ピエール瀧 浅草キッドとTBSラジオの不思議な縁を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ピエール瀧さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で浅草キッドの水道橋博士さん、玉袋筋太郎さんとTBSラジオのお昼のワイド番組の不思議な縁について話していました。



(ピエール瀧)なんか赤江さんは今週の週明け、なんかちょっと嘘泣きをして・・・

(赤江珠緒)(笑)

(ピエール瀧)嘘泣きをカマして・・・

(赤江珠緒)なんでその話をしてくるのよ!?(笑)。

(ピエール瀧)嘘泣きをカマして、好感度を上げたらしいじゃないですか(笑)。

赤江珠緒 TBSを退社する小林悠アナへの想いを語る
赤江珠緒さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で、TBSを退社する小林悠アナウンサーへの想いを話していました。 (赤江珠緒)まあでも、こんなね、空の景色も暗いんですけど...

(赤江珠緒)なにを言ってるんですか!?

(ピエール瀧)なんです?

(赤江珠緒)なにを言ってるんですか(笑)。いやいやいや、もう普通にね、お話させていただいて。

(ピエール瀧)ねえ。CMに入った瞬間、舌を出してペロッっていう。『どう?ウケた?』って。

(赤江珠緒)(笑)

(ピエール瀧)違います?

(赤江珠緒)あんたって人は・・・(笑)。本当に凶悪だよ!凶悪な人だよね。

(ピエール瀧)まあ、ねえ。いろいろありますよね。

(赤江珠緒)いや、でもいろいろあってね。ちょうどね、今日、『こんなメールが来てたんですよ』ってスタッフが渡してくださったのが、柴田理恵さんの旦那様からメールを頂戴してて。

(ピエール瀧)はい。

(赤江珠緒)柴田理恵さん、たまむすびの応援大使ということでね。公認応援大使。よく聞いてくださっているという方なんですけど。その旦那様もよく聞いてくださっているということで。月曜日の放送もね、聞いてくださっていての感想をね、送ってくださってね。

(ピエール瀧)うん。

(赤江珠緒)あの、『僕も、「おちんぽまんじゅう」という言葉をそれ以降、ずっと使わせていただいています』というようなね、メールをいただきました。これがちょっと、魔法の言葉だっていうのがね、月曜日にお話したんですけど。そんなメールも来てますし。それはそれで良かったんじゃないか?と・・・(笑)。

(ピエール瀧)(笑)。まあ、いろいろあるからしょうがないよね!

(赤江珠緒)そうですよね。

(ピエール瀧)僕の角度から見ると、金曜日担当のね。まあ、ナタリーのことはいろいろあるから、いいですよ。僕もよくわからないし、口は出しませんけども。そこに関して言うと、玉ちゃん。玉袋筋太郎。玉ちゃんが長年やっていた相方が突然、いなくなっちゃうわけじゃないですか。

(赤江珠緒)うんうんうん。

(ピエール瀧)で、この『たまむすび』の前番組の『(小島慶子)キラ☆キラ』。『キラ☆キラ』の時は玉ちゃんじゃなくて、水道橋博士が出てましたけど。

(赤江珠緒)そうですね。パートナーされてました。

(ピエール瀧)浅草キッド、ともにパートナーをいきなり失うっていう。コンビ、揃いも揃ってっていう(笑)。

(赤江珠緒)(笑)

(ピエール瀧)目の前からいきなりもう、なんか・・・

(赤江珠緒)あ、奇しくもそうなりますか(笑)。

(ピエール瀧)『辞めてやる!』っていなくなった人と、『なんか辞めることになっちゃいました』って辞めちゃったっていう。その、浅草キッドのなんです?その局面っていうか。

(赤江珠緒)あ、そういう意味では、コンビでいま、そういうことをね、お話できる立場なのかもしれないですね。

(ピエール瀧)うん。なっちゃっているっていうのがあって。なかなかのことだな!と思って、僕はそっちの角度から、眺めていましたけども(笑)。

(赤江珠緒)(笑)。まあ、いろいろありますわね。そうかそうか。

<書き起こしおわり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事