スポンサーリンク

SATUSSY 韻踏合組合『REAL GOLD』を語る

シェアする

韻踏合組合のSATUSSYさんがblock.fm『INSIDE OUT』に電話出演。DJ YANATAKEさんとニューアルバム『REAL GOLD』について話していました。



(DJ YANATAKE)では、お待たせしました。本日のゲストを呼び込みたいと思います。お電話なんですけども。韻踏合組合からSATUSSYさん!

(SATUSSY)こんばんはー! SATUSSYでーす!

(DJ YANATAKE)どもどもども! ありがとうございます。

(SATUSSY)いえいえ。

(DJ YANATAKE)今日はね、電話で参加ということなんですけども。4月27日、来週。いよいよ出ますね。ニューアルバム『REAL GOLD』。約2年ぶり、8枚目のアルバムということですが。

(SATUSSY)そうなんですよ。

(DJ YANATAKE)おめでとうございます。

(SATUSSY)ありがとうございます(笑)。ちょっと時間がかかっちゃったんですけども。

(DJ YANATAKE)あ、やっぱり結構時間がかかったっていう感じですか?

(SATUSSY)今回はね、ソロ曲とかコンビネーションとか一切なしで。全曲ポッセカットで、全員でやる曲っていうのをしようというのを自分らに課しまして。ミッションとして。それでやったもんで、結構時間がかかりまして。

(DJ YANATAKE)ああ、そうかそうか。でも、まあその前にやはりですね、韻踏合組合と言えば『一網打尽』がね、かなりのロングランヒットっていうか。僕、いまでもDJのたびにほぼ毎回、かならずかけさせてもらってるんですけど。

スポンサーリンク

『一網打尽』の超ロングランヒット



(SATUSSY)いや、もうありがたいっすね。

(DJ YANATAKE)そのロングランヒットは肌で感じてらっしゃいますか?

(SATUSSY)もうね、最初に作ってライブでやった時から、すげー反応が良くて。周りの奴らとかも、「あれ、ヤバいやん!」とか言ってはくれてたんですけど。ここまでっていうのは予想はしてなかったんですけど。やっぱりライブでやって盛り上がったりとか。で、年に数回なんですが、フルメンバーで揃って何回かやることがあるんですよ。SHINGO☆西成、NORIKIYOたちと……



(DJ YANATAKE)ああ、はい。リミックスバージョンもね。

(SATUSSY)そうなんですよ。リミックスバージョンをライブでやった時とかはもう、えらいことになってましたね。

(DJ YANATAKE)(笑)。ああー、それはでも、すごいよね。

(SATUSSY)ダイブするみたいな感じで。

(DJ YANATAKE)本当にもう、困った時の『一網打尽』っていうか(笑)。もうね、「あっ、ちょっとヤベーな」って思った時にイントロからブッ込んだら、お客さん全員ワーッ!みたいな。

(SATUSSY)いや、もううれしいっすね。NAOtheLAIZAにビガップを送りたいです。

(DJ YANATAKE)そうですね。NAOtheLAIZAプロデュースの曲ですけども。でもですね、逆に、最新曲がそんな大ヒットするのはキャリア長くて素晴らしいことですけども。逆に、言い方が難しいけど、ヒットしすぎて……それって次に向かうモチベーションになったのか、それともプレッシャーになったのか、みたいなのは?

(SATUSSY)そうですね。でも、両方ありましたね。やっぱりあれを超えるやつを――いまでも思っているんですけど――2、3曲は絶対にほしい!っていう欲求もいまだにあるし。いい意味でプレッシャーっていうのがあって。今回は全曲ポッセで行こう!っていう意識になったですね。はい。

(DJ YANATAKE)なるほど。そっかそっか。で、まずこの後、さっそくみんなにも聞いていただきたい新曲なんですけども。アルバムタイトルにもなっている『REAL GOLD』。これも、実は『一網打尽』と同じプロデュースの……

(SATUSSY)そうですね。さっき言ったNAOtheLAIZAプロデュースで。

(DJ YANATAKE)NAOくんは何て言ってましたか? オファーをする時に、逆に。

(SATUSSY)これはね、やっぱり僕的には、『一網打尽』を作る時もNAOtheLAIZAのスタジオで「こういうのを作りたい」っていうのがあって。NAOtheLAIZAも「こういうイメージのを韻踏にやってもらいたい」っていうのが合致してできたんで。「第二弾を作ってほしい」って言うと、さっきヤナさんが言ってくれたみたいに、NAOtheLAIZA的にもかなりプレッシャーあったみたいで。

(DJ YANATAKE)なるほど、なるほど。

(SATUSSY)結構悩んでいて。僕もダメ出しして。で、何曲か作った時に、「できました!」っていうのが連絡があって。「とりあえず聞いてみてください」って言ってきたのがこのビートやったんですね。

(DJ YANATAKE)なるほど。そうか。

(SATUSSY)それでみんなで聞いたら、こう首を振って。ヤバい!ってなったんで、「じゃあ、これで行こうか」って。

(DJ YANATAKE)これ、タイトルに『REAL GOLD(NEVA GETS OLD)』って書いてあるんですけども。これ(NEVA GETS OLD)はどういう意味ですか?

(SATUSSY)これはね、結構遊戯がいろいろいいタイトルを出してくれたりするんですけど。これも遊戯が思いついたアイデアで。『REAL GOLD』っていうのはもともとアイデアであったんですけど。『NEVA GETS OLD』っていうのを遊戯が、「このフレーズがいいんすよね」って言っていて。これを、スラング的な感じで何かで使いたいっていうのがあって。

(DJ YANATAKE)ふんふん。

(SATUSSY)それやったら、その意味合いを聞いてから、『REAL GOLD』っていうアイデアであったのと結びついて。しかも、タイトルで韻も踏んでいるし。「REAL GOLD、NEVA GETS OLD」でこう……

(DJ YANATAKE)なるほど、たしかに!

(SATUSSY)はい。「韻踏合組合」じゃないですけど(笑)。タイトルでもライムしているし、意味合い的にもやっぱり、「いまでもフレッシュだぜ」みたいな意味合いの、さらにもうちょっと渋いというか。僕らなりのメッセージを込めれているっていうところもあって。「ああ、それバッチリやな」ってなって。その時から、「『REAL GOLD』をアルバムタイトルにしよう」っていう。これ、1曲目に作ったんですけど。

(DJ YANATAKE)なるほどね! ああ、1曲目に作ったんだ、しかも。へー! じゃあ、『一網打尽』からいいスタートだったんですね。これはね。

(SATUSSY)まあ、試行錯誤しながらっていう感じなんですけどね。まあ、タイトルもアホやし。リアルゴールドって、みんな知っている某会社の金色のジュースで。B-BOY的にはやっぱ、ジュースっていうとあの2パック(2Pac)のあの(映画)『JUICE』もあるし。



(DJ YANATAKE)うんうん。たしかに。

(SATUSSY)それがこう、ゴールドのジュースっていうのもいいし……っていう。

(DJ YANATAKE)いろいろ結びついちゃったんですね。

(SATUSSY)そうそうそう(笑)。こじつけるっていう(笑)。

(DJ YANATAKE)いやいや、大事ですよ。それ、大事ですよ。じゃあちょっと、これをさっそく聞いてみたいと思いますんで。曲紹介の方をお願いします。

(SATUSSY)じゃあ、お願いします。韻踏合組合8枚目のニューアルバムから『REAL GOLD(NEVA GETS OLD)』。

韻踏合組合『REAL GOLD (NEVA GETS OLD)』



(DJ YANATAKE)はい。聞いていただきましたのは韻踏合組合8枚目のニューアルバム。来週発売ですね。アルバムタイトルにもなっております『REAL GOLD』でございました。SATUSSYさーん?

(SATUSSY)はーい! どもー。

(DJ YANATAKE)ちょっとですね、またアルバムの話を聞かせていただきたいんですけども。さっきもちょっと出てきましたけど、『REAL GOLD』というこのコンセプトみたいなのとかって、結構人数も多いグループ。どうやって決めていったりするんですかね?

(SATUSSY)そうっすね。結構毎回バラバラなんすけど、今回はさっきも言ったように「全曲、全員でやろう」っていうコンセプトと、あとは前のアルバムからずっと決めているんですけど、やっぱり「いい意味でコンピ。ベスト盤みたいにしたい」っていう。シングルヒットばっかり詰まっているっていうのにしたくて。前のアルバムもそういう意味で『NOW』っていう。昔、『NOW』っていうコンピ、あったと思うんすけど(笑)。



(DJ YANATAKE)ああー!(笑)。そうだそうだ! それ、なんかインタビューで見てた。

(SATUSSY)あと、まあこういうSNS時代で「なう」っていうところもありつつ。前回、そういうタイトルにしたんですけど。

(DJ YANATAKE)いちいち、意味がいっぱい入ってるね(笑)。

(SATUSSY)そうなんすよ。無理やり詰め込むんですよね。

(DJ YANATAKE)いやいや、素晴らしい。最高。

(SATUSSY)で、今回も引き続きそういうコンセプトでやっているんですけど。内容に関しては、絶対にこういうことを言おうっていうのはないんですけど。とりあえず、あと1個、自分らに課していたのは、「いっぱい曲を作ろう」っていうのを今回、初めてできたかなっていうのもあって。結構いろんな人と作らせてもらって。結構デモの段階でボツったやつがあって。

(DJ YANATAKE)あ、そうなんですね。

(SATUSSY)倍以上は作っていたんで。

(DJ YANATAKE)あ、そうなんだ! なかなか結構ね、アメリカだと結構聞くような話だけど。日本だとちょっと珍しいですね。

(SATUSSY)そう。向こうだとすっごい作るっていうから。それをこう、やりたかったんですけど。やっぱり締め切りがあったりとか、どうしてもあったんで。それが今回、やっとできて。

(DJ YANATAKE)ああ、そうなんですね。でも、そういう作り方、いいですね。そうか。じゃあ、曲単位で、たとえば「こういうテーマ考えてきたんだけど」みたいなのとかは、それぞれからある感じなんですか?

(SATUSSY)そうなんですよ。いろんな作り方をしていて。たとえば、タイトル曲とかはみんなで話し合って。タイトルから決めたりとか。『一網打尽』とかもそうなんですけど。そうじゃない曲が、たとえば『スーパーマーケット』っていう曲があるんですけど。それとかは、ただ単に「スーパーマーケットの曲をみんなで歌いたい」って僕が言って。

(DJ YANATAKE)(笑)。でも、面白かった。あれ。

(SATUSSY)内容も無いっちゃあ無いんですけど。そういう曲を作ったりとか。結構、いろんなパターンがあります。すっげー真面目に考えてやったりとか。もう超しょうもない思いつきでやったりとか。結構、でもやっぱりみんなでやっているんで。で、僕らもある程度キャリアを重ねて、年齢も上がってきたんで。あまりにも内容がなさすぎると聞けないんで。僕らなりにですけど、1曲として筋が通っているようにはライティングし直したりとか。結構ね、そのへんで時間がかかって。

(DJ YANATAKE)うん。そうかそうか。あと、逆に今作よりちょっと前。最近は結構四文字熟語みたいなこだわりがずっとあったような気がしたんですけど。たとえば『都市伝説』とか『前人未踏』、『百戦錬磨』、『一網打尽』みたいなのがあったと思うんですけど。今回は全く入ってないですね。

(SATUSSY)そうですね。今回、ないですね。なぜか(笑)。

(DJ YANATAKE)あ、それはたまたま?(笑)。なぜかなんだ。なるほどね。あえて、みたいなところではなくて?

(SATUSSY)そうなんですよ。結構ね、1枚目のアルバムの帯とかから、なんか毎回、四文字熟語入れてて。『ジャンガル』っていうアルバムの時は「弱肉強食」とか。毎回四文字熟語を押してたんですけど、今回はなぜかないという。そこらへんもちょっと(笑)。

(DJ YANATAKE)あ、じゃあひょっとしたらボツ曲とかにもね、あったのかもしれないですね。

(SATUSSY)そうなんですよ。「ちょっと漢字押しすぎなんじゃないか?」っていうアイデアが出て。結構ね、何個か候補はあったんですけどね。

(DJ YANATAKE)そうか。じゃあいずれまた出てくるかもしれない?

