MAKIDAIと市川紗椰 ガンダムを語り合う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

EXILEのMAKIDAIさんがTBSラジオ『ザ・トップ5』に出演。市川紗椰さんと、大好きなガンダムについて語り合っていました。



(藤森祥平)(メールを読む)『藤森アナウンサー、市川さん、ゲストのMAKIDAIさん、こんばんは。質問ですが、○○専用ザクで誰のが好きですか?MAKIDAIさん、ちなみに僕はドズル専用ザクですね。専用の大型ヒートホークがかっこいいので』と。

(MAKIDAI)かっこいいですね。たしかにドズル中将のザクは大きくてかっこいいですけども。まあ、やっぱり、自分はシャア専用ですね。もう王道ですけども。やっぱり赤い機体っていうのも隊長機っぽいですし。はい。まあ、なんと言っても通常の3倍のスピードで動けるっていうところがありますからね。

(市川紗椰)はい(笑)。そうですね。

(藤森祥平)市川さん、そのあたりどうですか?

(市川紗椰)私、今日もう量産カラーで来ちゃったので。服が。ここはちょっと、はい。量産型と言わざるをえない感じなので。量産で。

(藤森祥平)茶色ですね。今日はね。

(市川紗椰)緑ですね。ちょっとお洒落メガネかけてるから見えないんですよ(笑)。

(藤森祥平)サングラスじゃないんですけど・・・

(市川紗椰)(笑)

(藤森祥平)これ、MAKIDAIさん。2013年にシャア専用ギャンを出展されたって・・・

(MAKIDAI)はい。

(市川紗椰)ガンプラEXPO。

(MAKIDAI)そうですね。ガンプラを自分でデザイン、カラーリングとかをやってってことをやらさせていただいたんですけども。

MAKIDAI作 シャア専用ギャン


(藤森祥平)ええ、ええ。市川さんもこれ?

(市川紗椰)そうですね。私も何度か出してますね。あの、そうですね。キュベレイカラーのクシャトリヤとか。


(MAKIDAI)ああー!

(市川紗椰)あと、リックディアスとか。


(MAKIDAI)リックディアスね!いいですね!

(市川紗椰)Z推しですね。

(MAKIDAI)Zですね!

(市川紗椰)そうなんですよ。

(MAKIDAI)リックディアス、僕も結構好きです。

(市川紗椰)いいですよね。重厚感がね。

(MAKIDAI)そうですね。ちょっとマニアックに行っちゃいますね(笑)。

(市川紗椰)いえいえ。簡単に言うと、動けるデブです。

(MAKIDAI)(笑)。ざっくりですね!それ。

(藤森祥平)さっきもですけど、コマーシャルの間も2人でガンダムのゲームのお話で。

(市川紗椰)はい。『戦場の絆』。

(藤森祥平)どんなゲームなんですか?

(市川紗椰)まあ、戦闘のゲームなんですけど。ポッドの中に入って。

(藤森祥平)MAKIDAIさんもやるんですか?

戦場の絆

(MAKIDAI)そうですね。それこそ、この番組の小荒井さんとかとね。この間もやらさせていただいたんですけども。まあ、ポッドの中に入って、本当にモビルスーツで言うコックピットに入って、チームごとにこう、ジオン軍と連邦軍と。団体戦の時もあれば、違う時もあるんですけど。戦っていくんです。本当にね、みんなでインカムとかつけて指示を出して。

(市川紗椰)そう。一緒に行ったら『援護まわってください!』とか。

(藤森祥平)動き、結構激しいんですか?

(MAKIDAI)激しいですね。

(市川紗椰)私は酔います。

(MAKIDAI)(笑)

(藤森祥平)酔う?

(市川紗椰)私、だいたい酔います。近いんですよ。よくできているんですよ。で、近いので。ほぼ180度ぐらい、グルッと回るので。途中で私は割と、機体を乗り捨てて・・・

(MAKIDAI)(笑)。何番機っていうのも、ちょっとびっくりですね。周りの人はね。

(市川紗椰)そうですね。こうやって、止まって。ずっと。

(藤森祥平)みんな指示出してるのに。

(市川紗椰)はい(笑)。

(MAKIDAI)『ここは任せろ!』とかいろいろあるんですよ。セリフ。

(藤森祥平)へー!

(MAKIDAI)『やったな!』ですね。それは(笑)。

(市川紗椰)そうですね(笑)。はい。それか、ずっと歌ってるか。曲もね、往年の曲が流れているので。ずっと。

(MAKIDAI)そうなんですよ。BGMもすごい素晴らしいですよね。

(藤森祥平)そうなんだ。いや、もう話が尽きませんけども。MAKIDAIさん、ランキングから何から、もうガンダム熱、たっぷり伝わりました。なにかいま、ご自身で一押しのとか、最近見た中でこれだけ伝えたい思いとか、ありますか?

(MAKIDAI)うーん、一押し・・・そうですね。やっぱりいま、『THE ORIGIN』とかもやってますけども。やっぱりもともとの一年戦争のオリジナルのガンダム、ファーストをもう一回、改めて見ると、そこからのストーリーだったりがスピンオフして、いまに、未来につながっていってるんで。面白いですよね。はい。

(藤森祥平)それ、市川さんも言ってましたよね。前ね。

(市川紗椰)そうですね。なんか、好きなキャラクターとか、好きなシーンでも。何か。

(MAKIDAI)好きなキャラクター。まあ、シャアはもちろん好きですけども。女性で言えば、まあキシリア・ザビ。

(市川紗椰)おおー!そこに行きますか。

(MAKIDAI)ちょっと強気な。

(市川紗椰)はいはい。『THE ORIGIN』でも大活躍。

(MAKIDAI)そうですね。

(市川紗椰)へー、キシリア様だ。

(MAKIDAI)はい。富野さんと一度対談をさせていただいて。ガンダムの作者の、総監督の。その時に、『まあ男だったらキシリア行かなきゃダメだ!』みたいな。なんか(笑)。

(市川紗椰)そうなんですか!?そうだったんだ(笑)。

(MAKIDAI)それぐらいな感じだったんで。なるほど!って。

(市川紗椰)ええ。そんな、エマさんとかに甘えちゃダメなんですね?

(MAKIDAI)エマさんとかも、中尉にも甘えたいんですけど。やっぱりこう、厳しいところに行くと。

(市川紗椰)本当ですか!?じゃあ私もキシリアを目指して(笑)。

(MAKIDAI)いいですね(笑)。

<書き起こしおわり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事