレイダー)(笑)。でも、バッチバチな感じになったよね。実際さ、試合自体、やっている時はどうなの? 「勝てそう」とか?

(ちゃんみな)いや、もう本当に何も考えないでっていうか。「ああ、勝たないと。JKナンバーワンを取らないと」っていう。

(ダースレイダー)ああ、JKナンバーワンはとりあえず取りたいと。

(ちゃんみな)とりあえず。それが目標だったんで。出てみて、後攻が取れて。「ヨシッ!」っていう。「よっしゃー! グー出してよかった!」みたいな。

(漢 a.k.a GAMI)とりあえずね、JKクイーンはね。

(ダースレイダー)JK、ジャンケンも強いからね。JK一番を取るなら、ジャンケンもね、一番を取っていかなきゃ行けないんだけど。でもね、これは見れるからあれなんですけども。試合の細かい内容はYouTubeで見てもらいたいんですけど。途中で、これも結構話題になっちゃっているんだけども。Rei©hiのついでに、(審査員の)MARIAにもね、こう、一言。あのへんも、パッと。ちょうどね、対角線上にいたからね。

(ちゃんみな)そうですね。

(ダースレイダー)ちゃんみなの目線の先にMARIAがポーンといるっていう状況で。パッと出ちゃったみたいな。

(ちゃんみな)まあまあまあ……

(ダースレイダー)でもね、MARIAはそういうスタンスが大好き、みたいな。実際に一回戦が終わった後に休憩があって。ちょっと話したんだけど、「ちゃんみな、すごい!」っていうのをMARIAも言っていたから。MARIAもね、高校生ラップ選手権に出るたびにヒールとかが高くなって。どんどんデカくなるっていう(笑)。

(ちゃんみな・漢)(笑)

(ダースレイダー)だいぶデカくなっていて。一応、そういう裏テーマがあるらしくて。次の武道館の時には、だいぶデカくなってるんじゃない?

(ちゃんみな)おおー!

(漢 a.k.a GAMI)抜かれているだろうな。背も抜かれちゃって。

(ダースレイダー)さらにデカくなっていくっていうね、そういうスタンスらしいんだけど。だからね、結構見せきったっていうのがあってね。で、結果的にはRei©hi戦はちゃんみなが勝利するんですけども。その後ね、写楽戦。写楽戦はどうでした? 逆に。

(ちゃんみな)もう、Rei©hiちゃんが泣いちゃって。

(ダースレイダー)試合の後にね。

(ちゃんみな)そうです。試合が終わった後に泣いちゃって。「あっ、もうヤバい、ヤバい。泣かしちゃった!」って。テンパりすぎて。なんか、もう何も考えられない。で、「はい、上がってください。上がってください」ってなって上がって。「えっ、えっ……」ってなったのは覚えています。

(ダースレイダー)ああ、写楽戦で。

(漢 a.k.a GAMI)真っ白になった感じのね。

(ダースレイダー)写楽の他の、前の試合とか、見ていた?

(ちゃんみな)いや、全然見ていなくて。あの、DOPEMANかなと思って。

(ダースレイダー)そうかそうか。DOPEMANに写楽が勝って、上がってきたんだよね。でもまあ、実際に始まってみたらね、写楽はすごく曲者なラッパーだからね。そこはすごい、逆にちゃんみなでワーッ!って盛り上がっている会場を見て、盛り上がる写楽みたいな状況があったと思うんだけど。

(ちゃんみな)でも、全然悔しくはなかったですね。

(ダースレイダー)まあ、思いっきりやれたみたいな?

(ちゃんみな)そうですね。

(漢 a.k.a GAMI)女同士で戦ってね、あれだけの試合をやったらね、まあ結構、燃え尽きるじゃないけど。なんか吹っ切れてるのかもね。ある意味。

(ダースレイダー)まあ大会のね、ハイライトだったとはね。間違いなく。一回戦はベストバウトは間違いなくね。

(漢 a.k.a GAMI)データを取るとしたら、もう大成功で。これ、またやった方がいいんじゃないか?っていうことになっているからね。データ的にはね。

(ダースレイダー)データ的には(笑)。視聴率的にもね、跳ね上がるみたいなね。まあ、ただ同時に、その時のパフォーマンスもそうだし。いまの(スタジオ)ライブを見ても、配信されたばっかりの『未成年』とかを聞いてもわかるように、やっぱりちゃんみなはね、フリースタイル、バトルMCでは全然ないと思うし。

ちゃんみな『未成年』


(ちゃんみな)そうなんですよ(笑)。

(ダースレイダー)やっぱりそこを目指してほしくもないっていうかね。その器ではないぞ、実はっていう気がするので。ただ、やっぱりじゃあ、「逃げてるんじゃねえよ」とか、「やったこともねえのによ」みたいなことを言うやつもいるから。とりあえず、出ておいて、スキルは見せておいて……っていうところは、だいぶ余裕でクリアしたかなとは思います。あとね、さっき「何才?」っていうのを言っている人がいたんですけど、17才ですね。

(ちゃんみな)はい。17才です。

(ダースレイダー)しかもね、曲の中で誕生日までカミングアウトしてるんのでね。

(ちゃんみな)そうなんですよ。曲で「98年 OCTOBER 14、JK……」って言ってるんですけど。

(ダースレイダー)これが英語なんでわからない人のために言うと、「1998年10月14日」と。これから次が、ちゃんみなの18才の誕生日?