(SATUSSY)そうですね(笑)。まあ漢字四文字熟語をね、やっぱりいまだに使うグループって日本全国を見渡しても、僕らぐらいかな?って感じなんで(笑)。

(DJ YANATAKE)(笑)。でもね、『一網打尽』があんだけヒットしちゃえばOKじゃないですか? そこはね。

(SATUSSY)そうですね。やっぱり『一網打尽』も普通に聞いたら絶対にダサいと思うんですけど。まあ、僕らグループ名も韻踏合組合なんで。そのへんもね。やっぱり『鬼哭啾啾』にヤラレていた世代としてはやっぱり……

(DJ YANATAKE)(笑)。『鬼哭啾啾』。そうそう。Microphone Pagerですね! 『鬼哭啾啾(きこくしゅうしゅう)』、読めないですよね(笑)。



(SATUSSY)そうですよね(笑)。

(DJ YANATAKE)なるほど。でも、その感じだったんですね。すごいわかりました。でね、ちょっとそろそろ2曲目に行きたいんですけど。これもね、タイトルからしてまさに韻踏合組合っていう。英語のタイトルなんですけど、『RHYME OR DIE』っていうね。

(SATUSSY)ド直球な。

(DJ YANATAKE)ド直球ですね。これはでも、どういった内容の曲でしょうか?

(SATUSSY)いや、これはそのタイトルのまんまなんで。「踏むか死ぬか、どっちか選べよ」的な。「俺らは踏むぜ!」みたいな感じなんですけどね。まあ、昔のラフ・ライダーズ(Ruff Ryders)とかで言うと、『Ryde Or Die』みたいな感じで(笑)。



(DJ YANATAKE)(笑)

(SATUSSY)「○○ or Die」っていうのをやりたかったんですよ。

(DJ YANATAKE)やりたかったのね(笑)。

(SATUSSY)やりたくて。どっかでやったろ!って思っていて。

(DJ YANATAKE)それ、韻踏だったら間違いなく『RHYME OR DIE』ですよね! 間違いないです。じゃあ、ちょっとですね、韻踏の曲は全部当たり前ですけども。当然その韻にね、注目しながら聞いて見たいと思います。じゃあ、曲紹介の方をお願いします。

(SATUSSY)じゃあ2曲目、聞いてください。『RHYME OR DIE』。4335

韻踏合組合『RHYME OR DIE』


(DJ YANATAKE)はい。聞いていただきましたのは韻踏合組合で『RHYME OR DIE』でございました。これ、あれですよね。もう待ちきれない人は、先週の金曜日からもう配信が始まってますよね?

(SATUSSY)そうですね。iTunesで先行配信始まっています。

(DJ YANATAKE)もう速攻、DJとかでかけたい人はね、iTunesでゲトッてくださいというわけで。僕ですね、せっかくちょっと組合長とお話ができるんで。ちょっと個人的に質問したいこともあったんですけども。どうですかね。昨今盛り上がるMCバトルシーンというのはですね、どういう風に見てらっしゃるのかな?っていうところで、いろいろお聞きしたかったんですけども。『ENTER』っていうイベントをずっと主催されてやってらっしゃいますけども。

(SATUSSY)そうですね。今年の4月で10周年になるというMCバトルイベントです。

SATUSSY 昨今のMCバトルシーンの盛り上がりを語る

(DJ YANATAKE)そちらもね、ずっと盛り上がってやっていますけども。どうですか? そういうところにも結構影響を感じますか? 最近のブームみたいなのは?

(SATUSSY)いや、もうすごいっすよ。もう。エントリーね、32人なんですけど、そこに前回、1月にやった時は130人以上エントリーが来たりとか。

(DJ YANATAKE)ええーっ!

(SATUSSY)僕らも結構パニックになるぐらいのね。

(DJ YANATAKE)それ、どうやって捌いていくんですか?

(SATUSSY)いや、もうめちゃめちゃ大変でしたよ。スタッフがひたすら予選をするっていう。で、僕らの大会『ENTER』はもう、エントリー無制限にしているんですよ。今年から。当日に来ても、出れるっていう風にしていて。

(DJ YANATAKE)へー!

(SATUSSY)なんで、ひたすら来るっていう。

(DJ YANATAKE)ちょっとね、先に1個だけ告知しておくと、その『ENTER』がね、次が……

(SATUSSY)今週ですね。今週の土曜日(2016年4月23日)。

(DJ YANATAKE)今週の土曜日。そこにじゃあ、当日また無制限エントリーをやっちゃうわけですね?

