スポンサーリンク

DJ YANATAKE Sir the Baptist『Raise Hell』を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

DJ YANATAKEさんがblock.fm『INSIDE OUT』の中でSir the Baptistの『Raise Hell』を紹介していました。



(DJ YANATAKE)はい。最後の曲をかけます。最後はサー・ザ・バプティスト(Sir the Baptist)っていう人がいましてですね。実はこの曲、去年の6月ぐらいに1回リリースされている曲なんですけども。どういうわけかわからないんですけど、なんかSpotifyで100万回再生を突破しましたよと。で、あと最近ですね、サウス・バイ・サウスウエストでショーをやって結構これからまた盛り上がるっていう感じ……なのか知らないですけど、不思議なことに、この曲を4月6日に再リリースしました。

どっか手直ししたのかな? わからないんですけど。で、ビデオとかも出ていたんですけども、ビデオも新しくアカウントを作って再アップしています。いま。で、ですね、結構調べたんですけど、なんでこういうことになったか、経緯はわからないんですけども。最初に出した時よりも、その後にジワジワと盛り上がってきていて。いま、このタイミングだ!っていう感じなんでしょうか。

なんで、再スタート、再リリースっていう感じの曲ではあるんですけども。すごいね、この曲むちゃくちゃ良かったので、紹介したいなと思います。このサー・ザ・バプティストさんはですね、2パック(2Pac)の『Ghetto Gospel』っていう曲に影響を受けたラッパーだっていうことで。



ゴスペルの要素も入っているんで、結構壮大に聞こえます。で、ビデオも壮大な感じなんですけども。あと、最近アメリカで起こっている学校に乱入して銃を乱射しちゃったり。拳銃をバンバンぶっ放しちゃうような、結構サイコパスな人のシーンとかがビデオの中に入っていたりするような、そういうメッセージソングなんだけど、ガンガン上げ系の、踊れて盛り上がっちゃう系の曲に仕上げているのは、またこのへんもアメリカの面白い曲だと思います。

どうしてもね、日本のメッセージソングだと、なんか暗くなっちゃうような感じがするんですけども。アゲアゲのメッセージソングっていうのもなかなかいいんじゃないかなと思います。曲調的には、マックルモア&ライアン・ルイス(Macklemore & Ryan Lewis)の『Can’t Hold Us』みたいな感じですけども。だからこそという感じもしますが、ヒットの予感がしております。

今日もね、最後まで聞いていただいてありがとうございました。最後の曲はサー・ザ・バプティスト『Raise Hell ft. ChuchPeople』。来週のゲストは韻踏合組合からSattusy登場です。また来週!
Sir the Baptist『Raise Hell ft. ChuchPeople』


<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事