(ちゃんみな)そうです。

(ダースレイダー)18才の誕生日が10月14日に来るので、よく記憶しておいてね、誕生日のプレゼントとかをね、用意して。ちなみに、何が好きですか? なんか、誕生日プレゼントにほしいもの、みたいな。

(ちゃんみな)えっ、なんだろう? お金ですかね。

(ダースレイダー)お金(笑)。

(ちゃんみな)はい(笑)。

(ダースレイダー)どうですか、いまの?

(漢 a.k.a GAMI)まあ、R-E-A-Lっていう感じで。アリエールだね。

(ダースレイダー)アリエールな感じですかね(笑)。じゃあ、封筒に入れた、立つような札束をこう、ちゃんみなのところにドーン!って並べてね。「誕生日だー!」ってアイドルみたいな写真を撮っているんだけど、全部札束みたいな。

(ちゃんみな)(笑)

(ダースレイダー)これ、危ないですね。

(ちゃんみな)いやー、かっこいいな、それ。

(ダースレイダー)なんかね、誕生日とかやっぱ公開しておくと、そういったファンの子とかがね。

(ちゃんみな)本当ですか?

(ダースレイダー)アイドルの子とか、やってるよね。

(漢 a.k.a GAMI)あるかもしれないよね。アリエールだよ。

(ちゃんみな)おおー。

(ダースレイダー)ここぞとばかりにファンからのね、高額商品をいろいろもらうみたいなね。

(ちゃんみな)いやー、申し訳ないな。それは……

(漢 a.k.a GAMI)まあJKだからさ。そこはもう。特権だよ。JKの特権だよ。

(ダースレイダー)JKの間の特権ですからね。JK特権は最大に生かした方がいいと思います。なので、10月14日は……で、ちゃんみなはだから曲もいろいろと。本当に、いまね、「めっしのラップもいい!」って言っているのもあって。

(ちゃんみな)ああ、はいはい。

(ダースレイダー)実はこれもね、俺が「ちゃんみな、すごい!」って思ったのは、ちゃんみなはプロデューサー志向なんだよね。

(ちゃんみな)そうです。

ダースレイダー ちゃんみなのすごいところを語る

(ダースレイダー)それで、ラッパーっていうだけじゃなくて、曲全体を作る。ビートもちゃんみなが作っているし。そしてフックのメロディーも自分で考えるし。そして、フィーチャリングされているめっしの歌詞とかも、ちゃんみなが考えて。さらに歌唱指導もね。で、ちなみに私、結構こう見えて20年ぐらいラップをやってきまして。その間、様々なレコーディング現場を経験してきたんですけども。ちゃんみなのレコーディングがいちばん厳しいです(笑)。

(漢 a.k.a GAMI)スパルタですよね(笑)。

(ちゃんみな)(笑)

(ダースレイダー)あのね、背筋が凍るんだよね(笑)。「こんなに厳しい人、いるの?」みたいなぐらいのディレクションをカマしてくるんですけど。まあ、それがあっての、楽曲がちゃんと完成した時の到達感みたいなね。それぐらい追い込んで作っているからこそ、自身を持って人前で歌えるんだ、みたいな。そういうのを感じるのでね。

(ちゃんみな)ありがとうございます。ありがたいです。本当に。

(ダースレイダー)だからね、ちゃんみな。1曲、まず『未成年』が出ているけど。いろんなタイプの曲が作れる子だから。そこも楽しみにしておいてほしいと思います。

(ちゃんみな)はい。お願いします。

(漢 a.k.a GAMI)ずばらしいね。

(ダースレイダー)うん。ずばらしい!

(ちゃんみな)いろんな曲を作りたいと思います(笑)。

(ダースレイダー)ずばらしいから。で、5月5日の『SCHOOL OF RAP』ではちゃんみなのライブもあるので。生でもね。まあ、いろいろ結構あちことでライブをやったり。割と活発にやっているのでね。

(ちゃんみな)そうですね。ダンサーとかもついていて。たぶん、賑やかだと思うんで。

(ダースレイダー)で、ちゃんみなのTwitterはいま、1万人超えちゃったけど、まだフォローしてないって人は速攻フォローすると、最新情報もゲットできるぜ!っていうところで。


(ちゃんみな)(笑)

(ダースレイダー)フォローちゃんみなで最新情報もゲットして。まずは『未成年』をダウンロードして、がっちり。毎日ちゃんみなを聞いて元気になってください!

(ちゃんみな)ありがとうございます(笑)。

(ダースレイダー)ということで、ちゃんみなでした! ありがとう!

(ちゃんみな)ありがとうございました。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする