市川紗椰 カントリー・ガールズを語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

市川紗椰さんがTBSラジオ『ザ・トップ5』の中でハロー!プロジェクトのアイドルグループ カントリー・ガールズについて話していました。



(市川紗椰)三位のカントリー・ガールズ『ブギウギLOVE』はね、プレイングマネジャーのももちが・・・

(藤森祥平)出たな!

(市川紗椰)はい。ねえ。我々の番組に出ていただいて。藤森さんといろいろ、『許してにゃん』対決を(笑)。

(藤森祥平)ももちっち!

(市川紗椰)はい(笑)。いろいろやり合いましたけども。

(藤森祥平)まさかの。いじられ、蹂躙され・・・

(市川紗椰)でもあのキャラとは思えない曲で、かっこいいパフォーマンスをされるんですよね。うっとりしちゃいます。

(藤森祥平)ねえ!キレがあるし。

カントリー・ガールズ『ブギウギLOVE』



(市川紗椰)いやー、やっぱりね、カントリーの曲はときめきがあるんですよ。見ていて、キラッとする感じがあるし。ハロプロの中でもちょっと独自路線を行ってるんですよね。そのまま突っ走ってほしいな!と思って聞いてます。かっこいい!

(藤森祥平)ねえ。ももちさん。嗣永桃子さん。プレイングマネジャーとして。カントリー・ガールズのみなさん、ちょっと、もうちょっと彼女をほじくりたかったんだけどな。

(市川紗椰)でも、他のメンバーもいいキャラしてるんですよ。全員すごい、いいんですよ。中でも、稲場愛香ちゃんっていう子が好きなんですけど。めっちゃくちゃダンスが上手いんですよ。

(藤森祥平)はいはいはい。

(市川紗椰)で、カントリーの最初の曲ってそんなに踊る感じじゃなかったんですけど。今回のトリプルA面シングルから、結構彼女が踊る場とかがあって。別の曲も1人でソロで踊るところがあるんですけど。そこもすごい見てほしいな!と思っています。かっこいい。

(藤森祥平)違う一面をどんどん出してきている。

(市川紗椰)すごいかっこよく踊れる子なので。うん。

(藤森祥平)なるほど。

<書き起こしおわり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事