(SATUSSY)そうなんですよ(笑)。

(DJ YANATAKE)これ、またたぶん過去最高ぐらいになるんじゃないですか? いまの盛り上がりを見ていると。

(SATUSSY)いやー、ねえ。ぜひ参加して欲しいですね。我こそはという方は。

(DJ YANATAKE)結構、若い子とか増えてる感じですかね?

(SATUSSY)いや、もう若い子、多いですよ。高校生とかね。

(DJ YANATAKE)そうかそうか。でもね、いま東京ではね、『フリースタイルダンジョン』とかね、テレビもやって。まあね、いまYouTubeとかAbemaTVとか、ネットでも見れるようになっているんで。どうですか? そういうの、大阪でも結構盛り上がってますか?

(SATUSSY)いや、めちゃめちゃ反応があるみたいで。『ダンジョン』の審査員を(韻踏合組合の)ERONEがやっているんですけど。やっぱり普通に有名人化してるみたいですよ。

(DJ YANATAKE)あ、でもやっぱりね、そう。この間、僕、サイプレス上野と飲んだんですよ。そしたら、エレベーターの中で全然知らないサラリーマンみたいな人に「あっ、テレビで見たことある!」とか言われていたし(笑)。

(SATUSSY)(笑)

(DJ YANATAKE)ねえ。やっぱり、そう。で、その後、町中で知らない人にハイタッチされたりとかね、してたから。やっぱりそういう感じになっているんだなって。

(SATUSSY)あと、逆にやっぱりやっている子も増えたりとか。すごい中学生ぐらいの子が、いわゆる遊び感覚でフリースタイル。韻を踏み合うみたいな。ラップじゃなくても、韻を踏み合うみたいなゲームをやっていたりとかするみたいで。やっぱり、テレビの影響力はすごいなっていう感じはしてますね。

(DJ YANATAKE)そうなんですよね。テレビのクイズ番組で普通に韻を踏みみたいなのをやっていますもんね。

(SATUSSY)はいはいはい。あとね、芸人の人とかね、そういうネタがあったりとか。「韻、ヤバい!」みたいなのがあるみたいです。いろいろ。

(DJ YANATAKE)なるほど、そうか。そういう、「韻を踏む」みたいなことは絶対に我々にもプラスに返ってきますよね。

(SATUSSY)いや、もうね、いいと思いますね。やっぱり、広がっているっていうか。いままでそういうところに足を運んでくれなかった子らが来てくれるんで。僕的にはポジティブに受け止めてますね。すごいいいなと思います。

(DJ YANATAKE)そうか。よかった。じゃあですね、アルバムの話からは脱線しちゃったんですけども。最後、アルバムからエクスクルーシブの曲をかけさせていただけるということで。初出しですか、これは?

(SATUSSY)ですわな。

(DJ YANATAKE)おっ、「ですわな」。やったー! ありがとうございます。この次の曲は『STREET VALUE』。

(SATUSSY)これはね、ワタさんに作ってもらって。DJ WATARAIプロデュースで。

(DJ YANATAKE)おっ、DJ WATARAI! 結構、長い付き合いですか? ワタライくんとは。

(SATUSSY)そうですね。なんか、そんなに曲はいっぱい一緒に作ったことはないんですけども。東京に行った時はお世話になったりとかして。何かとよくしてくれて。すごいかっこいい曲を作ってくれるんで、いつも「今回は!」っていうのでお願いして。「ぜひ、ストリートクラシックを作ってください!」っていう(笑)。

(DJ YANATAKE)いいっすね(笑)。じゃあこれ、『INSIDE OUT』用にね、エクスクルーシブということで、かけさせていただきたいと思います。最後の1曲になりますけども。曲紹介をお願いします。

(SATUSSY)DJ WATARAIプロデュース、これが『STREET VALUE』!

(曲おわり)

(DJ YANATAKE)はい。聞いていただきましたのは、韻踏合組合で『STREET VALUE』でございました。渋い! これはまた渋い曲ですね。

(SATUSSY)そうっすね。「STREET VALUE」は直訳すると「末端価格」っていう意味なんですね。

(DJ YANATAKE)(笑)。悪い感じですねー。

(SATUSSY)そうなんすよ。ストリートでの末端価格。俺らのスキルの末端価格はいくらだ?みたいな感じで。

(DJ YANATAKE)なるほど、なるほど。上手い!

(SATUSSY)メタファーで。

(DJ YANATAKE)あ、メタファーでね。大変失礼しました。

(SATUSSY)「ドラッグの曲ではない」というのだけは言っておきます。

(DJ YANATAKE)わかりました。ありがとうございます。なんだろうね? やっぱりこういう言葉遊びの面白さは本当に韻踏の歌詞の中にいっぱい、本当に入ってますね。

(SATUSSY)そうっすね。だからやっぱりこう、『RAP GENIUS』っていう曲もあるんですけど。今回のアルバムの中に。

(DJ YANATAKE)はい。聞きましたよ。

(SATUSSY)なんで、二重三重にトリックがかかっているんで。アルバムを買って、歌詞カードを見ながらぜひ、何回も聞いてもらえれば新しい発見があるのかなと思います。

(DJ YANATAKE)そうですね。この番組のリスナーは結構USのヒップホップ好きな人も多くて。RAP GENIUSなんかも……

(SATUSSY)そう。僕も好きなんでね。

(DJ YANATAKE)なんで、同じような聞き方をして欲しいっすよね。

(SATUSSY)ですわな!

(DJ YANATAKE)はい(笑)。というわけでですね、先ほども告知しましたけども。韻踏合組合の主催のMCバトル……だけじゃないですよね。ライブとかもいろいろありますけども。『ENTER』が今週の土曜日開催ということで。

(SATUSSY)バトルゲストとライブゲストにICE BAHNが来ます。

(DJ YANATAKE)あ、ICE BAHNもバトルに出る?

(SATUSSY)はい。FORKとか、出ます。玉露とか。

(DJ YANATAKE)うわっ、ヤバッ!

(SATUSSY)なんでぜひ、戦いたい!っていうMCは参加してください。

(DJ YANATAKE)そっか、そっか! みんなエントリーできるってことは、戦える可能性はかなりあると。

(SATUSSY)あります、あります、あります。

(DJ YANATAKE)おおー! しかも、やっつけたらね、名前も売れるしって感じですよね。

(SATUSSY)そうなんですよね。賞金もありますんで。もちろん。


(DJ YANATAKE)なるほど! 素晴らしい。じゃあ、『ENTER』。ぜひエントリーの方、行ってください。そして、韻踏合組合としてもリリースライブっていうことになるんですかね。ワンマンライブ『夏の陣2016』。『REAL GOLDリリースツアーですね。こちらが3ヶ所、決定しております。東京が6月5日、日曜日。渋谷チェルシーホテル。福岡が7月3日、日曜日。博多アーリービリーバーズ。大阪が8月6日、土曜日。アメ村DROPという3ヶ所ですね。

(SATUSSY)はい。

(DJ YANATAKE)こちら、チケットとかは?

(SATUSSY)東京はもう発売していますね。先行で。

(DJ YANATAKE)そして、なにはともあれ、来週4月27日発売の8枚目のニューアルバム『REAL GOLD』と。こちらも韻踏のオフィシャルショップで予約受付されていますね。

(SATUSSY)はい。もうスタートしています。

(DJ YANATAKE)そういえば、この番組でもエクスクルーシブでかけさせていただいたんですけど。いまもバックトラックでかけてますけども、DJ雪成 feat. 韻踏合組合『Can’t Stop』が購入特典でもらえるんですよね?



(SATUSSY)そう。初回特典でついてきますんで。

(DJ YANATAKE)なるほど。じゃあそれをゲトりたい人はね。

(SATUSSY)スノボシットが。

(DJ YANATAKE)CDで注文すればいいんですよね?

(SATUSSY)そうですね。お願いします。

(DJ YANATAKE)まあ、そんな感じで時間もあっという間でしたけど。こんな遅くに、ありがとうございました。

(SATUSSY)いえいえ。ありがとうございました。

(DJ YANATAKE)また、このライブも。東京もそうだし、こちらに来る時に1回連絡ください。

(SATUSSY)はい。ぜひぜひ。連絡させていただきます。

(DJ YANATAKE)本日のゲストは韻踏合組合 組合長SATUSSYさんでした。ありがとうございました!

(SATUSSY)ありがとうございました!

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

フォローする